美しい世界のウエディングドレス。驚きの素材は・・・?

美しいドレスですが、これ、「紙」でできているんです。

繊細なデザインと
手作業が生み出す美

1cd2d2b385041c120a0c72656b3869cc9aa47703

タイトルは「World Brides」。ロシア人アーティストAsya Kozinaさんによる作品です。ヨーロッパやアフリカ、アジアなど、国の名前は出ていないので想像するしかないのですが、それぞれ紙で作ったとは思えないクオリティですよね。繊細なレースもきれい。しかも普通の文具店で取り扱っている水彩画用の「ワットマン紙」を使って、手作業で作られているというんですから、なおびっくり。彼女の技術とデザインに脱帽です。

2e7bc76281247656d9e4be9d99cb0300f52d6cbf5f3604bc5cc11a81bbd4bc402d5e6b04cb1ece9eB71fa7be40bb694a574db373ea92bb4782c739cdD3249a891a1b9204783adbbb6ed675000bf8df1f58de1e1377c5a7eb40c3e00bd14d8f1024ed6e05B616663f6a16ae5466abe2c3ff7ee5f0b4332abb

下着ブランドとコラボ

10d1dd540ed67abade53112a17c15fc13a8ee9ca

ウエディングドレスなのにばっちり下着が見えているのは、オーストラリアの下着ブランド「Wild Orchid」とコラボしているから。それぞれの国の伝統的な花嫁衣装の形と、下着が合わさったことにより、ドレスの上品さはそのままいかされていますよね。

Kozinaさんは、紙で作ったバロック風のウィッグや、チェスの駒など繊細で美しい作品たちを発表しています。気になった人はこちらからアクセスを!

Licensed material used with permission by Gridchinhall
バッハやモーツァルト、マリー・アントワネットの写真を教科書で見るたびに、あまりにも特徴的な髪型が気になって仕方がありませんでした。歴史に名を残す彼らが、ど...
イギリスのあるチャリティーショップに、匿名で寄付されたウェディングドレスが話題を呼んでいます。その理由とは?思わず涙!ドレスに付けられた感動的なメモ件のウ...
サブスクリプションサービスって、聞いたことがありますか?アメリカでは2012年頃からメジャーになったビジネスモデル。日本語では、定期購入や頒布会がこれにあ...
いい家具があると空間が華やぎます。いいデザインで環境に配慮していたら最高。「We Do Wood」はそんなプロダクトを提供しています。同社が採用する素材は...
誰々が持っていたものがカッコいいから欲しい。または、流行っていて周囲のみんなが持っているから欲しい。ファッションアイテムに対してこのようなスタンスをとって...
「オーガニック」をテーマとしたナチュラルな腕時計が話題を呼んでいます。と言ったところで、ピンとこない人も多いですよね。言い換えると、使用される木材は加工に...
「今日、なに食べよう?」って考えるときと、「今日、なに着ていこう?」って考えるときって…意外と似ているかも!?そんな風に「ファッション」と「食べもの」を結...
「The Atlas of Beauty」プロジェクトは、ルーマニアの女性フォトグラファーMihaela Norocの作品。文化や人種、環境の「違い」とい...
これはミリタリーパッチと呼ばれるものです。まあワッペンの一種ですね。ミリタリーウェアの胸や肩に、面ファスナーがあるでしょう?あそこにつけるんです。マニアの...
年齢を重ねるにつれて服装は変わります。20代の頃は似合っていたものが今じゃもう…、なんてのはよくある話。ここでは、「Amerikanki」が紹介した、30...
服役している人は、統計的に見ると男性が圧倒的多数です。しかし貧困に苦しむ国では、女性の比率も多いと言われています。女性は男性以上に適切な教育を受けにくく、...
エアギター、ビキニ、BBQなどアメリカには、風変わりなコンテストが数知れずあるけれど、その中でもコレは突き抜けている。だって、トイレットペーパーでつくられ...
いまや世界中でファッションアイテムとして愛用されているジーンズ。そのルーツが、19世紀後半にアメリカで誕生した労働者向けのワークウェアであったことはよく知...
 ずっと探していたんです、こんなふうにボリューム感のあるブレスレットを。ところが、どこにでもあるようで、いざ探してみるとないんですよ。編んでいたり、エッジ...
ミリオンヒット7回、CD売上2000万枚という、音楽業界の名プロデューサーという肩書きを捨て、彼が求めた場所はニュージーランドだった・・・。四角大輔(Da...
イタリア職人の卓越した技術とモダンなデザインの融合で人気の「オロビアンコ」。C.E.Oのジャコモさんと共にデザインを担当する夫人のバーバラ・フィッシャーさ...
よくよく見ると、マットな素材のなかにも上品な光沢が確認できる独特の質感。これらのバッグ、じつはすべて畳の縁の部分「畳縁(たたみべり)」でできているんです。...
女性からすると「えっ!?」と思うようなファッションを、実は多くの男性が好んでいる。そう主張する「Elite Daily」の男性ライターKevin Schl...
ファストファッションブランドの台頭により、劇的に変化したファッション業界。一方で、その生産現場の悲惨な労働環境も問題視されている。大量生産・大量消費の裏側...
巷にあふれるファストファッション。お手頃価格で流行りの服が買えるのはやっぱり嬉しい。…でも、本来はその低価格のカラクリだって把握する必要があるのでは?多く...