全21色!「着せ替えできるサンダル」でカラフルな夏を楽しもう

「おしゃれは足元から」なんて言葉があるように、靴はファッションの大きなポイントを占めるアイテム。薄着の季節はカラフルな色の服を着ることも多く、何を履いたらいいかわからないなんて人もいるのでは。すべてのパーツが「着せ替え」できるサンダル「Dooq」がそんな悩みを解決してくれそうですよ。

組み合わせは自由自在☆

41394242c68254956e651e7c016fd5de42411cc0

ソール、アッパー、ストラップ、ボタンはすべて取り外し&着せ替えできます。

3d69decab0f94b696e5cf77103728132440f4bcb27ac65edbfc4dea7f85b022c5bf0f7ce39c7eb602f39375b8440c79e69a38a6ab75dfac0c9c5df4b

取り付けは「はめる」だけ

54097041efb077026fc61d5d9cf41e8dadd9a69a

色にも特徴が。アッパーとストラップは21色のバリエーションがあり、ゴールド、シルバーからレッド、グリーン、ホワイトなど幅広く、いろんな色に合わせやすそう。

皮の種類はイタリア製の天然、日本製のヴィーガンレザー、イタリア製人工皮革の3種類。ちなみにソールは再生レザーで出来ているそう。すべてのパーツを熟練の職人が作っていて、品質と素材にはこだわりがあります。

A27227d9e88f4f4fe9995da32b3831a6bef8868aEcac6feff97d7875cf54c6c3cf7960e23153000bFb038fb22efbeeffddf76909a712b9913af587c4

デザインも定番で飽きがこなそう。重さは300gと軽めで、旅行にもぴったり!組み合わせを考えるのも楽しそうですよね♪

アイデアが生まれたのは3年前。代表のRasaさんは、服とサンダルが合わないと感じ、捨てようとしたのだそう。しかし、マッチしないのはサンダルについていた飾りのビーズだけで、そこを変えればまだ履けることに気がつきます。DIYが大好きな彼女、自分でビーズをつけ変えたことで「色を変えられるサンダル」を思いついたんですって。

現在「Kickstarter」で資金を調達中。2016年5月後半現在、ソール、アッパーソール、ストラップ、ボタン、それぞれ2つずつついたセットが一番お得で、送料込みで86ユーロ(約10,500円)です。これで8種類の違ったスタイルが楽しめる模様。気になった人はこちらをチェックしてみて。

Licensed material used with permission by Dooq
あえて、「夏にしか」履けない靴下を履くのってアリなのでは?そして夏でもサンダルじゃなくスニーカー派の人に、ド派手なトロピカル靴下があるんです。Ryley ...
夏休みの予定が決まった人も、まだノープランな人も、今年は一風変わったアイテムで周りのみんなを驚かせてみませんか?ただでさえ開放的な夏が、もっと楽しくなるか...
青く綺麗な海は見るだけで癒されるものですが、そんな海ばかりではないはず。どこからともなく海岸に打ち上げられたゴミがあるところもあり、そんな光景を見ると思わ...
コンセプトは「Walk on air」。病みつきになる履き心地と話題のサンダル「Airmatrixx」の日本上陸が、どうやら目の前に迫っている模様。コレ、...
街の景観が素晴らしいと、通りを歩くだけで気分が晴れ晴れしてくるものです。が、彼女の作品は、そのもう一歩先。Monling Leeは、ワシントンD.C.を拠...
もはや今さら言うことでもありませんが、鎌倉・江ノ島は多くの魅力が詰まった人気観光地。都心からわずか1時間ほどでアクセスできる利便性も相まって、週末になると...
「グアタペ」は、コロンビア第2の都市メデジンからバスで2時間ほど行ったところにある小さな街。いま、ここが「世界でもっともカラフルな街」として話題になり始め...
米・ロサンゼルスに拠点を構える「Geronimo Balloons(ジェロニモ・バルーン)」は、その名の通り、バルーンアートで話題になっているスタジオです...
世の中に出回っているもののほとんどは、白や黒など単色でシンプルなものばかり。インテリアではなく、あくまでも空気をキレイにする家電だから、デザイン性がややイ...
「Sandusa(サンドゥサ)」は、サーファーでもあるエンジニアのバズ・ブラウン氏が2010年に設立した、オーストラリア発のブランド。そのビーチタオルが備...
梅雨が明けると、いよいよ夏が到来。早く海に行ってワイワイはしゃぎたい!なんて思ってるアナタは水着の用意はバッチリですよね。でも今年は、それだけじゃなく「ビ...
きっと多くの人が見慣れているのは、小豆ときなこの“2色”のはず。でも、以下の整然と並べられた“丸っこいものたち”だって、み〜んな「おはぎ」なんですよ!くる...
最近は、PCやスマホばかりで、すっかりえんぴつを使う機会が減った。だからだろうか。「500色の色えんぴつ」というネーミングに妙に心が惹かれたのだ。この色え...
ポルトガルのアゲダという街には、毎年7〜9月に開催する芸術祭のひとつに「アンブレラ・スカイ・プロジェクト」という傘祭りがあります。その様子をたまたまネット...
カラフルなアイスキャンディー。なぜ大人限定なのかというと、お酒が入っているからなんです。「poptails」は、フレッシュなフルーツとアルコールだけを使用...
フライング タイガー コペンハーゲンが好きです。かわいいアイテム群は、どちらかというと女性向けのイメージかもしれませんが、旅行やアウトドアといったアクティ...
わたしの口紅、鏡を見ないで使ってたらこんな形になっちゃった。雪山みたいでしょう。 「アディクション」の002番。別にこのブランドにこだわりがあるわけじゃな...
手仕事のあたたかみが感じられるマーケットプレイス「Etsy」で商品展開しているスーザン・チュさんが作るのは、足先にいくにしたがって明るくなる(オンブレ)、...
タトゥーよりもビビッドで、ブラックライトで照らすと光る、ド派手なボディペイントとして話題になっているのがコレ。しかも、驚くほど気軽に遊べるのが特徴なんです...
世界中で一風変わった映画館が増えていますが、スロバキアにはこんなにカラフルなシネマがあるんです。スロバキア語で「Tulikino」と名付けられたこの映画館...