「いつか」は訪れてみたいスペインに「今」行くべき理由

海外旅行先として人気の高い情熱の国、スペイン。見所は多いし、気候はいいし、ご飯も美味しい、というのはよく聞く話。いつかは訪れてみたいと憧れている人も多いことでしょう。

その“いつか”は今年に決まりです。なぜなら……。

2016年10月19日より
成田〜マドリード間を
直行便が就航!

0bf4b62fe7bd27410dd7362dac11f2491bb5e2a1

2016年10月19日より、スペインのイベリア航空が成田〜マドリード間の直行便を週3便で運航することになりました! この路線は1998年に廃止されて以来、18年ぶりの復活で、日本からは唯一のスペインへの直行便となります。

乗り継ぎなしで行けるーーそれだけでも、今年スペインに行く十分な動機になろうってもんです!

そして、直行便が就航することで、スペインへのツアーが一気に充実してきています。例えば、イベリア航空を利用したこちらのコースはいかがでしょう?

ルックJTB『オーレエスパーニャ8日間』

スペイン滞在を疲れなくお楽しみいただくための日程を考えて作られたルックJTBの人気添乗員付きコース。スペイン版新幹線「AVE」やラクラクの空路を利用します。もちろんサグラダ・ファミリア、プラド美術館、アルハンブラ宮殿など、人気のハイライト観光もしっかりと押さえています。

14c0e01ff6101d7bc23586902cf9266fb3a41d37


なんと言っても“情熱の国”
ハネムーナーこそ、訪れるべき!

F34a005daacdcf5fe561cbb8e3e9121ab015c4ec

スペインは誰もが楽しめる旅行先。でも、「情熱の国」なんて言われている通り、カップルやハネムーナーには特におすすめしたい魅力がたくさん。

まずは、本場の「フラメンコ」。その熱〜い舞踏や演奏は、友だちや家族で観るのもいいですが、愛し合うカップルで観てこその感動があります。

フラメンコだけじゃなく建物だって情熱的! 例えばバルセロナにある誰もが知っている世界遺産「サグラダ・ファミリア」(写真上、2026年に完成予定!)。1882年に着工して120年以上“建設中”だというのは有名な話ですが、この未完の大聖堂を情熱的と言わずして、なんと形容しましょう! ちなみに、バルセロナには「サグラダ・ファミリア」をはじめとして、スペイン出身の天才建築家、アントニ・ガウディが手がけた芸術的な建築物が街のあちらこちらに。普通に散歩するだけでも、ロマンチックな思い出に残るデートになりますよ。

料理に芸術にサッカーに……
見所を挙げれば、キリがない

Ce324d4e062e2256c8f79d8f07adeddeca12245d

冒頭でも触れたように、スペインの魅力って、単に観光スポットじゃなくて、色々なバリエーションに富んでいるところにあります。

例えば、グルメな人なら本場のタパスやパエリア(写真上)を味わう楽しみがあるし、お酒好きならワインやサングリアだって。スペイン料理って日本人の舌に合うんですよね〜。

サッカーファンならリーガ・エスパニョーラの試合を観戦するのもあり。否、熱心なファンでなくっても、スタジアムの雰囲気などを体験することで感動があるはずです。

観光スポットも、世界三大美術館のひとつに数えられる「プラド美術館」やピカソの『ゲルニカ』で知られる「国立ソフィア王妃芸術センター」などなど盛り沢山です。

そんなスペインの魅力をたっぷり詰め込んだおすすめのツアーを紹介しましょう!

ルックJTB『スペイン大満喫10日間』

バルセロナ・マドリード・ミハス・コルドバなどなど人気の観光地をたっぷり巡ることができる添乗員付きツアー。「広いスペインだからこそ10日間。バルセロナとマドリードではそれぞれ半日の自由時間もあり、個人旅行の楽しみも叶えてくれるおすすめコース!」とは、実際に参加した海外旅行マニアの経済評論家、佐藤治彦氏の弁。下のボタンからは佐藤氏による体験レポートもチェックできますよ。

14c0e01ff6101d7bc23586902cf9266fb3a41d37
Sponsored by JTBワールドバケーションズ
スペインで絶対に訪れるべきスポットといえば、100年以上も建築中の世界遺産、サグラダ・ファミリア。しかしなんと、その設計者である鬼才ガウディが、初めて一人...
地中海の食事として、2010年にユネスコ無形文化遺産に登録されたスペイン料理。和食同様、素材の持ち味を活かすのが特徴ですが、そのなかで異色の「ごちゃまぜ」...
挙式の日程も決まり、衣装も決まり、とうとうハネムーンスポット選びの段階に。一生に一度しかないハネムーンだからこそ、普通の旅行とはひと味ちがう特別な時間を過...
人生は旅のようなもの。旅で大切にしたいのは、どこに行ったかよりも、何を感じ何を考えたか。だからこんな「トリップ体験」ができたら、どんな国を訪れるよりもよっ...
スペインと言えばシエスタ。やはりお昼寝にはこだわるお国柄なのか、スペインから登場した〈Studio Banana Things(スタジオ バナナ シングス...
もしかしたら、ほとんどの日本人はその街の名を聞いたことがないかもしれません。しかし、『Forbes』や『TIME』が発表しているランキングでは、アメリカで...
旅行に行きたい、と言いながら早半年…。ずるずると予定を先延ばしにしたくないなら、旅行上手な友だちに頼ってしまいましょう。「Elite Daily」のKri...
「NBC News」に掲載されたマリアーノ・ラホイ首相のコメントによれば、同国がこれまで良しとしてきた、3時間ほどの中休み習慣「シエスタ」の廃止が検討され...
ずっと同じ場所にいると、なんだか新しい景色が恋しくなる。そんなとき、お金にあまり悩まされず、旅に出られたらベストですよね。そんなあなたに教えたい、物価も宿...
僕たち日本人からすれば、アメリカとスペインって同じ西洋文化圏。だから、2国間の生活習慣には、そんなに違いはないように思える。しかし、お国が変われば、〇〇も...
〈MILAN(ミラン)〉はスペインの総合的なステーショナリーメーカー。なんですが、それは今現在の話。もともとは手作り消しゴムの専業メーカーだそうです。靴で...
1912年に設立された「サンタ・バーバラ教会」は、スペイン内戦の際に閉鎖されて以来、放置され廃墟と化していました。「ガーディアン」紙によれば、ここアストゥ...
美容や健康にいくら気をつかっていても、どうしても欲求にかなわないのがお菓子、ですよね。そんなときにオススメしたいのがスペインの「トゥロン」。アーモンドやは...
01.意外な万能選手「ブラックドレス」は1着あれば着回しが効く!ハイエンドなスポットに行く予定のない旅でも、何が起きるかわかりません。クラブに行く時、パー...
11月も中頃になると、高額当選をうたい文句にした「年末ジャンボ宝くじ」の広告が流れてくる。それも毎年、過剰なまでに賑やかなものが。一年最後のビッグイベント...
スペインには、固くなったパンの利用法として「ミガス」という料理があります。これは細かくちぎったパンをオリーブオイルや野菜と一緒に炒めてつくるのですが、これ...
スペイン・バレンシア南部の街エルチェは、実に1,000以上の靴工場が軒を連ねる、履物産業がさかんな地域。この街で家族経営を営む「CP Slippers」は...
搭乗予定だった便が遅延していることをネットで知り、数時間遅れて空港へ行った3人の女性。到着してみると、他の乗客はみんな一足先に別の飛行機に乗ってしまったと...
トマト、グリーンピース、チョリソー、半熟卵を使った「フラメンカ・エッグ」という名の料理があります。もちろん出自はスペイン、セビーリャの郷土料理。なんでも、...
人類の歴史は、輝かしい面ばかりではありません。片方の国が発展を遂げた影には、戦争に敗れた国もあり、産業発展のあとに振り子の揺れ戻しで衰退が訪れた街もありま...