【行かなきゃ損!】ガイドブックに載らない「ヘンテコミュージアム」21選

世の中にあるのは、敷居が高くてアカデミックなミュージアムばかりではありません。世界各地に、目を疑いたくなるような「ナゼ?ナニ?」を収集、展示したヘンテコな美術館・博物館がたくさん。

500年分の犬の首輪を展示した美術館から、有刺鉄線を集めた博物館、さらには「失恋ミュージアム」なんて場所も。ここでは、死ぬまでに一度は訪れたい、奇妙キテレツな世界をご紹介。気になるところが見つかったら、リンクをクリック。日本からは、2つの施設がランクインしてますよ!

ようこそ!世界で最も
奇妙なミュージアムへ。

Medium 9c0907922fb3b7d3f40075faa819b746d0c47143

01.
犬の首輪ミュージアム
 (UK・ケント)

Medium e22ee49d3f6d7c2e46abdfeb4b5d4df47be12286

誰かが飼っている犬の首輪に、飛びつきたくなるような興味はわかないかもしれません。けれど、バロック時代の華麗な首輪を目にしたら、きっと考え方が変わるはず。リーズ城内に展示された「The Dog Collar Museum(犬の首輪ミュージアム)」は、およそ5世紀に渡る犬の首輪の変遷を紹介しています。

02.
髪の毛ミュージアム
 (Turkey・アヴァノス)

Medium ce36febb5b2b346e4ef42325e531236520007137

ちょっと気味悪く聞こえるこのミュージアムにも、スウィートな裏話があんです。地元の陶器職人が、亡くなった友人の遺品として彼女の髪の毛をお店に飾ったことがすべての始まりだったそうです。以来、「Hair Museum」には、およそ16,000人以上の「女性の髪」が展示されるようになったそう。

03.
下水道ミュージアム
 (France・パリ)

Medium 5012b18a28ce93f078cee740d1c73b774d8f07fe

パリといえば、ルーブル美術館やオルセー美術館が何よりも先に思い浮かぶことでしょう。この街で風変わりなアトラクションに出会うには、約500mの地下世界へと向かわなければいけません。そこに広がる「Sewer Museum下水道ミュージアム)」は、いっときはパリ市で実際に下水道として使用されていた場所です。

04.
インターナショナル
未確認動物学ミュージアム 
(US・メイン)

Medium ebf193ffe29497d7e1d105c7954f891bcb95ad7f

「未確認動物学」とは、公式に認定されていない動物の学問。なので、この博物館で見つけられるのは、神話などのみで存在する(とみなされている)イエティ、マーメイド、さらにはネッシーのようなウワサの生きものばかり。ちょっと眉唾ものではありますが、「International Cryptozoology Museum」では、こうした未確認動物の髪の毛や排泄物などがズラリとディスプレイ。

05.
インスタントラーメン発明記念館
 (OSAKA、池田市)

Medium 137fd16af70370441cddb022b4e187433474bec7

インスタントラーメンの発明者である安藤百福は、石像となってカップヌードルの上で生き続けています。「インスタントラーメン発明記念館」では、来館者がキッチンでオリジナルの麺を作ることも可能。

06.
拷問ミュージアム
 (Netherland・アムステルダム)

Medium db584646b19871dee919fe2c113669ae0b896853

別名、「De Oude Steen (古い石) 」の異名をとるヨーロッパ最古の拘置所の中にあるのが、このミュージアム。100以上もの拷問や処刑にするための道具が並ぶ「Torture Museum」には、ナイーブな心で立ち入りするべからず。

07.
水道水ミュージアム 
(China・北京)

Medium 3dd29f1a76b1d884b830846c3ade505382e1e920

北京市の水処理場に位置するこの「Beijing Museum of Tap Water」は、写真、模型、さらには地図を使って大都市北京の水事情を紹介しています。そもそも、ここのパイプラインは火災時に役立てるためにつくられたものなんだとか。

08.
バッドアート美術館
 (US・マサチューセッツ)

Medium 22a47f5811a4ed817be81c63e34c536732b3e6f6

MoMAやMETほどの認知度はないけれど、超個性派な作品が揃うのが、「MOBA(Museum of Bad Art)」。ここのアートはひと口に言えば、ひどすぎて逆に素晴らしい!恐ろしい自画像から、不自然なヌード画……。この型破りな美術館にはピカソやゴッホは決して鎮座していませんのであしからず。

09.
失恋ミュージアム 
(Croatia・ザグレブ)

Medium 8fe167d1f78c53ead8e36eafa9aa988b16bfe783

アーティストで恋人同士だったOlinka VisiticaとDrazen Grubisic。彼らが別れたあと、心の病を癒すためにつくられたミュージアムがここ。

うまくいかなかった二人の関係のことや、愛しあっていたときに彼らが共有していた品々など、超個人的な想い出が展示品として並んでいます。さらには、この「The Museum of Broken Relationships」を訪れた人たちが、自分の失恋の品々を寄贈。保管してくれるんだとか。

10.
パンの文化ミュージアム
 (Germany・エーバーゲッツェン)

Medium 8933a1d30ab03c169de1fbb9d0122369d17c714b

実のところ、このパンを主軸とした博物館「The Museum of Bread Culture」にはパンの展示はありません。それでも、16,000点を超えるパンの歴史に通ずる品々が。中にはピカソが描いたパンの絵までも。さらには、パンに関連する蔵書が約6,000冊。間違いなくパンの歴史に関して世界一のコレクションを携えている場所です。

11.
ランチボックスミュージアム 
(US・ジョージア)

Medium 046e98161ed3fbe6bd93937cd2e85c5a4383a602

アメリカではその昔、ランチボックスを持つことが違法だった時代があるのだとか。知ってました?

The Lunchbox Museum」を訪れれば、こうした意外な知識が待っています。どこか懐かしい気持ちにさせてくれる館内には、およそ3,500点もの金属製のランチボックスと水筒が。

12.
トイレ博物館
(India・デリー)

Medium 9e4a7ff48efd74c257f68bcc9bf3c887ec686218

あなたがトイレ好きだろうとなかろうと、「Sulabh International Museum of Toilets」に来れば紀元前2,500年から今日までのトイレの進化が丸わかり。また、トイレにまつわる風習や意外な法律を学ぶことも。

13.
目黒寄生虫館
 (TOKYO・目黒区)

Medium c90b27ff32e7271a6541abe380ad5ddbb2f629f1

目黒寄生虫館」は、全身の毛が立つくらいゾっとすること間違い無し。世界一長い条虫(長さ8.8m)爬虫類両性類学の寄生虫など、心の準備さえできていれば、45,000もの寄生虫を目のあたりにできます!

14.
有刺鉄線ミュージアム 
(US・カンザス)

Medium adebd0bd939f9e11813fe24ae346a738ecd71767

「有刺鉄線の都市」と呼ばれるエリアに位置するこの「Barbed Wire Museum」は、有刺鉄線の歴史を見ながら、約2,000点もの現物を目にすることができます。有刺鉄線はアメリカ開拓史と切っても切れない関係。それゆえ、専門のミュージアムをつくる必要があった?

15.
ペニス博物館
Iceland・レイキャヴィーク)

Medium 72bcc7911062345fdc06870eb66200f7b81f6b3c

オーロラを探す合間にちょちょいと寄れるミュージアムにしては、ちょっと刺激的かもしれません。「The Icelandic Phallological Museum」には、約200ものペニスや陰部が飾ってあります。珍しい博物館ですよね。展示品の中には、さまざまな動物の性器を紹介するエリアも。長さ182センチもの長さを誇るくじらのペニスを見ることだって!

16.
ンドームミュージアム
Thai・ノンタブリー)

Medium aa00f5e50331114502729d58a9f9fbfec0a1c430

タイは世界で最もコンドーム市場が大きなマーケット。だからタイに「Condom Museum」があるのは全然おかしな話ではありません。その歴史から、一つひとつの強度を実際に検証している様子まで見られます。

17.
英芝刈り機ミュージアム
 (UK・サウスポート)

Medium 97a98bf361e211e27a059a1ec438e90ffeb248f6

謙虚な芝刈り機が、この「British Lawnmower Museum」の花形。チャールズ王子や、ダイアナ妃が所有していた芝刈り機まで展示されています。また、世界で初めての芝刈り機を目にすることも。

18.
海底美術館
(Mexico・カンクン)

Medium ae5561c1f2d70ed334107b6d15d5181e12a95fef

カンクン国立海洋公園が、サンゴ礁を保護する一環としてつくられた美術館「Underwater Museum MUSA」は、なんと海の中!もちろん酸素ボンベを背負ってでなければ作品を見て回る(泳ぐ)ことはできません。イギリス人彫刻家ジェイソン・デカイレス・テイラーによる500体ちかい彫刻が海底にずらり。

19.
より糸ミュージアム
US・ミネソタ)

Medium acef42c94d005cc407a1aec4d57811a757eba1c8

ミネソタ州ダーウィンでは、フランシス・ジョンソンさんが約29年かけ、「より糸」のみで編み出した最高傑作を目にすることができます。巨大なより糸玉の作品は、重さ8.7トン、高さは11フィート。詳しくは「Twine Ball Museum」へ。

20.
王子のコレクション博物館
(UAE・アブダビ)

Medium f2f0316a7b7e04f4f0c81366e8d34ade2946748a

ピラミッド型の「Emirates National Auto Museum」には、アブダビ首長国シェイク・ハマッド王子の所有する自動車コレクションを閲覧できます。世界中から200車種以上を集めており、どれもレアなものばかり。地球儀の形をしたキャラヴァンから、7色のメルセデス・ベンツまで。曜日ごとに乗り分けられるためだそう。ゴルフレンジを屋根に搭載した軍用車まで。

21.
さぎミュージアム
US・カリフォルニア)

Medium 0924f93cdb32ee366f32879e4933b6a2b33c4f66

世界記録を持つこの「The Bunny Museum」。約28,000ものうさぎに関連したアイテムがびっしり詰まっており、その展示品の数が世界一。目玉は、なんと言っても「凍結乾燥されたうさぎ」。

Licensed material used with permission by Fly Abu Dhabi
大英博物館やテート・モダンなど、名だたるミュージアムを数多く抱えるロンドン。先日、この街のとあるギャラリーで開催されたのが、犬のための現代アート展です。「...
クレマチスの丘にある「IZU PHOTO MUSEUM」に行こう!そこは、静岡県三島市に隣接する、花・アート・食がコンセプトの複合文化施設。庭園やミュージ...
2015年10月2日に、連載開始65周年を迎えた『ピーナッツ』。同日にオープンした「PEANUTS Cafe」が大きな話題になりましたよね。そしてこのたび...
アメリカのドラマや映画を見ていると、たとえば失恋・失業などの精神的ダメージを癒やす特効薬として、バケツサイズのアイスなんかがよく出てきます。登場人物が堕落...
建築模型には、建築家の思考プロセスが集約されています。つまり、それは完成度の高い彫刻作品なのです!それが名だたる有名建築であればなおのこと。2016年6月...
どんなにスゴイ場所でも、どんなにステキな建物でも工事中のバリケードがあるだけで、全て台無しになってしまう。だったら、美しい展示作品で壁を作れば、景観を損な...
まだ卒業シーズンでもないのに「黒板アート」を話題にあげれば、当然季節外れな感は否めません。けれどその黒板アートで、このところアメリカのメディアを中心に話題...
南米最大の現代美術展、「サンパウロ・ビエンナーレ」が開催されるブラジルばかりに注目がいきがちだが、アルゼンチンもまたラテンアメリカの現代アートシーンを牽引...
「瀬戸内国際芸術祭」は3年に1度開かれるアートの祭典。第3回目となる今年は、お馴染みとなった直島や豊島など瀬戸内海に浮かぶ12の島と高松港、宇野港周辺を舞...
2015年の訪日外国人の数は約1,970万人。2016年は2,000万人を超えることが期待されています。そうすると、訪日観光の目的としての「アート」はま...
仏ボルドーに今年6月オープンした 「La Cite du Vin (ワイン文明博物館)」。ボルドーワインで有名なこの街の新たなシンボルとして、構想から8年...
ユネスコ(国連教育科学文化機関)は、上野の国立西洋美術館を世界文化遺産として登録したと発表しました。これはフランスの建築家、ル・コルビュジエの建築作品を7...
現在、夏会期が開催中の瀬戸内国際芸術祭2016。会場の一つである豊島は、「豊島美術館」や「心臓音のアーカイブ」、さらには、スプツニ子!が手がける「豊島八百...
今年3月、マリーナベイ・サンズのアートサイエンス・ミュージアムに、1,500平米もの巨大な常設展示「FUTURE WORLD: WHERE ART MEE...
夜、みんなが寝静まったころ、おもちゃたちが勝手に動きだして、おしゃべりをし始める。子どものころ、そんな空想を思い描いたことはないでしょうか。普段、モノとし...
結局のところ、誰かに解釈を求めたところでファインアートのなんたるかが分かるとも思えない。そういう多くの人たちのために、このアーティストデュオが取り組むプロ...
初めてヨーロッパを訪れる人には、アムステルダムを勧めたいという人は多いようです。近代的で美しく、どの国から来た人であっても大きなカルチャーショックを受ける...
オアフ島の「あの名所」がついに取り壊し、撤去されました。ガイドブックにも載らない場所なのに、なぜか観光客があとを絶たない理由。それは、超スリリングな立ち入...
アメリカ人女性のDeliberate Wanderer氏(blog,http://deliberatewanderer.com/)は、旅行先のインドで、カ...
六本木・森美術館で6月11日(日)まで開催中の『N.Sハルシャ展-チャーミングな旅-』が、SNSに特化した(とも思える)独特の手法で展示をし、観客を集め、...