マリネなんて意味がない!?達人が「バーベキューあるある10選」を科学的にバッサリ

Meathead Goldwynさんは、世界で最も有名なバーベキューサイト「Amazing Ribs」の編集者で、科学的な観点から調理法などを紹介する『Meathead, The Science of Great Barbecue and Grilling』を上梓した、いわばバーベキューマスター。その彼が、「バーベキューでやってしまいがちな10の勘違い」を科学的に説明しています。

01.
手をかざしたって
温度はわからない

Medium e5908d4da8abf7515a4b922e33737f20f52a4324

プロの料理人もよくやっているけれど、全くもってナンセンス。コンロの上で手を広げて「1001、1002…」なんて、燻製になっちゃう。人それぞれ熱いと思う感覚は違うでしょ。

02.
グリルを熱くしても
肉に火は通らない

グリルで表面をよく焼きたい時は、「直火」と、対流熱で火を通す「遠火」ができるように2つの温度を準備しよう。ガスの場合は片方の火を消しておく。炭火の場合は片方に炭を寄せて、もう片方は開けておく。これで温度コントロールができる。

厚く切った肉を焼くのにいい「リバースシール」っていうテクニックを紹介しよう。これは、だいたいの厚切りの食べ物には使える。まず、遠火の方でゆっくりと温め、煙であぶる。これで、スパイスからは得られないエレガントな香りが付くんだ。ゆっくり肉を温めることで酵素が働き、肉を柔らかくしてくれる。

03.
表面から焼いても
肉汁は漏れていく

Medium 0a140f8981ae6c480078dcf68b1d87e827842cf8

肉は約70%が水分で出来ていて、そのほとんどが数千ある細長い筋組織の中に閉じ込められている。肉を温めると、その肉汁を絞り出していることになるんだ。調理中に垂れたり蒸発するけれど、それは止められない。ジュージュー聞こえるのがいい?それは熱された金属に水が落ちているだけだよ。

茶色く表面が固まった肉はとても美味しそうに見えるけれど、ただ高熱で表面が乾燥しただけ。表面を焼いたものとそうでない肉を同じ温度で料理した結果は、表面を焼いた肉のほうが軽かったんだ。

04.
マリネは
肉を柔らかくしない

表面だけにしか意味はないよ、特に厚く切ったものにはね。肉はたんぱく質のスポンジに水分が染み込んだもの。他に水分が入る余地なんてないのさ。味の分子に関して言うと、塩は水分を含むと細かくなって肉の中まで浸透するんだけど、砂糖やにんにく、こしょうなどは分子が大きいので表面の毛穴から入っていかないんだ。一晩置いたとしても、2cm以上浸透することはほぼない。

05.
肉から出てくる
ピンク色の液体は
血ではない

肉汁って、単に水分と色のついたたんぱく質・ミオグロビンから出来ているんだ。この成分、決して血流からは見つからないよ。もしそれが血だったら、君の血の色と同じ濃い赤のはず。この液体のことを「血」って呼ぶなら、ティーンエイジャーはベジタリアンになっちゃう。

06.
チキンから透明の液体が出ても
火が通ったとは限らない

これを信じていると、焼き過ぎたり、運が悪いと一晩トイレにいることになったり、さらに良くないケースだと救急室で過ごすことも…。肉汁は、さっきも言ったようにミオグロビンだ。この成分は調理されると構造が変わり、分子が変化してピンクじゃなくなる。でもね、ミオグロビンの色が変わるのに、決まった温度はないんだ。

それよりも大切なのは、筋肉のpH値。遺伝子によっても違ってくるし、屠殺された時のストレス、気温なんかも関係してくる。いろんな要因が重なるから、一概には言えない。でも、肉が低温殺菌法で処理されていれば、80〜85度で調理しても、肉汁がピンクでも大丈夫。

つまり、色で判断するのは危険。大切なのは温度。

07.
まめにチェックしたって
何も変わらない

Medium ce0965d2adb04182abe09668925d183cb2fd10d6

ひんぱんにオーブンを開けたりしてない?そんなことしても何にも変わらないよ。せっかくのあったかい空気が外に出ちゃう。このあったかい空気が肉の外側から内部までじわじわ火を通してくれているんだ。肉は70%が水分で出来てるって話はしたよね。水分は空気より保温率が高いんだ。

ボストン大学のグレッグ・ブロンダー物理学食品学博士のテストによると、ドアを大きく開けた時、肉の表面温度には少し影響があったけど、内部の温度には何の影響もなかったんだ。つまり、オーブンで焼くなら温度計を刺して、ただ待つのみ。

08.
「煙もくもく」は
意味がない

Medium ec8337a4839839a9928c21f1ad261f060a3e78cd

多ければいいってもんじゃないんだよ。煙は細かい粒子と、小さくて熱い、早く燃えている火で出来ているから、周りが見えなくなるんだ。白い煙は空気が欠乏していることで起きる現象。青い煙は食べ物の味を良くしてくれるよ。

09.
「BTU」は
熱さと比例しない

BTUーこれは主にアメリカで用いられている熱量の単位で、英熱量と呼ばれる。

この計算は、圧力、栓の開き、種類などを元にしている。BTUが高いほど燃料が必要になるけれど、熱くなるわけじゃない。

ものすごくスピードが出る車で買い物に行ったとしよう。1キロあたりのガソリン量って、その車の速さを表しているわけじゃないよね。そんな感じ。

10.
網にオイルを塗っても
肉はくっつく

たくさんのバーベキュー本に書いてあるけど、うまくいく時とうまくいかない時があるんじゃないかな?これは、網の温度と関係してるんだ。

さっきのブロンダー博士によれば、油を網に塗った時、油が煙になる温度より低い場合、たんぱく質と脂肪をはがすのに役立つけれど、煙になる温度を超えてしまうと、油はほぼ瞬時に炭化するのだそう。これが、網と肉をくっつけてしまう原因なんだって。

Licensed material used with permission by AmazingRibs
手ぶらで行けるスポットが続々オープンするなど、日本でも人気が定着した感のあるバーベキュー。「grubstick」で料理の幅を広げてみませんか?5つのアタッ...
非日常的な空間で、ホンモノのバーベキューが楽しめる「REALBBQ PARK(リアルバーベキューパーク)」は、2時間半、1組限定の完全予約制。そう聞いただ...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、肉と魚を調理する...
揚げてから時間が経ってしまったフライドポテトの残念さったらありません。ま、あれはあれで美味しいという意見もあるでしょうが。で、その残りものポテトでもおいし...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。そんな切り口で1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、世...
野菜のマリネは、保存性を高めることができるため世界各地で用いられている料理法。ところが、ひと口にマリネといっても、地域によってその特色はさまざま。たとえば...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
トルコ語で「はらわたを裂く」という意味を持つ料理があります。それがカルヌヤルク。何だかおどろおどろしい名前ですが、裂くのはナスのお腹。日本でおなじみ「ピー...
大自然のなかで食べるごはんのおいしさといったらない。そのために山を登る人だっている。道具や素材が限られているのに、食べ慣れたものでさえいつもより感動してし...
あんな料理やこんな料理、フライパンひとつでいつもの料理が作れると洗い物も減るし、時短にもなります。ここでは、いつもはハードルが高かった“あの料理”をフライ...
飲み会などで余ったビール、どうしていますか? 捨てている人も多いとは思いますが、もったいない。余ったビールは料理の幅をぐっと広げてくれるのです。まずは基本...
手づくり餃子における意外な落とし穴は、あんと皮のバランス。なぜかいつも皮だけ数枚余ってしまう。みたいなことありませんか?ところがこの餃子の皮、使い方次第で...
思わず、皿の上に手が伸びてしまいそうなくらい、美味しいディナープレートのご紹介。スマホの画面を通しても、いい香りが鼻先に届いてきそうな、この雰囲気が伝わり...
もしも、魚が夢に出てきたら…そこにどんな意味があるのでしょう。海や川、湖を泳ぐ魚たちには、あなたの日常生活とリンクする意味合いがあるようです。種類別に解説...
冷蔵庫の片隅に、使い切れずに眠ったままのジャムはありませんか?朝食のトーストに毎日使っていても、なかなか減りませんよね。そんなあなたに知っておいてほしいの...
BBQをただ焼くだけでは芸がない。でも、凝った料理は難しい…。というような場面で活躍必至の一品を紹介します。用意するのはベーコンと玉ねぎだけ。本場アメリカ...
さぞかし情熱的な一皿をイメージしてしまいそうな料理名ですが、これはデンマークのおふくろの味「ブランデ・キャルリフ」を和訳したもの。つまり、情熱的な“燃える...
ステーキ肉を焼いてみたら思ったよりも固かった、なんてことがありますよね。そんな時に機転を利かせてトライしたい料理を紹介します。南米ボリビアの名物「シルパン...
グラタンの味を左右するのは、ひとえにホワイトソースづくりです。ゆるすぎたり、焦がしてしまったりをいかに防ぐか、そこにこの料理の奥深さがあるわけです。が、フ...
これは「スペッツァティーノ」という名のイタリアン。肉を切ってさっと煮込んだ料理という意味なのですが、これをマンマの要領でちゃっちゃとつくるのは、慣れていな...