遊牧民のリアル。16ヶ月の密着が生み出した息を飲む写真(17枚)

フランス人フォトグラファー、Kares Le Royが16ヶ月もの間、中央アジアの遊牧民に密着して撮影した数々の写真。彼はバンに乗り、一緒にロードトリップを続けながら、文字通り「ノマド」な作品づくりを敢行したという。

その息を飲むような美しい情景や建造物、遊牧民たちのリアルな暮らし。古きペルシャの歴史に想いを馳せながら堪能してみてほしい。

大地と生きる民の
リアルを捉えた
写真叙事詩

11c6e52a31d358b2d15d2d9248395898a8a34e63

上の写真は、マイナス25度の中で狩猟をおこなっている風景を写したキルギスでの1枚。翼を広げると、約2mにもなる大きなイーグルとともに。

2d754813e5c741aa38bd0088a3615023fc96161b

バクティアリ遊牧民が住む街「サルアグハーセイエド」は、急斜面に家がひしめく独特の景観。ここに道路はなく、移動手段は屋根の上だそう。今では2,000人以上が定住している。

5415f7db8dbf6d0188a843d5093bbbc727093eba

イスファハーンにある「シャー・モスク」の美しい外観。

Faaa692dfa509024be6e259e977d25683fc35700

イランの女性よりも、カラフルな衣装に身を包む遊牧民の女性。

4a915314cbe203c72774a35e84e03a59b3e796ba

アストラハンの毛皮で作られた、伝統的な帽子をかぶるトルクメンの男性。

1a4dbfec4247a3fdea69732c597f99a13791a130

一風変わった、ムハンマド・イブン廟の奉納。彼らは布の切れはしで神への祈りや感謝を捧げるとか。

8234d93e38cc80fda351f259577ba611f7028244

伝統衣装に身を包む、キルギスの女性たち。

6341f136b2a2fcde09d0d4e1a3262fc4ca425507

結婚式などのお祝いで、楽器を演奏するバクティアリの人々。

99ea0571298cb95ff624fdc8c4e7dfacc21b784b

ワハーン回廊の村の習わしでは、白い布で覆う女性は既婚。赤は未婚を表している。

Dd574d055a5fe95e8c58c406b3207d48f208c3cc

暴れないように、レザーカバーで目隠しをされるイーグル。

E400bd25a7185d032bd1959362995f04bca4bd4bE6d5e868a21ff7a9dd605d8a120d06e7364275281cfacbe7923899cf1111fb1c558895003d07dbb04d92f60d1dd29bdf67e3af6c51b6c6b582b54ce971e6ed144b82f75b8ba1a806fc19217c2983e01b68f19164fdf6f57eb0cbfd2bc9774acf9d89f2852ab8f2142bae7714f94cae1dbcf6a08fe7909500

フォトグラファーのKares Le Royは、これらの作品を写真集にもまとめている。さらなる中央アジアの魅力に迫りたい人は、一度チェックしてみては?

Licensed material used with permission by Kares Le Roy, (Facebook), (Instagram)
もしも、一流のフォトグラファーが、本気で昆虫標本を撮影したら──。ここで紹介したいのは、そんなちょっとマニアックな話。でも「撮影にふさわしい1%の昆虫を見...
旅の醍醐味の一つは、自分の日常とは違う、その土地の「リアル」を知れること。だから、民泊をして現地の日常を覗いてみたり、地元のスーパーで食材を調達してお料理...
昨日の夕食は何を食べましたか?そして、今日の夕食は何を食べますか?SNSにはおしゃれなディナーや手の込んだ手作り料理の写真が並んでいるけど、みんながみんな...
多くの遊牧民が建国にたずさわったキルギス。現在では定住者も増え、首都ビシュケクの近代化が進んでいます。いっぽう、遊牧生活時代の文化が色濃く残っているのが料...
単純に「自分が表現したいもの」を自由に描く。ストリートアートには、どこかそうした印象がつきまといはしませんか?しかし、ここで紹介する作品はひと味違います。...
遊牧民と聞くと、モンゴルの草原をイメージする人が多いと思いますが、中央・中東アジアに位置するアフガニスタンも大地を移動する民が暮らす土地。移動する彼らにと...
時に写真は残酷だ。そこに莫大な予算を注ぎ込み、いかに時間をかけようとも、撮るべき一瞬が通り過ぎてしまうこともある。写真家は、職業ではなく生き方だ。その写真...
風景の一部だけが異様な状態になっていて、まるで現実と幻想の狭間を撮影したような写真。だけど、こんな美しい世界に行ってみたいって憧れるようなものではなく、ち...
フィリピン、マレーシア、インドネシア周辺の海域に定着し生活をしており、住居は海の上。そんなバジャウ族には国籍がないと言われています。水上生活が主なため、陸...
カナダ・モントリオールで活動するフォトグラファー・Mikaël Theimerさんの被写体は、街中でみかけたキスやハグ。どれも見ているだけで心が暖まる。彼...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
えっ、写真なのに一部だけが不自然に動いてる。誰もが「美味しい!」と思える料理写真の表現方法が、新しい時代に突入していることをその目で体感してみませんか?画...
ブダペストのフォトグラファー「Márk Mervai」氏は、写真について「Boredpanda」でこうコメントしています。「わたしにとって最も美しいひとと...
シンガポール生まれ、シンガポール育ち、悪そうなシンガポールのスポットはだいたい撮影に行ってるんじゃないかなっていうフォトグラファー、Yik Keat。彼の...
フランス人風景写真家のBeboyさんは、世界各地をすでに3年以上かけて旅をしている。目的は、世界で一番美しい景色をフレームに収めるため。それを演出する最良...
ナショナルジオグラフィックが共同主催する「ドローンスタグラム」は、2014年にスタートした国際コンテスト。第4回目を迎えた本年度も、様々な趣向を凝らした空...
まるで空に浮かんでいるような瞬間を切り取った「浮遊写真」。Instagramをはじめ とするSNSにたくさんアップされていますが、浮遊姿勢、美しさでいった...
「彼らがこの世から消えてしまう前に、その記録を世界に残しておきたい!」。イギリスのフォトグラファーJimmy Nelson氏は、2009年からプロジェクト...
映画のワンシーンを彷彿とさせる写真の数々。「CINEMATIC NYC」と題されたシリーズ作品を撮影したのは、アムスルダムを拠点とするフォトグラファーのS...
ここで紹介する写真は、戦争で傷付いたアメリカの兵士たちを写したものです。どれも衝撃的で、目を覆いたくなるような内容かもしれません。ですが、これが戦争の現実...