ユニークなサラダボウル専門店「WithGreen」が登場。アメリカのサラダ文化を日本流にアレンジしています

5月20日(金)に東京・神楽坂にオープンしたばかりの「WithGreen」は、その日の気分や体調に合わせて野菜や肉、玄米、トッピングやドレッシングなど全てを自分好みにセレクトできるサラダボウル専門店。創業者である武文智洋さんが、ニューヨーク・ウォール街で勤務していた時に出会ったアメリカのサラダ文化をアレンジし、ヘルシーで美味しい日本独自のサラダボウルを提供してくれるのだそう。

それでは早速、オーダー方法を紹介!

【ステップ1】
ベースのサイズを選ぶ

Medium ec708410da9cfd837c0ed7765baed4a0b1cc2fe8

まずは、Sサイズ(680円)もしくはMサイズ(780円)を選択。ベースには、グリーンリーフ、ベビーリーフ、紫キャベツが含まれています。

【ステップ2】
トッピングを4つ選ぶ

Medium 743009953afbdd130e9390bf5ac4379575c76f41

トマト、コーン、人参、きゅうり、オニオン、レッドオニオン、かぼちゃ、れんこん、もやしナムル、りんご、玄米、豆腐から4つ、好きなものをどうぞ。(※トッピングの追加は+50円)

【ステップ3】
ドレッシングを選ぶ

Medium 2f71aa2792c02a510ad5ab3c35970aadd999d296

柚子しょうゆ、ごま塩、イタリアンなど計10種類から。

【ステップ4】
大きなボールでミックス

Medium 77a4466bdb95a4de3c80319dd17dec99be8a5611

大きなボールに入れた後、ドレッシングをかけて一気にミックス。少量のドレッシングでも、野菜全てに味が行き渡り、美味しさが最後まで続くのだとか。

【ステップ5】
完成!

Medium 0aead95757c2ace3b163c783fa6ed0d1e7bb25ff

あなただけのサラダボウルを、店内やオフィス、家庭で楽しんで!

キーワードは、
「FARM TO BOWL」

Medium 1c86e26927f34451117b6fd4e5c7456bb65d1ad2

さてさてまずは商品を紹介しましたが、実はこの「WithGreen」、特徴的な理念を掲げているのです。キーワードは「FARM TO BOWL」。昨年ごろからよく耳にするチョコレートのトレンド「BEAN TO BAR」の“サラダ版”とも言えるかもしれません。

Medium dc61bc5c2891cac18031c29c4bb445148418f2f1Medium 8197a8b05f43e8747dc01df5ccc7b3d83131c35d

サラダボウルに使用されるのは、選りすぐりの農家と直接契約した新鮮な野菜のみ。店舗のオープン直前には、社員全員が契約農家を訪問し、レタスやレンコン、トマトの収穫体験、田植えをおこなってきたのだとか。

さらに、社員だけでなく顧客も一緒に楽しめるような「食育活動」にも積極的。その食べ物がどのような種から育ってきたのか、農家がどのような想いで育ててきたのか──そういった物語を感じられる場所を、店舗内やホームページに設けています。

Medium d517df473b4cbdab87969f1dfdd9e5410d900d2cMedium 66436f497c4522d66a5e56b7a2f29b94d4790a70

単なる飲食店にとどまることなく、「重飲食中心の日本の外食をヘルシーなものに変えること」を目標としている彼ら。サラダボウルの味はもちろんのこと、その壮大な挑戦の行方にも注目したいところです。

Medium 73be4bd372a12ad1dfcb9b5b2dd92aa543340ab4

【店舗概要】
WithGreen 神楽坂店
・住所:東京都新宿区神楽坂3-2 桐信エステートビル2階(神楽坂通り沿い)
・TEL:03-5579-2905
・営業時間:月-土 11:00〜22:00 /日・祝 11:00〜20:00

Licensed material used with permission by withgreen
サラダって、いざ作ろうと思うと意外に面倒ですよね。色どりのことも考えたら、何種類もの野菜を洗っては切り、洗っては切り…。そんな悩みを一発で解決し、たったの...
なすを使った料理といえば、どんな食べ方が思いつくでしょう。焼きなす、揚げなす、煮物にしたり、漬物にしたり、調理法はさまざま。でも、きっとこのスタイルは意外...
カットした野菜を、オリーブ油、塩、シークァーサー果汁で和えただけの超シンプルなサラダ。「野菜の大きさを均一にする」「氷水にくぐらせる」。この2点を押さえれ...
フランスの「キャロット・ラペ」といえば、フランス風にんじんの千切りサラダ。これと瓜二つのものがスペインにもあります。こちらは「エンサラダ・デ・サナオリア」...
 タイ料理というとすぐに思い出すのは、超辛いトムヤンクンやピリっとした肉のサテ。でもこういうガツンと刺激のある料理だけじゃなく、酸っぱ甘くてさわやかなサラ...
夜遅くから始める家飲みパーティー。コンビニでできあいのおつまみを見つけるのも楽しみのひとつですが、コンビニ食材だけでちゃっちゃとつくる、こんなサラダはいか...
電話ボックス…、ではありません。ここはポップアップのサラダ屋さんなんです。ロンドン中心部にある、大英博物館から約100メートルほどに位置する公園、ブルーム...
これは、アメリカ西海岸で暮らす健康志向な人たちを中心に、人気が急速に広まりつつある「Buddha Bowl」。ブッダボウル(仏丼)?たいそうご利益がありそ...
見た目もサイズもお米のような「リゾーニ」という粒状パスタがあります。ギリシャではこれをサラダに加えて食べるスタイルが好まれているようですが、それを本物のお...
まるで結婚式の花束のような「ブーケサラダ」。その可愛すぎる見た目から、パーティやお祝いごとにもぴったりと、SNSでも評判なんです。しかもむずかしそうに見え...
りんごとハチミツ…というと、昔からあるカレールーのテレビCMを思い出すけど、この2つを爽やかなモッツァレラチーズと組み合わせることで、本格的なサラダとして...
クスクスをサラダでいただくフランス生まれの「タブレ」。もともとはアラブ諸国のサラダがルーツです。クスクスを使ったものがこれまでは一般的でしたが、ヘルシー志...
 ヨーグルトというと、日本ではジャムをかけてデザートにするのがごく普通の食べ方だろう。しかしインドから中央アジア、中東にかけての一帯では、ヨーグルトは料理...
人によって夏バテは意外に長く続くもの。連日の暑さで疲れた体に、スタミナ満点の食事もいいけれど、胃袋だってお疲れ気味。ならばと紹介したいのが、ヨーグルトを使...
ビジュアルは、どこからどう見てもデコレーションケーキ。でも、その実態は…これは、見て楽しい、食べて楽しい、笑顔があふれる新しいかたちのサラダ「ベジデコサラ...
2016年1月に銀座にオープンした「STAND BY FARM」は、千葉県佐倉市にある自家農園「在来農場」直送の、穫れたて&無農薬・無化学肥料で育...
具体的な名前を挙げるとすれば、「KUA`AINA」や「Eggs'n Things」。日本に上陸した“ハワイアンフード”の中でも、思い浮かぶのはこうしたハン...
先日2016年2月11日、サンフランシスコ発のチョコレート専門店「DANDELION CHOCOLATE(ダンデライオンチョコレート)」の日本1号店が東京...
1976年に刊行され、料理ブームの先駆けとなった『聡明な女は料理がうまい』。これは、社会が進化しても変わらない“女性の生き方”について、“料理”と“台所”...
日本で「出前」と言ったら、やはり寿司やピザが王道なのだろうか。さいきんでは、イタリアンやフレンチ、エスニックなど、レストランまで足を運ばなければ食べられな...