男女関係「3つの誤解」。意外と気にしているのは男性の方?

あくまで、アメリカにおける20代、30代の恋愛観を前提にした、こちらの記事。ですが、ライターPhoebe Parsons氏が主張する通り、恋愛においてあれこれ細かいことを気にしてくるのって男性の方だったり。

そこには男女間にはびこる「誤解」があるから、というのが彼女の意見。大きく分けて3つの誤解。これを紐解いていくと、もっといい関係になれるとか。

日本の恋愛の方が、よっぽどオトナだなというのが率直な感想です。

お互いに理解できない?
まずは誤解を解くことから

Medium 1cba666e362c6b3bafe3316f2ef26d2b3769b5ab

「男の気持ちがわかる日なんて一生こない」、こう言い切る女友だちがいます。でも、これは男性だけが悪い訳ではありません。世の多くの女性が、恋愛において男性よりも妥協したり、受け入れようとしたり、自分に責任があるというように感じる傾向があるということ。でも、結局のところ恋愛って二人でするもの。

男女間のギャップを埋める努力として、唯一有効だと考えられるは、お互いの誤解を大きくしないこと。この誤解を解くための現実的な話をしていきたいと思います。男性の皆さん、これが女性の本音です。

01.
だらしないボディは、そもそも
「サ・ヨ・ウ・ナ・ラ」

Medium 7a1048a5fa1232f557d4817858bda695e4fb19b9

世の女性がみんな『マジック・マイク』主演のチャニング・テイタムのような、鋼のボディを求めている訳ではありません。丸々のビール腹を何の恥ずかしげもなく見せびらかしている男性がたまにいますが、なぜかそのお腹にセクシーさを感じるときもあったりすのです。

同様に、男性もすべての女性がヴィクトリア・シークレットのショーに登場するモデルのようなパーフェクトボディばかりを求めている訳ではないでしょ?チーズが擦りおろせるような、ムキムキの6パックを期待してなんかいません。どれだけベンチプレスで持ち上げられようが、筋肉量が増えようが、知ったこっちゃないのです。

では、私たち女性は男性の何を気にしているか?それは体型も含めて、自分に自信を持っているかどうか。ウェイトトレーニングなんかじゃ決して鍛え上げることなんてできない、男としての「誇り」なのです。

02.
仕事や収入って、結構重要

Medium 54a12ce6a6dd15da5027b4c211cf3224a921d6b5

未だにこの時代遅れな勘違いが蔓延してしまっている現実。女性にモテるためには、高収入であることが大前提、なんて本当にバカげている話。今の時代、女性だって食べる分くらい自分で稼ぎます。しあわせに生きていける分くらいは、自分でまかなうのです。

収入よりも気にすべきことは、仕事内容が何であれその仕事に情熱を注ぎ、打ちこめているのかということでしょ?彼が自分で選んだ仕事に誇りを持って頑張っているのであれば、女性は職種や収入なんて本来気にしはしないものです。

03.
お洒落で雰囲気のいい
ワインが揃う店が好き

Medium fec4fd67d978209fec1ffb22fb618892c23ad155

もちろん、女性ならばたまにはお洒落なドレスを着て、雰囲気のいいレストランに連れて行ってもらいたいなっていう願望はあります。けれど、それが女性の日常だと思わないでください。

そもそもデートって、お互いをよく知るためのもの。正直に言ってしまえば、過度に“オトナ”を演出され、素敵なレストランで食事をしたとしても、相手のことをどれだけ知ることができるでしょう。それよりよっぽど、その人らしくて、斬新で、個性的なアプローチの方が自分を相手に印象付けることができるはずです。結局、自分らしさを出すデートの方が、二人ともに楽しめるはずだから。

そう、デートってお互いにWin-Winであるべき。相手を楽しませよう、純粋にその気持ちがそこにあれば、別に缶ビールを片手にお散歩だっていいし、顔なじみの飲み屋だっていいんです。そっちの方がよっぽど、二人の個性が化学反応を起こしたり、つながりをギュッと感じたりもできるはずだから。

Licensed material used with permission by Elite Daily
キスから始まる恋愛なんて、現実的じゃありません。いつだって、最初のドキドキは手をつなぐところからでは?そこは ライターAngel Chang氏も同意見。さ...
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
年下の彼氏との恋愛は色々と小さなことが気になるものです。「彼は本当に私の年を気にしてないの?」「彼と同年代の子に負けてない?」など、年上彼女としての悩みは...
恋愛関係が長くなると、本音で語りあうことは増えたけど、だからこそコミュニケーションが難しくなってしまった。なんてこともあります。お互いに好きなはずなのに、...
遠距離恋愛になれば、相手の近くにいられた今までと違い、簡単に連絡を取ることができないため、不安な方もいらっしゃるかもしれません。メール頻度はどのくらいがい...
昔に比べれば、「男だから」または「女なのに」といったジェンダー差別発言は少なくなってきたかもしれません。しかし、男女の見られ方は今もまだ随分違います。そも...
マッチングアプリやSNSができ、昔よりもライトな感覚で出逢いが楽しめるようになった、恋愛。でも、そんな時代だからこそ「普通の恋愛」を求めている人が増えてい...
異国の地アメリカの、女性あるある。それは「え、私って彼女じゃなかったの!?」。毎週末デートをして、確かな時間も過ごして(そりゃあやることもやって)付き合っ...
「恋愛体質」であることは、ごく普通だと思うんです。だって、誰だって愛されたいと思うものだから。ただ、愛情を貪欲に求めすぎてアプローチの仕方を間違えてしまう...
少しの恋を楽しむなら、時にはカラダだけの関係もありなのかもしれません。でも、本当に大切な人と親密な関係を育みたいのなら、相手を思いやり、誠実でいることが何...
友だちとの関係を大切にすることは「信頼すること」「許すこと」そして「感謝すること」を学ぶことができます。これらは、恋愛に置き換えてもとても重要なことだと語...
彼女が何で怒っているのかわからない、妻が急に不機嫌になる…。女心がわからず苦労している男性諸君、彼女たちは理不尽に怒っているのではありません。女性には女性...
ごくごく一般的に言ってAB型は、少し変わった性格の持ち主と位置付けられることが多いみたい。そんな典型的なAB型の彼女とうまく付き合っていくには…というのが...
血液型がA型の人は、日本では全体の約40%で最も多くの割合を占めるタイプです。家族や身近な友人にA型の男性、女性がいる方も多いかと思います。一般に「几帳面...
彼氏/彼女を「パートナー」という呼び名に置き換えたなら、あなたの恋人にどんな変化が起きるか?たんなる表現の違いで、「もっと精神的に深く結びつき、お互いを尊...
クリスマスはもう直ぐそこ。恋人へのプレゼントの準備はできていますか?モノよりも心が重要!なんてここで言う必要もないでしょうが、「LittleThings」...
感覚の差をお互いに理解するのは難しいもの。とくに、男女でSEXの捉え方が全然違うというのはよく耳にする話ですが、どう感じているかにはそれぞれちょっとした特...
どんな関係でも、ずっと出会ったばかりの頃のキラメキが続くなんてことはなく、必ずいつかは色褪せてしまうもの。でもそれは、決して魅力が無くなったとか、愛が終わ...
B型の一人っ子と聞いて、どんなイメージを抱くでしょうか? 世の中で言われているところによると、独自の感性に基づく世界観をとても大切にする傾向があるようです...
O型で末っ子の人は、チャレンジ精神が旺盛で、その天真爛漫な性格ゆえ、周囲の人とのコミュニケーション能力にも長けている…。O型ならではの自信あふれる性格と、...