専門家30人が100時間協議して、赤ちゃん命名。お値段約320万円也!

赤ちゃんにどんな名前をつけるかは、楽しみでもあり悩みどころでもありますよね。命名サービスをインターネットでも見かけますが、29,000ドル(約320万円)をチャージする会社があるんです!

高額の背景には、
専門家の入念な調査アリ

それはスイスのネーミングエージェンシー「erfolgswelle」。あまりのプライスゆえに「Bloomberg」、「The Wall Street Journal」など海外メディアでも話題となっているんです。「The Independent」によると、2015年にスタートした同社は、

・14人のネーミングエキスパート

・4人の歴史家

・12人の翻訳家が

・2〜3週間、100時間近くかけて調査

・15〜25の候補名を作成

・商標登録されていないか

・歴史をさかのぼり、暴君や独裁者など悪い評判を持つ人がいないか

のチェックを行うのだそう。


会社やプロジェクト、新しいブランドネームの制作などを専門に行っている同社。著名なコピーライターや歴史学者がスタッフとして名を連ねているだけに、この価格になってしまうのかも…。

名前は性格にも影響する?

4a291108cb8ec10645fe8763f1fb867f1bbdd2f4

日本でも命名本やサイトなど、さまざまなネーミングに関するサービスがありますが、名前がその人に与える影響は思った以上に大きいようです。「TIME」は

「一般的な綴りでない名前の子は、先生から差別的な扱いを受けたり成績が悪くなる傾向がある」

と報じ、

「女の子っぽい名前を持つ男の子は中学校で荒れてしまう」

という研究結果を発表しています。

日本でも「キラキラネーム」が話題となるなど、個性的な名前を持つ人もいますが、一生付き合っていく名前。じっくり考えて命名したいものですね。

erfolgswelleのサービスを利用してみたい!という人はコチラからチェックを!

ビジネスチャンスは意外なところに転がっているもの。でも「名付け親」になることをビジネスにしようと決心した人は、あまりいないでしょう。10代のイギリス人の少...
「天使のようなかわいさ」とか言いますけど、まさにその通り!でも子どもの成長は早く、どんどん新しい表情に移り変わっていきます。スクスクと大きくなっていく姿も...
ここ数年の間にニューヨークのサイクルシーンはめまぐるしく変わった。メッセンジャーたちによってストリートから生まれたピストのムーブメントがひと段落し、いまの...
「赤ちゃんポスト」に「ゆりかごプロジェクト」。赤ちゃんの虐待死を防ぐため、これまで多くの施策が打たれてきました。しかし、今でも2週間に1人、生まれたばかり...
日本では子どもにピアスって、賛否両論あるものです。それが産まれたての赤ちゃんの話だったら尚更。ファッション・アイコンとしての赤ちゃんピアスはなぜダメなんで...
「赤ちゃん動画」と言えば、Facebook上で犬や猫とその人気を二分するジャンル。その中でも、世界中のパパやママの間で激しく議論されている動画があります。...
アメリカ・ワシントン州にひっそりと、「白雪姫の家」が建てられていたんです。Olallaという山と湖が綺麗な町で、格安の約8,700万円。森も水車も含めてこ...
アメリカ国内線LCC「JetBlue」が、搭乗客には内緒のあるサプライジングな企画を実施しました。30,000フィートの上空、機内に自分がいるつもりになっ...
「赤ちゃんは泣くのが仕事」なんて言われますが、やっぱり笑顔を見たいものですよね。そこで、イギリスの企業「C&G baby club」は、赤ちゃんの...
去る2015年9月27日(日)、台湾ティー専門店「Gong cha(ゴンチャ)」の日本第1号店が東京・原宿にオープン。SNSでは早くも、「とにかく美味しす...
オーストラリア出身のハリソンさん。現在78歳の彼が、200万人以上の赤ちゃんの命を救ったというニュースが、話題になっている。彼が赤ちゃんを救うために行った...
もうすぐ赤ちゃんが生まれる。そうなったら、オムツの準備が必要です。でも予定より早く、小さく、生まれた赤ちゃんは、オムツを選ぶのもひと苦労。小さなサイズを探...
人出が足りない小さな牧場が、産まれてくる「赤ちゃんヤギ」のお世話をしてくれるボランティアをネットで募集しました。4時間おきに赤ちゃんヤギを抱っこしながらミ...
泣いている赤ちゃん、何を伝えようとしているのかもっとわかってあげられたらいいのにーー。そんな思いに応えるアプリが、2016年の秋ごろから使えるようになるか...
世界中からホットな動画が集まる「Viral Hog」で話題となっているのは、ミズーリ州で撮影されたアライグマの親子たち。アメリカでは、林の中だけでなくとき...
スヤスヤと眠る赤ちゃん。といえば微笑ましいものの、あまりに静かすぎて「ちゃんと息してるかな?」と心配になった経験はありませんか?気になってまったく眠れない...
わが家に二人目の子どもが生まれたとき、パートナーと同じくらいに僕が感謝したのは2歳年上の長男でした。なぜって、彼のときは日々の子育てがつねに手探りだったか...
月額固定料金の定額サービスが、ついに飛行機にも!アメリカの航空業界に定額制を導入した企業に、いま注目が集まっています。出張向けではありますが、どれだけ乗っ...
私は建築士として、さまざまな方が幸せに住める家をつくるお手伝いをさせていただいています。自著『住む人が幸せになる家のつくり方』から、特に成功した家づくりの...
アメリカの一部企業には、生後6ヶ月までなら赤ちゃんと一緒に出勤してもいいというルールがあるんですって。「MarketWatch」で紹介されているカラ・クリ...