重ねて塗るだけ! 大人気の「ビスケットケーキ」3選

ケーキを作りたいけれど、手間がかかりすぎるし、失敗がこわい……。そんなふうに感じたことはありませんか? いま流行りのビスケットケーキなら、超カンタンで、オーブン要らず。基本はビスケットとクリームを重ねるだけで、お菓子作り初心者の方にもオススメです。

ブルーベリーシャンティの
ビスケットケーキ

5831d4a8bc208c550c96e91632e0a26306c051f2

紫色のクリームが印象的なケーキです。ブルーベリージャムの甘酸っぱさと濃厚な生クリームのバランスがよく、上品な味わいですよ。

【作りやすい分量】
ビスケット:20枚
生クリーム:200ml
ブルーベリージャム:大さじ2

【作り方】
①ボウルに生クリーム、ブルーベリージャムを入れて8分立にする。
②ビスケット、①の順に重ねていく。(ビスケットに塗る①の量はティースプーン山盛り1杯程度)
③表面に残りの①を塗り、冷蔵庫に3時間おく。
④斜めに切り分けて器に盛る。

抹茶クリームあずきの
ビスケットケーキ

Ff91d195f718f8668aba6002c73b67cbbdbf7f07

抹茶×あずきの間違いない組み合わせです!抹茶のほろ苦さがあり、大人の味ですよ。お好みで刻んだ甘栗をクリームに混ぜてもおいしいです。

【作りやすい分量】
ビスケット:20枚
生クリーム:200ml
抹茶:大さじ1
砂糖:大さじ1
粒あん:80g

【作り方】
①ボウルに生クリーム、抹茶、砂糖を入れて8分立にしたら半量に分け、半分のクリームには粒あんを混ぜる。
②ビスケット、①の粒あんを混ぜたクリームを順に重ねていく。(ビスケットに塗る①の量はティースプーン山盛り1杯程度)
③表面に①の粒あんを混ぜていないクリームを塗り、冷蔵庫に3時間おく。
④斜めに切り分けて器に盛る。

メープルヨーグルトと
ココナッツのビスケットケーキ

C83af897591b706fd89c7003e251e434cbd1fcc6

ココナッツの香りに淡いメープルシロップの甘みが合わさった風味は最高!濃厚ながらもヨーグルトの爽やかな酸味がアクセントになっていてメリハリのある味わいです。

【作りやすい分量】
ビスケット:20枚
生クリーム:200ml
砂糖:大さじ1
メープルシロップ:大さじ1
ヨーグルト:大さじ2
ココナッツロング:10g

【作り方】
①ボウルに生クリーム、砂糖を入れて8分立にしたらメープルシロップ、ヨーグルトを加えて混ぜる。
②ビスケット、①の順に重ねていく。(ビスケットに塗る①の量はティースプーン山盛り1杯程度)
③表面に残りの①を塗ってココナッツロングをまぶし、冷蔵庫に3時間おく。
④斜めに切り分けて器に盛る。

まるでスポンジケーキのようなふわふわ感で、ビスケットを使用していることを忘れてしまいそうになるほどです。簡単に作れて見た目が洒落ているので、おもてなしメニューにもぴったりですよ。お菓子作り初心者の方にチャレンジしてもらいたい!

フードクリエイティブファクトリー
「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した企画制作チーム。食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、イベントなどを手がけています。
ロシア人パティシエ、Olga Noskovaさんのケーキが海外メディアやSNSで話題。なぜかというと、まるで鏡のごとく光沢がーー。つやっつやのピッカピカ!...
フランスで「魔法のケーキ」と話題を集めたレシピがあります。混ぜて焼くだけの楽チン工程。シンプルなレシピなのにスポンジ、カスタード、フラン(フランスのプリン...
アメリカでは、アイスクリームショップだけでなく、レストランやダイナーでも色とりどり、形もさまざまなアイスクリームケーキが販売されています。1カットだけ食べ...
ビジュアルは、どこからどう見てもデコレーションケーキ。でも、その実態は…これは、見て楽しい、食べて楽しい、笑顔があふれる新しいかたちのサラダ「ベジデコサラ...
昔から親しまれているビスケットとクッキーとサブレですが、この3つの違いってなんだか知っていますか?  いざ明確に違いを説明して欲しいと言われると、違いを明...
カナダのバンクーバーに住むケセニア・ペンキナさんが作るのは、まるでガラスでできたように表面が反射している、鏡のムースケーキ。彼女のInstagramを見る...
この、美味しそうにデコレーションされたチョコレートケーキが、いまからクルクルと回転していきます。すると…メチャクチャ不思議!楽しい仕掛けがぎっしり詰まって...
世界中にデザートは数あれど、これほどシンプルで素朴な味わいなものは、そう多くないはずです。「ナティーヤス・ピウラナス」という名のアルゼンチンのプリン。黒砂...
スペインの高級パティスリー『bubó Barcelona(ブボ バルセロナ)』が、東京に日本第1号店をオープンすることになった。オープン日は、バレンタイン...
南極の冒険者を支援する団体「Antarctic Heritage Trust」が、100年前のものと見られるフルーツケーキを発見しました。ブリキの箱に入れ...
小さな八百屋「ミコト屋」が扱う果物は、1年中手に入るわけではありません。そんな旬の時期にしか出会えない、とびきりおいしい果物を使ってケーキをつくる「MER...
みんな大好きな、いちごのショートケーキ。いつもの食卓も、このコが出てくるとぱっと華やぎますよね。でもスポンジを焼いて、クリームを泡立てて、と作るのは一苦労...
インドネシアのジャカルタにある「Le Novelle Cake」は、オーダーメイドで豪華絢爛なケーキを作るベーカリー。その作品はどれも豪華絢爛、繊細優美...
アメリカに今、「地味婚」の流れがある訳ではないでしょうが、お金をかけず自分たちで手づくりするウェディングは、むしろ彼の国の方が歴史は深いはず。ガーデンパー...
61年前と同じ“種類”のケーキではなく、正真正銘そのときにつくられたものの一部を今も食べ続けているのだそうです。えっ、だ…大丈夫なの!?アンさん(82)と...
カラフルでぱっと華やぐお花もいいけれど、ぷくっとした肉厚に癒やされる多肉植物の魅力も捨てがたい。ガーデニングのこと?いえいえ、違います。 「ケーキ」の話で...
ブルックリン発のベーカリー「BAKED」の代表作は、ダークチョコレートを使ったブラウニー。フランス料理協会ベストデザート賞など数々の賞に輝くこの味を...
甘いものが大好きな人も、普段そんなに食べない人も、カラフルで気分の上がる「SWEET TOAST」は、ステキな1日のはじまりにぴったり。誰もが食べたくなる...
「クロナッツ」、「フローズンスモア」、「クレームデュラコーン」、これまで数多くのメディアがどれだけドミニクアンセルベーカリーを紹介しても、ユニークすぎるお...
辛く悲しい失恋。そんな苦い記憶も、ニューヨーク在住のデザイナーIsabella Giancarlo氏の手にかかれば“甘い思い出”に大変身!その方法は単純明...