気持ちのいい毎日を過ごすために心がけたい「5つのマインド」

つらくて逃げ出したくなった時や、悲しい想いが襲ってきた時──
そんな気持ちをスパっと切り替え、いつもご機嫌でいられるようにナビゲートしてくれるのが、
ANA(全日空)で25年間トップCA(客室乗務員)として活躍していた里岡美津奈さんの書籍『いつもご機嫌な女でいるためのちょっとしたコツ』。その中から、毎日を気分よく生きるために心がけたい
ことを厳選して紹介しましょう。

01.
どんなことも
「想定内」と受け止める

70fbe5092e84a11767dd3b538454a8fa1b695c0c

「仕事で大きなミスをしてしまった」「些細なケンカのはずが恋人に別れを切り出されてしまった」など、悪いことだと感じる出来事は人それぞれです。

でも私が「最悪だ」と思うのは、命を取られることぐらいです。 そう考えたら、今、起きていることはどんなことだろうと「大丈夫。命を取られたわけじゃないんだから」と自分を納得させることができるのです。

何が起きても想定内。うまくいったときもいかなかったときも、想定内。この考え方を、私は「想定内理論」と呼んでいます。

以前、信頼していた人に仕事上で不利益を負わされそうになったことがありました。 このときも、発覚直後は腹立たしく、また悲しい気持ちはありましたが、「どんなことも、世界中のどこかを探せば同じようなことはあるのだから」と思って、気持ちを切り替えたのです。 何事もしょせんは想定内のこと。そう思えば、ひどく落ち込むこともなく乗り切れます。

02.
ネガティブをポジティブに
置き換えるのは簡単!

「ネガティブ思考」は単なるクセ。 その考え方をポジティブに変換すればいいだけです。

例えば私は今、肩を痛めていて左肩が思うように動かせません。一過性のものだとは分かっていますが、半年以上経っても治らず、ふとした拍子に激痛が走るのです。 ただモノは考えようで、確かに痛いのは煩わしいけれど、幸いにも左肩のみですんでいます。 そう思えば、「左肩だけで良かった」と安堵します。

ネガティブに感じた表現を、ポジティブに置き換える練習をしてみてください。「マザコン」は「母親思い」、「優柔不断」は「思慮深い」、「応用が効かない」は「基本に忠実」など、ポジティブに解釈し直すことはいくらでもできるのです。

03.
「優しく微笑む」を
実践してみる

B0086892f49b97ba6e60856067d326d086cf243e

今の自分を好きになるために、誰でもできる方法があります。それが、微笑むことです。 私は20代で失恋した時、翌日、出勤途中のモノレールの窓に映る自分の顔を見て、愕然としました。

前日に泣いたせいで、目が腫れていて、全体的にふさぎこんだ表情でした。このとき「今の私の表情は好きになれない」と強く思いました。 同時に、「私は笑顔でいるほうが断然良い」と分かりました。

毎日笑顔でいる人は、他人からもとても魅力的に映ります。 笑って過ごすことで、少しずつ自分のことを好きになれると思います。

04.
自分のモノサシで
判断しよう

Cf5a297511e51f2ee2837b14b6e72058656db372

ご機嫌に生きていくために必要不可欠なのが、自分のモノサシで生きることです。自分のモノサシで生きるには、世間の常識や他人の評価に翻弄されない姿勢が肝心です。そのためには自信を持つことが基本になりますが、自己肯定感が低い人ほど他人と比較しがちです。 自分のモノサシで判断できないから、「あの人が言ったから大丈夫」など、他者承認を求めずにいられません。

「右にならえ」のほうがラクかもしれませんが、他人のモノサシで自分の幸せを決めるのには限度があるのです。

他人は他人、自分は自分。世間の常識や他人の価値観は参考程度に、最後は自分のモノサシで判断できる人を目指しましょう。

05.
欲しいものが手に入らなくても
次の出来事を楽しみに

私がANAの就職試験で、面接官を務めていたときのことです。 一次試験は5人1組の集団面接でした。私を含め2人の面接官が対応しますが、これは5人の中から1人を選ぶ面接でした。目に留まったほんの一握りの学生の名簿だけに◯をつけるので、ほとんどの学生は、この段階でふるい落とされてしまうのです。

私とペアを組んだ男性の面接官は、「学生がかわいそうだね。ほとんどが落とされちゃうんだから」と言いました。私は、「かわいそうなんて、おこがましいですよ」と返事をしました。「CAになれなかった人は、面接で落とされたからこそ、CA以上に輝ける可能性のある職を得るチャンスを掴めたということです。より自分らしい人生を歩めるということですよ」と。

私は、何か欲しいものが得られなかったときは、それには必ず意味があると思っています。その流れに逆らわず、「今以上に素晴らしいものが手に入るのだ」と思っていればいいのです。

『いつもご機嫌な女でいるためのちょっとしたコツ』著 里岡美津奈

ご機嫌な人のまわりには、幸運も人も集まってきます。とびきり「ご機嫌」な人生を送る秘訣は、いつも「ご機嫌」でいること!皇室や各国国家元首などVIPを担当した伝説の元トップCAが教える、不機嫌を断ち切り、ご機嫌な毎日にシフトする最強の引き寄せ法則が詰まっています。

誰もが、充実した毎日を過ごしたいものですよね。「The Mission」のライター、ベンジャミン・P・ハーディーさんは、自分の意識次第で、毎日の過ごし方は...
「今年こそは!」と思っていたはずなのに、気がつけばもう2016年も残りあと2ヶ月と少し。平日は仕事、オフは家族との時間も必要なビジネスパーソンは、忙しい毎...
「Higher Perspective」にポジティブに生きるための5つの習慣が掲載されています。自分をネガティブだと捉えている人たちの中には、前向きになり...
どれだけ些細なことでも、だれかの優しさに触れると、心はほっこりとするもの。そんな日々の小さなしあわせに気づくのも大事なことですが、自分からそのしあわせを作...
突然ですが、あなたは今の生活に満足していますか?ちょっと考えてしまった人は習慣を見直してみるといいかもしれません。ここでは、ライフスタイルを中心とした情報...
日常で起こる何気ないできごとでも、知らず知らずのうちにマイナス思考になっていませんか?でも、物事のどこにフォーカスを当てるかによって、その感じ方は大きく変...
少しでも今ある自分、現状を変えたいと思っていても、どうしたらいいのかと頭を捻る人は多いはず。「I Heart Intelligence」の記事は、そんな人...
「日常がなんだか物足りない」「今よりもっと楽しい毎日を送りたい」と思っている女性には読んで欲しい、というか読むべきです!ここでは、美LIFEクリエイターの...
なんとなく過ごしている毎日。ちょっと意識を変えるだけで、もっと幸せな1日に変わるなら試してみたいものです。「Elite Daily」のライター、Sonya...
「私はポジティブな習慣の力を強く信じています」。そう語るのは、「Inc.com」の人気ライター、Nicolas Coleさん。大切なのは、夢の実現に向かっ...
気持ちのいい一日は「朝をどう過ごすか」にかかっています。「Inc.」に寄稿する女性起業家のElle Kaplanさんが提案する、ちょっとした朝の習慣を生活...
「仕事も終わった。さて、プライベートタイムだ♪」とはいえ、翌日に向けてのエネルギーを養う時間でもありますから、適当に過ごすだけじゃいけません。美LIFEク...
いつも物事を一歩前に進めてくれるポジティブな人って、一体どんな共通点があるんでしょうか?その考え方を参考にすれば、前向きな行動ができるかも!1.座右の銘は...
成功に近づくためには、毎日の習慣が大切です。「Inc.com」のライターNicholas Coleさんは、充実した毎日にするために「今すぐやめるべき12の...
心と体を美しく保ち、仕事もやりたいことも全うしたい、と願うあなたへ美人で仕事もできる人がいる。 そんな人に出会った時、両方を実現するなんて「私とは違う特別...
出逢った当初は「なんて素敵な恋人」と思っていても、時が経つにつれ、徐々に相手のネガティブなところが気になってくるもの。「Negative Sentimen...
いつも笑顔でいる人の周りには、自然と「いいこと」が引き寄せられます。まわりがいい「気」のようなもので満たされていくのです。人の悪口ばかり言っている人にはチ...
毎日のように暗いニュースに触れる日々。ポジティブでいようとしても、「またこんなニュースか」「将来どうなるんだろう」とマイナス思考になってしまうのも無理はあ...
1日の過ごし方や仕事の進め方で無駄を感じること、ありませんか?体をリフレッシュさせたり、モノや情報の整理することで、案外思考までもクリアになり、無駄が改善...
朝の「23分」を有効活用することで、1日がうまくいくメソッドがあると言います。いつもは出発の5分前にベッドから飛び出すあなたも、このために早起きしてみまし...