世界の一流を魅了するイタリア生まれのルームフレグランス「CULTI」とは

部屋の雰囲気を決めるインテリア。ソファやテーブルに凝る人は多いでしょう。しかし、「ルームフレグランス」のことを気にしたことはありますか?自宅の空間を演出する香りは、実は重要なインテリアの一部。部屋の印象を決めるだけではなく、香りの特性を活かして自分の気持ちや思考を切り替える「スイッチ」として使うことができるからです。(一流の人が実践する「いい香り」の選び方と使い方「4箇条」

例えば、こんな具合に──リビングルームは1日のうち最も活動する時間が長い場所なので、香りが強すぎない、リラックスできるフレグランスを。バスルームやキッチンといった様々な香りが混ざりがちな水周りのスペースには爽やかで清潔感のある香りを。何より眠りの質が肝心な寝室では、ゆっくり優しく香るフレグランスを。その家の第一印象を決定づける玄関には、あなたのアイデンティティを表現する香りを。──このように、一つの家の中でもシチュエーションによって香りを使い分けることで、あなたの家をもっと快適な空間にできるのです。

そんなルームフレグランスの新しい使い方にぴったりなのが、11種類の香りであらゆるニーズに応えるフレグランスブランド『CULTI』です。

世界中の一流を虜にする
CULTI

3770bfa2c5161c7bd5e4a87b6486fe0ae1e98520

『CULTI』は1990年にイタリア・ミラノで誕生して以来、一流企業の経営者、ショップオーナーなどV.I.P.を中心に密かなブームを巻き起こしてきました。個人での使用はもちろん、ミラノ、ローマ、フィレンツェなどといったイタリアの主要都市にある5つ星ホテルや、多くの高感度セレクトショップなどにおいても、客人をもてなす「香り」として選ばれています。その魅力は海を渡り、ここ日本でも愛用するセレブリティがどんどん増えてきています。

「香り」は文化である

8cb5597217a757f4be73cd8b56cec7ef36823bbb

創業者Alessandro Agratiアレッサンドロ・アグラーティ)は「香りは文化」であるという信念の持ち主。ヨーロッパの香水文化や日本の香道にも精通している彼は、「香り」で人々のライフスタイルをもっと豊かにしたいと常日頃から本気で考えています。そんなアグラーティの持つ洗練された独特の世界観はそのままCULTIの世界観となり、人々を魅了していきました。

ブランド名には「洗練された暮らしの追求」「快適であること」という意味が込められており、香りだけにとどまることなく五感すべてに訴えかけるアイテム作りを心がけています。CULTIはその名の通り、彼の理想とするライフスタイルを具現化するために誕生したブランドなのです。

「呼吸するように」香る
スティックタイプの
ルームフレグランス

6af372fe96e2af6d14499c2da17823b5161851e5

ルームフレグランスと聞くと、ボトルにスティックを挿すタイプのものを想像する人も多いと思いますが、何を隠そう、このスタイルを最初に編み出したのがCULTI。
アグラーティが家具工場で籐製家具の加工を眺めていてひらめいたのがこの形なんです。

籐(とう)は放出発散性が良く、呼吸をするように、ゆっくり、ふわっと香ってくれる。それこそスプレーなどでは演出できない香りを実現できる。しかも、その形状は優れたインテリアとして視覚も楽しませてくれる──アグラーティのひらめきは、今や世界中で定着したスタイルとなりました。

CULTIのルームフレグランスが生み出されるのはイタリアの自社工場、通称香りの聖地」。その製造過程はヴェールに包まれており、誰も見ることができません。天然香料を使用しているその香りはどこまでも優しく、たとえ同じ部屋に2種類の香りを同時に置いたとしてもお互い邪魔することがないのです。

天然成分から生まれる
香りのラインナップ

Ba4d3b74a7ce43839874ad9a11ed4f197eafc68c

スティックタイプのルームフレグランスには、『CULTI STILE(クルティ スタイル)』『CULTI DECOR(クルティ デコール)』という、異なる香りのコンセプトを持つ2つのラインナップがあります。

■CULTI STYLE
白とライトグレーを基調色とし、ホワイトオークのボトルキャップを採用するなどスタイリッシュな印象を醸し出すライン。カシスリーフやホワイトムスクなど、数種類のフローラルな香りをブレンドした軽やかな「布」をイメージした「TESSUTO(テシュート)」、ベルガモットやミモザなどをブレンドした、爽やかな香りの「AQQUA(アクア)」、地中海沿岸をイメージし、オレンジやレモンの木々のような柑橘系の香りが印象的な「ARAMARA(アラマーラ)」など、6種類の香りのラインナップです。

■CULTI DECOR
アグラーティの理想とする「美」を追求したラグジュアリーなライン。ブロンズを基調とした重厚なデザインが特徴です。煎茶やアールグレイの香りづけに用いるベルガモットがブレンドされた日本人にもなじみ深いお茶の香りが特徴の「THE(テ)」、深海をイメージしたムスク系のすっきりとした香り「MAREMINERALE(マーレミネラーレ)」、木々に実る白スグリの爽やかな香りが広がる「LINFA(リンファ)」など、5種類のラインナップ。

日本で唯一
CULTIを買えるのは

A932312f39198d74bf0a3398eca63a11b18f7ea9

インテリアショップの『ACTUS』が唯一の日本正規販売店。是非ともお店でその「やわらかな香り」を体験してみてください。また、近くにお店がない、という人でも「ACTUS Online Shop」で購入可能なのでこちらも要チェックです!

CULTIルームフレグランス
好きな香りをプレゼント!

今ならCULTIルームフレグランスの中でも人気の香り6種類の中から、好きな香りを選んでもらえるトライアルキャンペーンも実施中。使いごたえ充分のルームフレグランス250ml(8,100〜8,640円相当)が60名にプレゼントされるチャンスですので、この機会にぜひ下記よりご応募ください。(アンケートで「TABI LABOを見た」とお答えください)

14c0e01ff6101d7bc23586902cf9266fb3a41d37

※こちらは応募期間が終了しています。

Sponsored by ACTUS
ルームフレグランスの中でも、人気上昇中のリードディフューザー。ここでは、その魅力をほんの少しだけ紹介します。インテリアとしても◎手間もかからない!数あるル...
『オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー』の「アラバストル」は、石に香りをつけるというユニークなルームフレグランス。白磁器の容器も上品です。
歯垢を除去。歯周病予防。息さわやか、などなど──。歯磨き粉においてそんな特徴は、もはや当たり前。じゃあ一体、何で差をつけるべき?そんな問いに対するイタリア...
「オーガニック」をテーマとしたナチュラルな腕時計が話題を呼んでいます。と言ったところで、ピンとこない人も多いですよね。言い換えると、使用される木材は加工に...
スマートフォンアプリを使って、香りを自由にアレンジできるデバイスが、「Indiegogo」で紹介されています。サンダルウッド、ネロリ、バニラ、ローズなどの...
「Le dd dream(レディーディードリーム)」という変わった名前のスリッパです。イタリアのスポーツメーカー〈lotto(ロット)〉がオリジナルで開発...
いかにもイタリア人的な感覚から生まれた、アソビ心満点の転写式タトゥーシールのご紹介。でもこのタトゥー、貼る場所までちゃんと決められているのです(一応)。そ...
2016年8月24日未明にM6.2の地震がイタリア中部を襲いました。壊滅的な被害を受けた街アマトリーチェ(Amatrice)を支援するため、民間レベルでの...
日本とイタリアの国交樹立150周年にあたる2016年。日本文化(着物地)とイタリア文化(シルク)を融合させた「リバーシブルスカート」をメインアイテムとする...
50年以上に渡ってカメラを握り続けてきた、アメリカのベテラン写真家Charles H. Traub。長いキャリアでも氏の傑作と呼ばれる作品を紹介します。4...
1985年、イタリア南北をくまなくリサーチし、あらゆるパスタ料理レシピを1冊の本にまとめたヴィンチェンツォ・ブオナッシージ。『新パスタ宝典』に収められたメ...
今日、4月16日は「イースター」です。キリストの復活祭として、世界各地で多様なお祝いの仕方があるようで、お祝いのアイコンもイースターエッグやうさぎ型のチョ...
イタリアにはたくさんのピザ専門店「ピッツェリア」があります。この記事で紹介する地図「Best Pizzas in Italy」には、イタリア版ミシュラン「...
1970年代、アメリカからイタリアに伝えられたチアリーディング。イタリアの伝統的なマーチングバンドと結びついて発展を遂げ、いつしかイタリア独自の文化へと姿...
イタリアの市街地は、どこも趣のある古い建築物がたくさんある。有名な観光名所だけでなく、何気ない通りでも、思わずカメラを向けてしまうほど旅情感たっぷりだ。ビ...
イタリア関連のドキュメンタリーなんかを見ていると、未だあの国のイメージは「食べ物」や「歴史的な建築物」なのだろうと思う。が、壮大な自然も見逃せない。And...
いま、日本の「風呂敷」にインスピレーションを得たシューズが、国内外で密かなブームを呼んでいる。これは、イタリアのVibramから登場した、その名も『FUR...
「シチリアを見ずしてイタリアに行ったことがあるとは言えない。シチリアにこそ、すべてに対する鍵があるのだから」
現代日本が抱える少子高齢化、人口減少に直面した社会環境がイタリアにもあるそうだ。過疎化が進む農村や山間部の集落は空き家であふれ、地域再生やまちづくりが急務...
イタリア・ミラノで61年の歴史を持つ老舗ピッツェリア「SPONTINI(スポンティーニ)」。その海外進出第1店舗目が、本日2015年10月30日(金)、「...