2018年販売開始?「家庭用飛行機」時代が本当にやって来る、かも

いよいよ、「自家用飛行機」時代の幕開けとなるかもしれない、革新的な航空機開発が大詰めを迎えているようです。それも電動式で駐機場も不要だとか。ここで話している自家用は、本当の意味で“家庭用”なんですって!

欧州宇宙機構の肝いり事業
二人乗りVTOL機が誕生

Medium 47af5470a6ae93487ccdafca3d96d0aede424868

コックピットに羽根が付いただけのような、この機体。これが今世界が注目を集める二人乗り垂直離着陸機(VTOL機)です。垂直離着陸機と聞いて米軍の最新鋭輸送機、あのオスプレイをイメージした人、正解。「Lilium Jet」も同じように排気を噴出するダクテットファンを搭載し、動力としています。

開発チームには、ドイツ・ミュンヘン工科大学の航空宇宙エンジニアやプロダクトデザイナーらが結集。ロボット工学に超軽量構造を取り入れた電動小型飛行機は、欧州宇宙機構(ESA)が事業創出支援を継続的に行い、開発が進められてきました。言うなれば、欧州テクノロジー分野の肝いり事業のひとつとも。

最高時速400キロ
移動可能距離500キロ

Medium 955cc6a49301b24bbb3e89c7509deac8a78d20e5

家庭用、小型といえど、もちろんスペックは充実レベル。たとえば、最高時速400km/h(巡航速度は約300km/h)、移動可能距離は500km、積載量は200kgまで。

操縦のためのライセンスは、レジャー用小型航空機にあたるLSA(ライト・スポーツ・エアクラフト)が必要となります。20時間のフライト訓練と筆記、実施試験をパスすれば免許取得。それでも操縦が不安……という人だっているでしょう。でも、離着陸時のLilium Jetは、不慣れな人にも安心(?)のコンピューター制御による自動運転機能付だそう。

Medium d4824a6619bdd90b16a5dcccf7748f8f73ad4496

当然ながらその注目度は高く、「Popular Science」によると、両翼は折りたたみ式を採用しており、羽根をたたんだ状態で行う離着陸は、だいたい15m四方のスペース(小型ヘリに相当)があれば十分飛び立つことができる、と説明しています。

ヘリコプターより安全?

Medium 7dcedfbe256f560cfa0e428f4548a63cbaee5e14

謳い文句は「ヘリコプターよりも安全」。さらには、電気バッテリー式で減音効果を高める設計がなされていたり。自家用ジェット機という、あのゴージャスなセレブ感がほとんど感じられないのは、そのフォルムなのか、それとも「自家用電気飛行機」というほんわかイメージが先行してか。

2018年発売予定って、
本気度高すぎっ!

Medium aaf5305e2d2ccaefc465790285d4753ad7023198

開発チームは、2017年内にプロトタイプの飛行実験を予定。まだ、価格については触れられていないものの、2018年の受注販売に向け、すでに公式サイトに発売までのカウントダウン時計を表示するなど、本気度の高さが伝わってきます。

いつの日か、見上げた空に自家用飛行機がビューンと、当たり前のように飛んでいる。そんな未来がもうすぐそこまで、実際に来ているんですね。

Licensed material used with permission by LILIUM
食べ残しなどから堆肥をつくれる「コンポストボックス」の進化版が開発されました。生ゴミや動物の糞から出る「バイオガス」を抽出し、キッチンのガスコンロで利用で...
沖縄の人口の1割は、何が起きても救助されない沖縄の人口の約1割は、たとえ重体で命の危険に晒されていたとしても救助されない。医師がいないため、助けに行くこと...
飛行機のセーフティビデオといえば、淡々と安全事項が流れていくイメージがありますよね。飛行機に乗り慣れている人は、あの単調な映像に飽きてしまって、見るのが億...
チューブ型列車システム「Hyperloop Alpha」は、テスラモーターズのイーロン・マスクが考案し、2013年にオープンソースとして発表した新しい長距...
ハーブやトマトは比較的簡単に育てられるけど、いろいろな野菜を自家栽培しようと思ったらたいへん…。ところがどっこい。家庭菜園は自動化できるのだ!ひみつ道具み...
夫婦共働きが当たり前の現代社会。そんな中で、結婚相手として女性から支持を集めるのは、いわゆる家庭的な男性です。夫婦共働きとなると、家事や育児に協力的な男性...
年末年始、飛行機に乗り遅れそうになって焦ったりしませんでしたか?たとえば、まだチェックインの最中なのに「フライトまであと5分」という最終の搭乗アナウンスが...
人間の皮膚のように、ダメージを負っても自己修復する「飛行機」。そんなにわかには信じ難い技術が発表された。英・ブリストル大学の航空宇宙工学研究チームが開発し...
身につける服と同じくらい、いや、それ以上にこだわりたいのが「バッグ」というもの。どれだけ上質なジャケットを着て、シルエットの美しいパンツを履いていようと、...
月額固定料金の定額サービスが、ついに飛行機にも!アメリカの航空業界に定額制を導入した企業に、いま注目が集まっています。出張向けではありますが、どれだけ乗っ...
いつの間にか飛行機に潜り込み、気づいたときには大空を飛行中―。そんな人騒がせなネコちゃんに、世界が釘付けになりました。舞台は仏領ギアナの航空学校。今だから...
えっ…これが本当に、あのロボット掃除機のネクストバージョンなのか?その衝撃的な見た目に、我が目を疑った人もいるかもしれない。ただの車のおもちゃかにも見えな...
「The New York Times」「Time」などなど、これまでに数々の媒体でイラストを描いてきたクリストフ・ニーマン氏。ポップで知的な作品が人々に...
男性に理想の女性の好みを聞くと、決まって返ってくる答えが「家庭的な女性」。料理や洗濯、家事をそつなくこなす女性像を思い浮かべる人は少ないでしょうが、実際「...
夢に出てくる飛行機には、一体どんなメッセージが隠されているのでしょう。飛行機はチャレンジ精神を表しているのですが、飛んでいる飛行機を見る場合と自分が飛行機...
ここは、カリブ海にあるセント・マーチン島マホビーチ。真隣に空港があるので、人々の真上をジャンボジェット機が通っていき、吹き飛ばされるぐらいの風が起こるそう...
搭乗予定だった便が遅延していることをネットで知り、数時間遅れて空港へ行った3人の女性。到着してみると、他の乗客はみんな一足先に別の飛行機に乗ってしまったと...
一家に一台。安くて簡単に使える、そんな淡水化装置のデザインが話題です。「Eliodomestico」は、海水を釜に入れて1日放置しておくだけで、飲める水を...
2016年7月、ルワンダで輸血用血液などを含む医薬品を、ドローンで輸送する取り組みが始まる予定です。「The Verge」によれば、将来的には各病院からテ...
人工知能(A.I)は、手料理までを奪い去ろうとしています。利便性を追求した結果、ロボットアーム付きのシステムキッチンなるものが登場。しかも、あのトップシェ...