パドルの代わりにハンドルを握る。新感覚「サーフボード」が登場!

見た感じスタンドアップパドル(SUP)とも違う、この乗り物…。歩くように“漕いで”進むという、まったく新しいコンセプトのサーフボードなんです。

エクササイズを兼ねた(?)
新ウォータースポーツが登場

322515e48fb49ab89bda9cdc1970160af05d03ee

右、左、右、左……交互に両足で足踏みするエクササイズマシンのステッパーが、そのまま動力となったのが、カリフォルニア生まれの「Mirage Eclipse」。見てください、この取ってつけたようなハンドル。SUPとの一番の違いは、ハンドルを使って舵操作するという点でしょう。

390d7522f5d16b039df0114ac3aaf88471d32c83

ボード底部には、「イチ二ー、イチニー」のステップで得た動力を伝える左右のフィン。これを速く踏み込むほどにスピードが上がっていくので、ちょっとした運動にもなっちゃいますよね。

F59c06f794e833854645ba94f9da552bce6a2ec9

しかも、砂地に触れると自分からフラットに!賢いんです。向きを変えたい時は、ハンドルを旋回したい方向にきゅっ、これだけ。バッチリ小回りも利くようです。

8a2dd42977593f6ff1350cef18440a20a6badd4d

なんとなく、足漕ぎボートのようなゆる~さを感じた人。Mirage Eclipseもうひとつの楽しみ方がコレ!サーフィンのように波をつかめば、加速度がギューンと増してよりエキサイティングなライディングだって可能なんです。

子供から大人まで楽しめる!

14564f911f7ed157e67ee85303be7d9176759ebf

基本操作は踏み込むだけ。だから、初心者でもスポーツ上級者でも、さらには年齢関係なくみんなで楽しめる。これって、ウォータースポーツにおいて大事なポイントですよね。

1db56240c37a77dee85ba02502024458921730b1

全長3.2m、ボード幅は最大85cmと幅広サイズなので、ワンコを乗せてゆったりクルージングを満喫もSO GOOD。ただし、強い風や波にも負けずザクザク進むには、日頃から足腰を鍛えておく必要があるかも!?

2f0ab73f210eaecbc0c8693c3edb59cf6d57a660

ボードにしては、ちょっと重めの24.5kgも、付属のタイヤを取り付ければ女性でも持ち運びが楽ラク。そうそう、ハンドルを外せばSUPとしても使えるそうですよ。

ちなみに、発売元の「Hobie Cat」はカヤックやセイルボートなどで定評のあるブランド。同社で販売するフィッシングキット「H-Crate」をボード後部に設置すれば、楽しみ方の幅も拡がるはず。価格は2,500ドル(約27万5,000円)から。気になった方はこちらからチェック!

Licensed material used with permission by Hobie Cat Company
サーフィンになくてはならない波。でも、これは自然の産物。フラット(穏やかで波がない)な状態では、どんなに波に乗りたくたって、どうにもなりません、よね?今ま...
「波に乗らなきゃサーフィンじゃない!」なんてお叱りを受けたとしても、水面をすべる疾走感を味わってみたいのですよ。一度くらいは。だけど、どこか聞こえる心の声...
サーフィンの動きを取り入れたフィットネスがいまアメリカで流行中。しかも、ちゃんとボードの上で行うそうです。カリフォルニアやハワイといったサーフィンのメッカ...
スロベニアからまったく新しい概念のSUP(スタンドアップサドル)ボードが誕生。なんでも、スクリューモーターを搭載した電動アシスト機能付きだとか。さらには、...
パドリングしながら、波を待つ男女ーー。実はこの2人、“超人的な身体能力”の持ち主なんです。サーフボード上で、次々に繰り出される「スゴ技」に、ただただ見とれ...
カーペンターとサーファー。2つの顔を持つPeterのビルドアップスタイルは、オールハンドメイド。その出来栄えは、自宅のガレージでつくるレベルをはるかに超え...
「ハンドルを握らせると、まるで別人格」なんて話がありますが、ここでは豹変するドライバーたちの手に着目した記事を紹介します。「Little Things」ラ...
ジェットスキーヤーのフランク・サパタ氏が考案し、GoogleのCMでも話題となった、水噴射圧を利用して水上を飛んだりはねたり。あのフライボードの進化版とも...
「Viral Hog」が紹介する、西オーストラリアのエスペランンス沖合で撮影されたこの動画。ターコイズブルーの海を優雅に漂うスタンドアップパドル・サーフィ...
海との一体感を味わえる──。ハワイで大流行し、日本でもその認知度が広がりつつあるのが、スタンドアップパドルボード(通称:SUP)を使ったヨガ。その進化版と...
写真のメガネの男性。黒いボールを今まさに手から離した瞬間。それを投げ入れる先は…え、ゆりかご!?一見、バスケットボールの試合風景に思えるこの写真。ところが...
旅先で鮮烈な色のスポーツドリンクに出会うと、海外を意識することがあります(私だけ?)。運動中の水分、ミネラル補給にあのビビッドな液体がどうして必要なのかは...
あたり前の話ですが、今までのボディボードって、波がないと乗ることはできないシロモノでした。ですが、「KYMERA」なら、波がなくても愉しめてしまうんです。...
いつかもっと気軽に、そして手軽に、いわゆる「電動キックボード」で公道を走れる日がくることを期待するほかないのですが、この手のスマートビークルの進化って、ホ...
スケーターなら一度は夢見るという「ウォータースライダー」でのセッション。曲がりくねったウォータースライドを、まるでハーフパイプのように使いながら滑っていく...
A4サイズのホワイトボードが4枚セットになった〈BUTTERFLYBOARD(バタフライボード)〉。1枚1枚のボードは、マグネットでノートのようにくっつけ...
ドイツ各地のウォータースライダーを特集しているwebサイト「Tuberides」で一際話題になっているのは、チューブの中がカラフルなLEDでビッカビカに輝...
スポーツの世界で競技の要素に音楽を取り入れているものはいくつかある。たとえばフィギュアスケート、シンクロナイズドスイミング、スノーボードやモーグルなどの競...
〈Kirkham's(カーカムス)〉は、コットンテントで知られるソルトレイクシティのアウトドアメーカーです。これ、本来の用途はペグバッグなんですが、僕は普...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...