女子旅もハネムーンも!想像を超える「ニュージーランド」に飛びこんでみませんか?

「四季があり、左側通行で、治安のいい島国」。そう聞くと日本のことを思い浮かべるかもしれませんが、じつはすべて「ニュージーランド」にも共通することなんです。さらに国土面積もほぼ同じくらいなんですが、人口は約450万人と日本の1/30ほどだということを知っていますか?

そこには、息を呑むような絶景や、大自然の恵みを生かしたグルメ、女子旅やハネムーンにぜひオススメしたい観光スポットなど、知られざる魅力がたくさん詰まっているんです。

足元から広がる
「テカポ湖の星空」に涙

Medium baaee1f9c784aa00c309b99aea7db592f6810fda

世界一とも言われ、まるで足元から満天の星が広がるような体験ができる、テカポ湖の星空ツアー。湖のほとりにある1935年に建てられたグッド・シェパード教会との組み合わせはとても美しく、いまだかつてない感動を味わえるはずです。

Medium 2850aac373bbb348a44a63cc92c81f562306f16c

また昼間の湖は「ミルキーブルー」とも呼ばれる独特の色味を放ち、昼と夜で2パターンの景色が味わえるとあり、世界中のトラベラーを魅了しているんです。

ジューシーなラム肉、脂ののったサーモン・・・
山の幸も海の幸も!

Medium 3d4ac223659fd5fbeae940ab9d65d7c461c52bac

世界でも有数の酪農大国で、かつ海にも囲まれているニュージーランドは、肉や魚介類、野菜まで揃った食材の宝庫なんです。

まったく臭みのないジューシーなラム肉のグリルや、脂ののったサーモン料理、豪快にクレイフィッシュやオイスターを使った西洋×アジアのMIXスタイルまで、幅広いグルメを味わうことができます。ハネムーンでも女子旅でも、大満足できるでしょう。

ルックJTB「感動の宝庫 ニュージーランド」特設ページは下記をチェック!

Medium 4fcdb9ca941bb23b0d2007f45a071f7a590a2f21

女友達と行くなら
『クイーンズタウン』

Medium ffe115ff71de43fdd6fd26a8a190c1227abd0fb4

「女王が住むのにふさわしい街」と呼ばれ、その名前がついたクイーンズタウンは、ニュージーランド屈指の美しい景色を誇る高原のリゾートタウン。中心部はいつも歩行者天国になっていて、路上にパラソルやテーブルを並べた店も多く、手軽なショッピングにも最適です。

そんなクイーンズタウンへは、ルックJTBの『マイセレクト クイーンズタウン6日間』がオススメ。このツアーではマウントクックやテカポ湖への観光を楽しめる、「ルックJTB マウントクック号」や、現地在住の日本語ガイドが街を案内する「ようこそクイーンズタウン」に追加代金不要で参加できるんです。

ハネムーンなら
こだわりの食事と
世界一の星空を

Medium 834b9c75dee7ce807a21deca373a7109b1e791a1

さらにハネムーナーやカップルに「極上のひととき」を楽しんでもらうため、観光や食事にこだわっているのが、ルックJTBの『魅力のニュージーランド 南北周遊8日間』。一部ディナーでは地元の人気レストランに2人だけのテーブルが用意され、プライベートディナーを楽しむことができます。さらにハネムーン、ウェディングで参加の人には宿泊ホテルにてスパークリングワインなどのプレゼントも!

そして、なんと言っても2人のロマンチックな夜を演出してくれるのは、世界最南端の国際天文台、マウントジョンでのテカポ湖の星空ツアー。一生の思い出になることは間違いありません。

上で紹介した2つのコースを含めたおすすめプランは、下記のルックJTB「感動の宝庫 ニュージーランド」特設ページをチェック!

Medium 14c0e01ff6101d7bc23586902cf9266fb3a41d37
Sponsored by JTBワールドバケーションズ
挙式の日程も決まり、衣装も決まり、とうとうハネムーンスポット選びの段階に。一生に一度しかないハネムーンだからこそ、普通の旅行とはひと味ちがう特別な時間を過...
JakeとJoは、ふたり組の写真家。カップルでもあるふたりは、2016年の冬、ニュージーランドを旅しながら、美しい星の写真を撮り続けました。ニュージーラン...
どうしても仕事に行きたくない朝。あなただったらどうしますか?重い足を引きずって泣く泣く会社に行く人もいれば、ウソも方便と1日だけ休んで家でゴロゴロしちゃう...
01.意外な万能選手「ブラックドレス」は1着あれば着回しが効く!ハイエンドなスポットに行く予定のない旅でも、何が起きるかわかりません。クラブに行く時、パー...
空の旅、万一の際に備えてちゃんと見ておきたいところなのが「機内安全ビデオ」。だけど、あまりに単調な内容にほとんどの人が画面から目が離れてしまっているのが現...
この約5分間の映像は、特に都会暮らしの人に見てほしいもの。ハッキリ言って、現実逃避したくなること必至です。次々と映し出されるニュージーランドの自然を生かし...
海外への一人旅はあなたを大きく成長させてくれるもの。とはいえ女性の場合、男性にはない危険を伴うのも事実ですよね。そこで旅好きの女性ライターIzabella...
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
ニュージーランド北島にあるワイトモ洞窟(石灰岩の鍾乳洞)。地下250メートルの新世界に広がるのは、青くきらめくミルキーウェイ。地下洞窟に幻想的な星空が広が...
この地球に、「大地のヘソ」と呼ばれるている場所がある旅に出る理由は、人それぞれだ。疲れを癒したい時。自分を見つめ直したい時。世界が見たい時。悲しい恋を忘れ...
次に行きたい旅先は、個人のライフサイクルやステージによって変わるもの。だからこそ、よくある旅のススメだって、それぞれの目的に合わせて細分化される必要があり...
食べて・旅して・アップして。世界中を旅しながら、各地を代表する味覚に出会い、写真に撮って美味しくいただく。まるで女子旅のお手本のようなインスタグラマーGi...
すべての旅人が陥る「病」があるといいます。旅とは、異文化に飛び込み、そこにある「決定的な違い」を目の当たりにする体験だと言えます。そんな非日常から帰ってき...
撮影が行われたのはニュージーランド・ノースアイランドにある「Waitomo Glowworm Caves」。3000万年前からある石灰岩でできた洞窟です。...
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...
気の向くまま、足の向くまま、思うがまま、好きな行動が出来る「1人旅」が最近ブームになっている。1人で異国の地に行くのは少し怖い気もするが、良い経験になるこ...
好きな仕事を好きな場所でする。いわゆるノマドワークができたら、毎日はどんなに楽しいだろう。就活に追われることなく、学生のうちから起業してビジネスを始める若...
旅行の写真って、見返していますか? Instagramにアップしておくだけだったり、撮って満足して1回も見返さない、なんて人もいるかもしれません。旅先で感...
001.フライフィッシング―僕のライフスタイルをデザインする上で欠かせないものニュージーランドの原生林に囲まれた湖畔の自宅で仕事をする四角さん(Photo...
女子力という言葉が使われ始めて、しばらく経ちますね。当初の使い方と比べると、最近の女子力という言葉の使われ方や認識に疑問をもつ女性もいるようです。「女子の...