遊牧民のリアル。16ヶ月の密着が生み出した息を飲む写真(17枚)

フランス人フォトグラファー、Kares Le Royが16ヶ月もの間、中央アジアの遊牧民に密着して撮影した数々の写真。彼はバンに乗り、一緒にロードトリップを続けながら、文字通り「ノマド」な作品づくりを敢行したという。

その息を飲むような美しい情景や建造物、遊牧民たちのリアルな暮らし。古きペルシャの歴史に想いを馳せながら堪能してみてほしい。

大地と生きる民の
リアルを捉えた
写真叙事詩

Medium 11c6e52a31d358b2d15d2d9248395898a8a34e63

上の写真は、マイナス25度の中で狩猟をおこなっている風景を写したキルギスでの1枚。翼を広げると、約2mにもなる大きなイーグルとともに。

Medium 2d754813e5c741aa38bd0088a3615023fc96161b

バクティアリ遊牧民が住む街「サルアグハーセイエド」は、急斜面に家がひしめく独特の景観。ここに道路はなく、移動手段は屋根の上だそう。今では2,000人以上が定住している。

Medium 5415f7db8dbf6d0188a843d5093bbbc727093eba

イスファハーンにある「シャー・モスク」の美しい外観。

Medium faaa692dfa509024be6e259e977d25683fc35700

イランの女性よりも、カラフルな衣装に身を包む遊牧民の女性。

Medium 4a915314cbe203c72774a35e84e03a59b3e796ba

アストラハンの毛皮で作られた、伝統的な帽子をかぶるトルクメンの男性。

Medium 1a4dbfec4247a3fdea69732c597f99a13791a130

一風変わった、ムハンマド・イブン廟の奉納。彼らは布の切れはしで神への祈りや感謝を捧げるとか。

Medium 8234d93e38cc80fda351f259577ba611f7028244

伝統衣装に身を包む、キルギスの女性たち。

Medium 6341f136b2a2fcde09d0d4e1a3262fc4ca425507

結婚式などのお祝いで、楽器を演奏するバクティアリの人々。

Medium 99ea0571298cb95ff624fdc8c4e7dfacc21b784b

ワハーン回廊の村の習わしでは、白い布で覆う女性は既婚。赤は未婚を表している。

Medium dd574d055a5fe95e8c58c406b3207d48f208c3cc

暴れないように、レザーカバーで目隠しをされるイーグル。

Medium e400bd25a7185d032bd1959362995f04bca4bd4bMedium e6d5e868a21ff7a9dd605d8a120d06e736427528Medium 1cfacbe7923899cf1111fb1c558895003d07dbb0Medium 4d92f60d1dd29bdf67e3af6c51b6c6b582b54ce9Medium 71e6ed144b82f75b8ba1a806fc19217c2983e01bMedium 68f19164fdf6f57eb0cbfd2bc9774acf9d89f285Medium 2ab8f2142bae7714f94cae1dbcf6a08fe7909500

フォトグラファーのKares Le Royは、これらの作品を写真集にもまとめている。さらなる中央アジアの魅力に迫りたい人は、一度チェックしてみては?

Licensed material used with permission by Kares Le Roy, (Facebook), (Instagram)
もしも、一流のフォトグラファーが、本気で昆虫標本を撮影したら──。ここで紹介したいのは、そんなちょっとマニアックな話。でも「撮影にふさわしい1%の昆虫を見...
単純に「自分が表現したいもの」を自由に描く。ストリートアートには、どこかそうした印象がつきまといはしませんか?しかし、ここで紹介する作品はひと味違います。...
時に写真は残酷だ。そこに莫大な予算を注ぎ込み、いかに時間をかけようとも、撮るべき一瞬が通り過ぎてしまうこともある。写真家は、職業ではなく生き方だ。その写真...
フィリピン、マレーシア、インドネシア周辺の海域に定着し生活をしており、住居は海の上。そんなバジャウ族には国籍がないと言われています。水上生活が主なため、陸...
カナダ・モントリオールで活動するフォトグラファー・Mikaël Theimerさんの被写体は、街中でみかけたキスやハグ。どれも見ているだけで心が暖まる。彼...
えっ、写真なのに一部だけが不自然に動いてる。誰もが「美味しい!」と思える料理写真の表現方法が、新しい時代に突入していることをその目で体感してみませんか?画...
ブダペストのフォトグラファー「Márk Mervai」氏は、写真について「Boredpanda」でこうコメントしています。「わたしにとって最も美しいひとと...
フランス人風景写真家のBeboyさんは、世界各地をすでに3年以上かけて旅をしている。目的は、世界で一番美しい景色をフレームに収めるため。それを演出する最良...
ここで紹介する写真は、戦争で傷付いたアメリカの兵士たちを写したものです。どれも衝撃的で、目を覆いたくなるような内容かもしれません。ですが、これが戦争の現実...
「彼らがこの世から消えてしまう前に、その記録を世界に残しておきたい!」。イギリスのフォトグラファーJimmy Nelson氏は、2009年からプロジェクト...
まるで空に浮かんでいるような瞬間を切り取った「浮遊写真」。Instagramをはじめ とするSNSにたくさんアップされていますが、浮遊姿勢、美しさでいった...
ロンドン自然史博物館が主催する自然写真コンテストの世界最高峰「Wildlife Photographer of the Year」が、2015年の受賞作品...
そこに存在するのは、確かな違和感。でも、どこか神秘的で、写真から放たれるエネルギーに惹きつけられる──。以下の22枚は、あらゆる「生き物」を体全体で表現す...
ひとくちに「フォトグラファー」と言っても、そこには様々な形があります。ここで紹介する保井崇志(Takashi Yasui)さんが本格的に写真を撮り始めたの...
SNSでよく目にする、キュートなペットの写真。なかでもInstagramでは、愛犬の写真を毎日アップしているユーザーをたくさん見かける。フォロワーが250...
モントリオールで活動するフォトグラファー、Mikaël Theimerの一番大好きな被写体は、恋人のMarion Munezさん。写真を撮られるのが大っ嫌...
ここに紹介する一風変わった写真は、鬱病と診断されたあるカメラマンが撮影したセルフポートレイト。この心の病を患うと、物事がどう見えるのか?これらの写真を通し...
建築コミュニティをネットサーフィンしていると、あっという間に時間が過ぎる。Googleマップで新しい場所を探しては、現地へ足を運んで撮るーー。と、ドイツ人...
パッとその一瞬に放つ、光のようなもの。美しいと感じる写真には、光を感じてしまう。ほんのり赤く染まったほほや、シミやそばかすをさらけ出し、初々しさがにじみ出...
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...