ヘルシーなのにちゃんと美味しい「台湾素食」を試してみませんか?

スイーツを中心に日本でも火がつき、今グルメたちの間で高い注目を集めている台湾料理。その中でも歴史と伝統のあるのが「素食」です。

素食とは、台湾の精進料理のこと。儒教の教えが浸透している台湾では、人口の12割がヴィーガン(完全菜食主義)ともいわれ、街を歩けばそこかしこに素食レストランを見つけることができます。

長い歴史に育まれた台湾の素食文化は、「質素」というイメージを持たれがちですが、今や美食家もうなるレベルに進化しています。鮮やかな彩り、植物性の食物だけで作ったとは思えない豊かな味わい……誰もが食べてみたいと思える、魅力的なメニューが満載なのです。

素食の基本
ハチミツやニンニクもNG!?

Medium bb5bdac5b3a1430f9cb62c1881479821b9d5fdf8

まずは素食の基本を。素食専門店『中一素食店』のオーナー・李健福氏に話を伺いました。

「儒教の教えから生まれた素食は、『殺生してはならない』という規律が基礎になっています。そのため、動物性の食物は一切使いません。素食用の加工品に動物性のものが使われていると、メーカーが逮捕されてしまうほど厳しく規制されているのです。カツオだしなどのスープはもちろん、ハチが巣の中で加工したものであるためハチミツも使いません。さらに『五葷(ごくん)』と呼ばれるタマネギ、ニンニク、ラッキョウ、アサツキ、ニラの5種類の植物も口にしません。これらは内臓、とくに腎臓・肝臓に影響が強いということで、避けられています」

植物だけ、しかも風味を彩るニンニクなども使えない……となると、さぞかし質素な食卓になるのでは? と思ってしまいますが、素食メニューは驚くほどに華やかで味わい豊か。

「素食は、台湾で長い年月をかけて人々との生活に根付いてきました。日本のそばやラーメンのように、毎日普通に食べられる料理なのです。そのため、日々台湾中の料理人が素食の美味しさを求めてメニュー開発をしています」

素食の研究が進んでいる台湾は、動物性食物の味や食感を植物で再現する技術が最も優れている国ともいわれています。豚肉は大豆、ヤギ肉はシイタケ、魚の身は豆腐、皮は湯葉、アワビはこんにゃくなど、さまざまな食材を植物で再現しており、食べてみるととても野菜とは思えない食感と風味に驚かされます。

美容と健康、
そして心にも効く食事

Medium fed4d6b83c70b400d2b10a01ad6a772f35834b70

素食は、台湾ではアレルギーや生活習慣病の改善につながるともいわれています。

「今の時代は抗生物質を飲ませたり、無理な品種改良などをした家畜の肉を食しています。こういう肉を食べると血液が汚れて酸化しやすくなり、病気も起こりやすくなるのです。体は食べ物でできているので、クリーンな物を取り入れれば、自然に健康になりますよ。それに素食をしていると便通も良くなり、肌荒れや肥満をしなくなります」

さらに、素食を続けていると気持ちも穏やかになっていくのだとか。

「もともと素食は修行僧の食事でした。動物性の食物やニンニクなどの『五葷(ごくん)』は内臓に強い影響があり、人間が食べると興奮してしまうのです。植物だけを食べていると、内臓に刺激がいくことがないので、ずっと穏やかにいられるんですよ」

「素食」を
食べられるお店は?

Medium 446264aafce09688a6abc46ae628a6338015f128

日本で素食を味わえるレストランは李氏が経営する国立/六本木の『中一素食店』のほか、下北沢『薬膳食堂ちゃぶ膳』、中野『香林坊』、自由が丘『野饗』、新大阪『BelleVue慶招樓』など徐々に増えつつあります。とくに素食をうたっていない台湾料理店でも、素食メニューを出していることもあるので、近所のお店のメニューをチェックしてみるのも手です。

また、ネットで手に入る代用食材も増えてきました。中一素食店でも、ウェブ販売を行っており、代用肉・魚のほか、インスタントラーメンやカレー、シチューなど、一般の家庭料理と同じような食材がそろっています。自宅でも気軽に素食が楽しめる時代、内側から美しくなりたい人は、ぜひお試しを!

イエローの車体色が統一されている台湾のタクシー。初乗り70元はランチ代と変わりませんが、MRT(地下鉄)の普及もあり、空車は対向車線からUターンするなど客...
去る2015年9月27日(日)、台湾ティー専門店「Gong cha(ゴンチャ)」の日本第1号店が東京・原宿にオープン。SNSでは早くも、「とにかく美味しす...
台湾の夜といえば屋台(夜市)。なかでも現地の人たちにも人気なのが「胡椒餅」です。表面はカリカリなのに、もっちりの皮でジューシーなひき肉のあんを包んだ、肉ま...
東日本大震災による津波で被災した、宮城県南三陸町の公立病院が「南三陸病院・総合ケアセンター南三陸」として、4年9ヶ月ぶりに開業されました。再建に向けて、こ...
どこから見ても、ほとんど平面のイラスト。だけど、リュックとして背負え、バッグとして肩から下げられる。あの不思議な2Dバッグに新作が登場しました。カワイイ+...
台湾みやげの筆頭格といえば、「鳳梨酥(パイナップルケーキ)」でしょう。素朴なクッキー地に爽やかなパイナップル餡が意外とハマるんですよね。あの味を自宅で簡単...
春夏秋冬に土用を加えた「五季」。この5つの季節を発酵調味料(酒、塩糀、酢、醤油、味噌)で表現した、お菓子を紹介します。日本料理の基本となる調味料「さしすせ...
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
スムージーにはじまり、デトックスウォーター、コールドプレスジュース。ヘルシーで健康的な、美容系“黒船ドリンク”がいくつも日本にやって来ました。そしてまた、...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
『INDIGO LABEL DINER』というイベントにお邪魔してきました。このイベントは、ColemanとMonroという二つのブランドが手を組んだ『I...
ぼくは、デブだった。健康な食事のことなんて考えたことがなかった。でも、どうしたら変われるのか知らなかったんだ。そして、食を学ぶことにした。これは、「食べる...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
スイカの選別って意外に難しいもの。よく叩いたときの「音」が肝心なんて言いますが、音を確認してもいざ半分に切ってみると中身がスカスカ…なんてことも、ままあり...
日本語の「もったいない」の精神は、今や世界中で意識されるものになりつつあります。農林水産相によれば、世界で毎年13億トンもの食料が廃棄され、これは生産量の...
オイルを使ってうがいをするだけ。手軽にできる美容法として話題のオイルプリング。けれど、「やってみた」という人はまだまだ少ないはず。良いというハナシは聞いて...
人との出会いや、金銭的な折半ができるなど、シェアハウスのメリットにも様々なものが挙げられますが、日々の暮らしの中で基本になるのは、やっぱり「食」ですよね?...
「おやつ」や「間食」と聞くと、罪悪感を感じてしまう人も多いのでは。健康的なものを食べたいけれど、近くに売っている場所もあんまりなくて…。「snaq.me」...
小林豊/Yutaka Kobayashi海外で大ブームとなっている日本食。現在その厨房に立ち、世界に挑んでいる料理人がいる。言葉が通じなくてもどんな人でも...
「the Mighty」に投稿された、拒食症に苦しむある女性が綴った手記を紹介します。彼女は普段、流動食のチューブをつなぎながら生活していて、かつ鬱病も患...