恋人と別れた時に得られる「4つのチャンス」とは?

ここでは「Elite Daily」のライター・マリアが書いた、恋人と別れた時のアドバイスを紹介します。

別れるってカンタンじゃない。それがたとえ円満だったとしても、涙混じりのヤケ酒に溺れるのは目に見えている。

とはいえ、そんな惨めな期間もしばらくすると、ある日とつぜん霧が晴れたかのように視界がクリアになる。恋人だった人をようやく冷静に見られるようになり、自分のいいところに気づき始める。こうなるべきだったのだ。陽はまた昇る。鳥たちの声が聞こえ、自由と解放感を全身で感じ始める。

私にとって、別れは自分をもう一度見つめなおすきっかけだった。まだ途中だけど、とてもためになる学びだと思う。そこで得た教訓は、きっと同じ経験をした人には役立つはずだ。

01.
自分を本気で愛せる。

A4d449a7d0dc40825d712dcec716d0013155869c

他の誰かを好きになる前に、自分のことを愛してあげて。よく言われることだとは知っている。けれど、何百回でも聞いておいたほうがいい理由がある。これは真実なの。

私が言いたいのは、“許す”とか、そういう上っ面だけではない無条件の愛だ。コンディションは関係ない。無になって鏡の前にたって、透明になるのだ。すると、次第に自分が見えてきて、何が自分で、何が自分ではないのかがわかってくる。もし、感謝や愛情が感じられれば、他人にだって同じように愛情を贈れる。

自分を愛せないようなら、きっと面倒な関係にその身を置くことになる。不安や不信、嫉妬、裏切りは、自分への気持ちから現れる。

自信に溢れてしっかりしている人は、そんな気持ちを抱かない。相手がテーブルに置くモノの価値を知っているから。お返しがそれ以下になることもない。

02.
ひとり身の期間を、
思い切り楽しむ。

079f7e8b84121209f4d04ac81f76d6ff966a58f5

みんなそれぞれの道を歩んでいる。早くに最愛の人に出会う人もいれば、トライアンドエラーを繰り返す人も。

どんな場合であれ、少し安らかに時を過ごして、学んだことを昇華するべきだ。自分に厳しくありすぎてはいけない。自分を咎めたり、ジャッジしてはいけない。

愛は急げない。来るべき時に来るものだから。それまでは、一生懸命しあわせに生きて、準備をしておくこと。旅行、読書、日記、映画、ワークアウト、ペイント、なんでもいい。やりたいことをやろう。

03.
夢を追いかけるチャンス!

26777fe1da56105de501bcf93975deb0d29d072a

誰にだって夢がある。達成したい目標がある。でも、なにかしら理由をつけては、なかったコトにしてしまう。「いつか時間ができたら」って。だけど、年を取れば責任は積み重なり、時間はどんどんなくなっていく。

情熱を取り戻すためには時間が必要だ。私は恋人と別れて気づいた。ここで夢を追いかけない手はない。言うのはカンタンだなんてわかっている。けど、あとはやるだけだ。私は自分に何度も囁く、なんだってできるんだ。ってね。

04.
自分の力を信じる。

B1f96bcfd7566bf61fa6fd0b8eb3e61861f60478

それさえ信じられれば、なにも問題ない。結局、自分を信じて愛さない限り、なにもできやしない。

残念ながら、私たちはみんな批判や評価を受ける世界に生きている。不安になることは避けられない。

悪いところばかりに注意を払わずに、良いところに目を向けよう。誰かを尊重することが自分を尊重することに繋がる。そうすれば、失った自己愛をもう一度築ける。

一日の終りには、大丈夫だとわかる。私はあなたを信じてる。あなたはあなたを信じるべき。頭のなかはぐちゃぐちゃかもしれないけど、私たちは失敗から学べる。

別れた恋人に感謝しよう。

Licensed material used with permission by Elite Daily
ここで紹介する「Elite Daily」の記事は、パートナーがいる女性にぜひ読んでもらいたいもの。すでに気づいているものもあれば、「なるほど!」と思う項目...
「Power of Positivity」に掲載されていた、恋人と別れるべきサインをまとめた記事から、一部を抜粋して紹介しましょう。恋人との関係に疑問を感...
そうです。確かにそうなんです。「独り身」のときと「恋人あり」のときでは、日々の生活のリズムがまったく変わってきます。「ScrollDroll」のインスタに...
Elizabeth Stoneは、恋愛依存体質の女性に対して、しばらくは独りを楽しんだらどう?とオススメしています。モテてる感じがして気持ちいいかもしれな...
失恋の傷は、時間と新しい恋でしか癒せません。それは米メディア「Elite Daily」屈指の恋愛マスター、Paul Hudson氏も認めるところ。でも失恋...
愛する人と交わす口づけは、いつだって特別でハッピーなもの。2013年、ニューヨークを拠点に活動する写真家Ben Lambertyさんは「キスをする人々」の...
失恋が、あなたの人生にどんな影響を及ぼすのかーー。今回紹介したいのは、そんな記事です。「Elite Daily」で数々の恋愛コンテンツをヒットさせているP...
恋の終わりはネガティブなイメージで捉えられがちですが、逆を言えば新しい恋のチャンス。「そのうちいい仲になれるかもしれないから」と関係をダラダラ続けてしまう...
失恋は怖い。ふる方もふられる方も。けれど、そこから得られる学びは数知れません。女性ブロガーLindsay Tigarさんが「Your Tango」に書いた...
これって、本当にあるあるだと思う。恋人に気を使わなくなっていくほど、陥りやすいのが過度な要求。やりすぎていると自覚しにくいから怖いんですよね〜。「I He...
最愛なる恋人との別れは、心がとても痛むもの。でも、いつまでも悲しみにふけるよりも、思い切って旅に出てしまえば、意外と早く立ち直れるかもしれません。女性ライ...
辛い恋人との別れ。できるなら経験したくないことですが、始まりがあることには終わりもあるのが世の常です。そんな悲しい精神状態の時、私たちの脳内では何が起きて...
あなたには、いつまでたっても忘れられない「恋人」はいますか?気持ちは分かりますが、そのせいでなかなか前に進めないなんて、とてももったいないことです。残酷な...
別れてしまった過去のパートナーに、今もなお思いを馳せているあなた。ぜひ読んでほしいのは、「Elite Daily」に掲載されているPaul Hudsonさ...
遠距離恋愛を続けることが辛くなり、精神的にも金銭的にも無理を続ける意味があるのかと感じておられる方もいらっしゃるかもしれません。後悔しないためにも、遠距離...
世の中にある恋愛のルール。そのほとんどは、自分を傷つけず守るためにあります。でも、傷つくことを恐れていては恋愛なんてできないのも事実。ここで挙げたルールは...
フロリダ州・マイアミに住むLauren Ellman先生(以下、ローレン先生)は、「THOUGHT CATALOG」で恋愛関係、デート、自己愛、ワークライ...
2人では解決できない大きな問題があって、長年付き合っていた恋人と別れた。だけど、その人が過去に与えてくれた安心感や楽しかった思い出が心に残っていて、すぐに...
親しき仲にも礼儀あり。恋人同士だってそれは変わらないのかと思いきや、「お互いどこまで素を出せるか」が良好な関係を築く秘訣だと意見するのは「Elite Da...
キスから始まる恋愛なんて、現実的じゃありません。いつだって、最初のドキドキは手をつなぐところからでは?そこは ライターAngel Chang氏も同意見。さ...