10代で母となり、23歳で癌と宣告されたブロガー。彼女がたどり着いた「生きていくうえで本当に大切」な12のこと

10代で母となり、23歳で乳癌と宣告され、今なお再発の恐怖と闘いながらも自分らしく前向きに生きることを、決して諦めない女性ブロガーEmily Lingenfelser氏。

YourTango」に掲載された彼女のメッセージは、私たち一人ひとり、「精一杯生きる」ことの意味を自分自身に問いかけ、改めて見つめ直してみたくなる内容です。以下、母であり女性であり、一人の人間としてのLingenfelser氏の言葉をそのままに。


一度っきりの人生だからこそ、「生きている!」と実感できる経験を積んでおきたい。

58e51c1ed1f9fd796f1f6a23ee7f97c2b8ddc4b7

以前、私が更新していたブログに「人生でやりたいことリスト」を一度書き留めたことがある。それは、医者に「癌である」と宣告され、闘病していたときに書いたものだ。

別に悲壮感漂う内容を並べたかった訳ではない。けれど、それまで何の意味も持たないように思えた当時の自分自身に、命あるうちに少しでも彩りを与えておきたくて、自ら書き上げたものだった。

そこから幾つかを実際に成し遂げ、やりきったものには線を引き、次に「やりたいこと」を目標にしながら日々を送った。だが、そのリストを見返してみて、なぜだかあまりワクワクしてこない自分がいた。今にして思えば「本当にやりたい」という大切な情熱が、すっぽり抜けていたのかもしれない。

そのことに気がついたのは、地上20,000フィートの空の上、太平洋岸北西部の自宅へ戻る帰路の途中。大好きだった彼も、自分の心も置きっぱなしにして、衝動的な旅へと飛び出したのは、今から一ヶ月前のことだった。


自分の人生になんらかの「意義」をもたらしたい。人生に「生きる意味」が欲しかった。だって、人生を目一杯楽しまないのなら、闘病する意味なんてないでしょ?

963c0a89270d3bebae3615836bb92326d3f70ec4

ジャンボジェトの窓から見る世界は、まるで別物に見えた。見慣れている世界に比べて遥かに小さい。けれど、そこまで恐怖も感じない。巨大な都市は、光の粒でしかないし、見分けのつかない形を象っているだけ。眼下に広がる雲は自宅の枕と大して見た目だって変わらないのだから。

思い起こせば、初めて飛行機に乗ったのは21年前のこと。母親の膝の上にちょこんと座り、窓に映る景色に驚きを隠せなかった。「雲の上を飛んでる!」そんなことを思ってた。まだ何も知らない子どもだったからか、一ミリも怖くなかった……。

あの頃の気持ちに戻って、はるか空の上で自分が本当にしたいことをリストにしようと決心した。終わったら線を引くだけのリストではなく、後々、それぞれの体験を思い返したとき、“自分の糧”にできるようなリストを。いろいろなしがらみで埋もれてしまった、本当の自分を取り返すために。


心に留めておきたい12のこと

01.
たくさんの本を読むこと

Be426a4d0a25472c2386bf6763c2d906d8af134a

一冊でも多く、無我夢中にページをめくり続けられる良質な本に出会うこと。


02.
不安やストレスを減らし
流れに身を任せること

心が叫んでしまう回数を極力減らし、ストレスや不安を感じる場面に遭遇しないように心がけること。大きく息を吸ってリラックス、ときには流れに身を任せることも重要。上手くいかなくたって、それがすべての終わりじゃないことを理解しなければいけない。

03.
口にしたくないことも
言葉にする勇気を持つこと

3ee448ab7ce4bef6b3c9d0dbd506a10bc856d792

本当は口にしたくないこと、口に出してはいけないような内容であっても、それを言葉に出す強さを持とう。自分の本心を偽るよりも、本心を探って、言葉で文章で表現する人になるように。

04.
趣味も大事。でも、
大人としての責任感も必要

自分の趣味に費やす時間と、責任のある大人の女性でいることのバランスを常に撮り続けること。そして、どちらも十分に楽しめるようになろう。

05.
愛をあきらめるな!

F418c6c5bc8a2b1d16b7f158985d22f742bd9b9b

いつ、何時、何があろうとも「愛」を諦めてはいけない。自分の感情を隠さないこと。

06.
「いい人」の意味を知ること

いい人になるために、しっかりと努力を注ぐこと。毎日自分の信じるいい行動で振るまい、いいことを実現する。こうやって、日々いい人になることを目指す。世界をもっと知るために。

07.
いつでも「冒険」に出ること

0b487cf0a08988d56659ac3c953b90ba4d94d6fd

周りにあるしあわせを、しっかりと拾い集めよう。そのためには、旅をすることだ。冒険心を捨ててはいけない。世界には、まだあり余るほどの感動が私たちを待ち構えているのだから。

08.
自分をもっと好きになること

自分を好きになる。これを一生止めてはいけない。本心では変えたいと思うことろや、実際は隠しておきたいと思うような、あなたの欠点や秘密ごと、みんな愛してあげることだ。

09.
My Sweet Home
人生の“より処”を見つけること

03a62982c8fb39e8383e861672e087d813e6f3d3

ここが「我が家」と呼べるところを見つけ、大切にしよう。

10.
感情にフタをしてはいけない

自分の大切なひとに「大好き」をもっと言うこと。伝えたいからこそ口する訳だから。

11.
他人の意見に
一喜一憂しないこと

D741d800bde4c864d82db5aef9707735c5c400c2

たとえば、誰も見ていないかのように踊り狂う。他のひとがどう思ったっていいでしょ?他人の意見に飲み込まれて自分を見失わないで。人生は一度っきり。だから自分を疑わせるヤツらはクソくらえ。クソくらえ。クソくらえ……。

12.
夢見ることに真剣であれ

 夢を見ることを決して止めてはいけない。そして、自分が本当に追い求めているものを絶対に諦めないこと。努力を注ぎ続ければ、必ず報われることがあると信じ続けることだ。

Licensed material used with permission by Your Tango
自分の人生をどう捉え、どう演出していくか。節目の年齢、40歳を迎えたライターCat O'connor氏は、20代、30代に向けてアドバイスを送ります。彼女...
誰にだって、生きていればどうしようもなく落ち込む瞬間が訪れます。そのなかでも最もつらい経験のひとつが「身内の死」かも知れません。ここで紹介するのは、大学時...
もうすぐ21歳になるというライターのRachel Fernieさん。彼女の記事が人気メディア「Elite Daily」で話題になっているのでご紹介します。...
シカゴ生まれの女性ライター、Marisa Donnellyが書いた「Thought Catalog」の記事を紹介します。男性といえば、女性を追いかけるとい...
ことば、愛、友情、そして幸せ。いずれも人生における大切なキーワードですが、忙しい毎日のなかでは、つい見失いがちです。そんなときブッダの教えは、本当に大切な...
「人間は、自分が幸福であるということを知らないから、不幸なのである」とは、 ドストエフスキーの言葉。幸せは、何気ない日常の中にあります。普段気づいていない...
傷つくのが怖いのは、誰だって一緒です。でも、それを理由に恋愛が全力で楽しめていないのは、とてももったいないこと。だって恋愛は、心を開けば開くほどしあわせを...
結婚や出産にも“適切なタイミング”というものがあります。とくに女性は結婚に焦る傾向がありますが、果たして、無理をして急ぐ必要はあるのでしょうか?人生のタイ...
「我々は他人と同じになろうとして、自分の4分の3を失なってしまう」アルトゥル・ショーペンハウアー(ドイツの哲学者)「Elite Daily」にライターのP...
「Elite Daily」に掲載されていた、女性ライターSamantha Bunさんの記事を紹介します。19歳で最愛の恋人を亡くした彼女が、その経験から学...
平野 宏枝1981年生まれ、ビューティプロデューサー。これまでのキャリアで美容アドバイスをしてきた女性は14万人を超える。顧客の悩みに合わせた「オーダーメ...
「今日が人生最高の日。不可能なんて何もないって毎朝思うのよ」。彼女が頻繁に口にするのがこの言葉。今年で98歳。世界最高齢のヨガインストラクターとして現在も...
「自分」のアイデンティティが生まれる上で、とても重要な役割を担うのは、母親の存在。Robyn Reischさんが「I Heart Intelligence...
学校では多くの物事を学ぶことができる。そこであなたが培った知識や経験は、その後の人生の糧となっていくはずだ。だが人生には、実際に生きてみないと、どうしても...
「reddit」のスレッドには、多くの男性が奥さんとのなれそめを投稿しています。それらをまとめた「WorldLifestyle」Linda Barsi氏の...
10代から20代へ。未成年から成年へ。子供から大人へ。変わるのは年齢だけで、実際感覚的には何も変わらないはず。しかし、世間一般では自立することが求められて...
お金さえあれば、もっと幸せになれるのに…。ふと、そう感じるかもしれません。でも、幸せは身の周りにある些細なことからでも生み出せるものです。大切にすべき「お...
「だって~」「でも~」「どうせ~」「〜だから」…このようにDがつく言葉が口癖だというアナタは注意してください。なぜなら、この前後につく言葉は決まって「言い...
パっとしない毎日が続き、気持ちが後ろ向きになっているあなた。じつは、うまくいっていないと感じるときこそ、チャンスは訪れるものなのです。ここで紹介するのは、...
大学も卒業し、社会人経験も豊富になってきた29歳。さまざまなことを経験し、生きていくうでの知恵も身についているはずです。「Jordan Gray Cons...