母の愛が生んだ「二人三脚」の歩行器具デバイス

楽しそうな子供たちと大人の二人三脚。遊んでいるようにも見えますが、実は歩く練習中なんです。彼らが身につけているのは「Upsee」という歩行器具。運動障害を抱え、歩くのが困難な子供を介助するためのもの。

かなり自由に動けちゃう

2e91a508ac4ff5a63c89fac5e2578a878bbe409f80d88ca690b4270ee6fa7eb504cd495f02363199

大人と子供、両人がサンダルとハーネスを装着することによって、直立で歩く感覚を養うという仕組み。ちょうど二人三脚と二人羽織を組み合わせたような感じなのでしょう。歩みを合わせることで、楽しみながらの練習ができそうですね。

7054c42cbd8d0ef01992757581225e49606b1c3b

連結しているのは下半身のみ。両手はフリーなので、ちょっと大胆な動きだってへっちゃらのよう。利用者コミュニティでは、楽しそうにスポーツに励む子供たちの姿が多く投稿されています。

946a747cb61026bcafcbf371f475ea69ac536d5b

開発理由は「母の愛」

Upseeを開発したのはDebby Elnatanさん。「The Daily Mail」によると、脳性麻痺によって車椅子生活を送っていた2歳の息子・Rotemくんの理学療法士から「彼は足が何かを知りません。感覚がないんです」と告げられました。

絶望したDebbyさんでしたが、我が子が歩く姿を見たいと歩行介助器具の開発に着手しました。

一緒に歩いて
お出かけできるように!

NBC NEWS」の報道によると、現在のモデルに近いプロトタイプを装着したRotemくんは、わずか3歩ながら歩くことに成功!その後も練習を重ね、その年の終わりには2時間、彼が7歳になる頃には一緒に公園やレストランへ行けるようになったそうです。

現在、商用にデザインをアップデートしたUpseeは、1歳から8歳までの児童が装着可能。イギリスやアメリカ、カナダなどグローバル展開中です。息子への思いが生んだ器具が世界の子供の役に立つなんて、素敵ですね。

Licensed material used with permission by Firefly
上腕二頭筋とは、腕の肘を曲げたらできる「力こぶ」と呼ばれる筋肉のことです。男性であれば力強さを端的に象徴できるのが、この盛り上がった「力こぶ」を作る筋肉で...
ペンシルベニア州に暮らすIanさんとLarissaさんMurphy夫妻。夫のIanさんは、交通事故の影響で脳に重い障がいを抱えています。この動画は、献身的...
苦楽を共にする、と言葉にすると簡単に見えるかもしれませんが、世界中のどの夫婦にも、二人にしかわからない愛のカタチがあります。長年連れ添う幸せな夫婦は、いっ...
この記事は、ライターTodd Perry氏が「GOOD Magazine」で紹介した、子どもたちが考える「愛の定義」について。大人だって返答に悩むようなこ...
私は耳が聞こえないことを障がいだとは思わない。そう語るのは、映画監督の今村彩子さん。彼女は生まれながらにして耳が聞こえない。学校では友達の輪に入ってお喋り...
母親がやさしく語りかける声が、子どもの脳の発達に大きく貢献している。こんな研究結果がアメリカで発表されました。「CNN」や「TIME」、「Daily Ma...
ホテルがアタシの人生のすべてだったの。妹の葬儀にだって顔を出さなかった…、そのくらい仕事が大事だったからよ。アンタの父親に初めて会ったのもホテルの宴会場。...
スピルリナとは、藍藻の一種。大豆より豊富なタンパク、およそ30種以上のミネラルなど、人間にとって必要な栄養素がぎっしり。スーパーフードとしても注目を集め、...
精神疾患はなかなか理解されにくい部分も多い病気です。ここで紹介するのは、海外のマンガサイトに投稿された作品。鬱や不安に悩むひとりの女の子が主人公で、それぞ...
「母親とその子供は、他にはない関係にある。両者の絆ほど強いものは、この世界のどこにもなく、その愛ほど瞬間的で慈悲深いものは、他に1つも存在しない」― ゲイ...
この写真を見た時に、祖父母と過ごした日々を思い出しました。そして、愛情をもって自分たちの経験や考えを話してくれたことに改めて感謝したい気持ちになったのです...
小学校の先生であるアドリアーナ・ロペスさんは、2015年1月に乳ガンと診断され、現在化学療法を受けています。そんな彼女を励ますため、生徒たちで結成されたコ...
先日の「母の日」から一週間が経過しました。もしかして、感謝の気持ちはすでに薄まっていませんか?ここでは、母親が子どものために我慢し続けてきてくれたことのい...
運動は健康にいいなんて今や常識だし、ボディメイクだってもっとしっかりしたいし…そうは思っていても、ジムに行くのはお金も時間もかかるもの。かといって、家でエ...
親が子供にしてあげたいことって山ほどあるんです。生まれる前はあれもこれも、なんでもしてあげたいと思っていたのに、実際に生まれると、毎日の生活でいっぱいいっ...
誰かを愛するということは、必ずしもハッピーな気持ちだけでいられるワケではありません。時には辛さや痛みを伴うし、それは万国共通の感情のようです。「愛すること...
もうすぐ母の日。世間ではさまざまなキャンペーンやCMがあふれる時期ですが、一風変わったこんな動画はいかがでしょう。病気と闘う幼い子供たちをサポートする、カ...
左は、グチャグチャ〜っと、思いのまま手を動かしてできた子どものラクガキ。この時点では、何を描いているかなんてわかりません。でも、そんな子どもならではの創造...
ここで紹介するのは、「Lessons Learned in Life」で掲載された、年老いた母が、娘に贈った手紙という記事。すこし物忘れをしやすくなってし...
「愛は最高の奉仕だ。みじんも自分の満足を思ってはいけない」太宰治の『火の鳥』には、愛についてのこうした表現が登場します。これは紛れもなく「真実の愛」と呼ぶ...