【自己中こそ幸せへの近道!】世界を旅するライターがそう感じた8つの理由

「自己中」というと、あまりいいイメージではないかもしれません。でも、人生において自分自身をケアすることは、何より大事なこと。世界を旅するライター、Anjana Rajbhandaryは、「Thought Catalog」でこう語ります。「自己中になろうと決めたのは、私にとって人生で最高の決断」と。その8つの理由とは?

01.
自分を大切にすれば
周りの環境も良くなる

B968292c109124b54bb2eb5c74b2b82ef7ddb2a6

自分を大切にするために、私の幸せを願ってくれる人たちと付き合うようにしました。うんざりするような人たちとは距離を置くことで、私自身もネガティブな感情から解放されるようになりました。

02.
幸せになるのは
悪いことじゃない

世界には悲しいことや不幸なことがたくさんありますが、自分にどうしようもできないことに罪の意識を感じる必要はありません。世界を変えることはできなくても、世界に対する接し方を変えることはできます。

必要以上に悲観的になる必要はないのです。

03.
やってみたいことは
素直に「やってみたい」
と言って大丈夫

Ffe7be9f268869711de7bee00ba2a5ca4295f9c0

家族は私にドクターの道を勧め、教授は科学者の道を勧めました。また私自身も何を望んでいるのかわかりませんでした。でも結局、「私の人生を生きれるのは私だけだ」と気がつき、日々の暮らしを愛せる仕事に就きたいと思ったのです。

今はまだそれが何なのか分かりませんが、見つけるプロセスを楽しんでいます。

04.
自己中なほうが
素敵な友達ができる

以前の私は、自分の中の混乱や闇の部分と戦っていましたが、自分自身にしっかりと光をあてることで、友人とも100%向かい合うことができるようになりました。それは、周りの人にとってもハッピーなことでしょう。

私自身が、「私と友達になる」のです。

05.
物事を
決めつけなくなった

B3ac5ee0a4f1b1fc645ead5b7430d9d3bc9d23ef

他人のことは決めつけたがるくせに、自分のことは決めつけて欲しくない。これが人間の真理です。でも、もし自分自身が満たされているなら、他人の欠点を探す必要は無くなるでしょう。それどころか、他人の「いいところ」を見つけようとするはずです。

自分にフォーカスすることは、逆に視野を広げることにもつながるのです。

06.
自分自身が不幸になるような
他人の非難をやめた

若い頃、何かがうまくいかないとすぐ他人のせいにしていました。そんな過去のムダな時間も、今ではワインを飲んだり、友人とおしゃべりする時間に変わりました。何か悪いことが起きても、「いずれは過ぎ行くものだ」と信じるようになりました。最終的にはすべてうまくいくものだ、と。

07.
自分に優しくしてみた

以前は「他人に優しくしよう」と思っていましたが、自分に優しくすることが、他人に優しくなれる近道だと気がつきました。自分の内面に幸福感があれば、それを周りにシェアすることは簡単なことです。

08.
毎日が
とても楽しい!

Cec7bc094c9202c264430081487fe4229f394017

私はいま、10年前よりも大きな課題を抱えています。が、大丈夫です。なぜなら、向かい合うための強さを見つけたから。人生は困難なことが多く「もう諦めたい」と思うこともあります。でも、同時に「諦めたっていいんだ」ということがわかるでしょう。

自分を愛し大切にすることで、世界はもっと美しく、ユニークな毎日で溢れていることに気がつくはず。それは人生で一番の景色です。

Licensed material used with permission by Thought Catalog
「人間は、自分が幸福であるということを知らないから、不幸なのである」とは、 ドストエフスキーの言葉。幸せは、何気ない日常の中にあります。普段気づいていない...
仕事も人間関係も順調なのに、何だか気分が上がらない。そんなときは、面倒くさいと思っても自分をハッピーな気持ちにしてくれる人やコトを、いま一度振り返ってみま...
ほとんどの人は、大きな理想を語りながらも、安全な選択をして生きていきます。もちろんそれも、その人の人生です。でも「こんなところで何をしているんだろう?」と...
「自分を好きになる」。言葉にするのは簡単だけど、その方法をちゃんとコトバにできる人は少ないもの。必ずしもこれが答えとは言いませんが、その方法と真摯に向き合...
新しい行動を促す自己啓発記事は数あれど、それらのほとんどは実践するのが難しい印象。たとえ一歩を踏み出せたとしても、継続するのはハードルが高いものです。でも...
幸せは自分でつくり出すもの──。なんてよく言われていますが、実際これができる人が少ないのは、難しく構えているからかも。もしかしたら、「Thought Ca...
「少しでも自分の生き方を変えたい!」と思って自己啓発本を手にしても、分厚いし内容が難しそう…という理由で、読むのを諦めた人も多いのではないでしょうか。高田...
「Eurostat」が行なった、ヨーロッパで一番幸せなのは誰?という研究で、「デンマークのおばあちゃん」との結果が発表されました。同国は、高額な税制度と引...
幸せになるのは、特別な能力だとか、資格がある人って思ってしまう。これって、自信のない人が陥りがちな罠。そんな思い込みを払拭する方法を自著『幸せなことしか起...
およそ8年間、約3,000日もの月日をかけて、各地で旅費を稼ぎながら世界中を飛び回った旅人ペニー・ルース氏。彼が「Fluent in 3 months」に...
無意識のうちに他人に期待してしまうことは、誰にだってあること。「I Heart Intelligence」に掲載されたこの記事には、きっとあなたにも心当た...
最近いい事が全然ない…。どうしたら幸せになれるの?幸せになれる人とそうじゃない人との差って?原因となるキーワードは「思考のクセ」にあるのです。ここでは、自...
幸福の形は、人によって異なります。幸福かどうかは人それぞれの心の問題にすぎません。つまり、捉え方次第であらゆる感情を幸福に結びつけられるのです。商社、市役...
現役大学生のJonas Lui氏が「mindbodygreen」に投稿したデビュー作となるこの記事。彼は自身の分析結果として、幸せを手にする人とそうでない...
健康、恋愛、アクティビティ、フードと快適な日常生活を送るための情報が満載のアメリカのメディア「MindBodyGreen」。そのなかで、非常に興味深い記事...
子供の頃は夢いっぱいだったのに、自分の思い描いていたような人生を歩めていないーー。そんなふうに感じている人には、ライターのMichelle Cadieux...
人生は困難の連続です。そんなときこそ、自分のことをちゃんと好きでいられることが大事。今回は「Elite Daily」のライターMel Whitneyさんが...
「幸せになるのは、どうしてこんなに難しいのだろう?」女性が生きやすい世界に向けての活動を行うTamara Star氏がこの問題について言及した記事を紹介し...
大好きなものを食べているときですら幸せを感じられなくなってしまったら、それは危険サイン。いまの生活に何かしらの大きな不満を抱いている証拠だと言えるかもしれ...
あなたが幸せになりたくてもなれない原因、何かわかりますか?それは「あなた自身」にあるのかもしれません。あなたの中にある欲やプライド、さまざまなことが幸せを...