殺人事件が多発するベネズエラの治安を守った「見えない警察官」って?

ベネズエラの首都、カラカス。南米有数の大都市である一方、世界でもトップクラスに治安の悪い都市としても悪名を轟かせています。1日に起きる殺人事件の数は、なんと11件。人口当たりの数は2008年に世界一を記録し、およそ東京の100倍にも及びます。

警察官がいない
パトカーもない

Medium 9a457d2f058bb31ee0967986f3e76ecd785a4709

あまりにも危険なため、カラカスの市民はできるだけ外を出歩かないようにしていて、通りも閑散としています。

その理由のひとつは、警察官の不足です。十分とされる数に対して、実際に配備されているのは30%。特に危険とされるエル・ハティロ地区では、たったの7%だと言います。さらに、パトカーが古くなって使えなくなっても、新しいものを買う予算がないという状況。

それでも市民を
守りたい

Medium fca6a089edc53434eb190716df54a0f7db9fb067

そんな八方塞がりの状況のなかで、エル・アティジョ地区が考え出した苦肉の策が、意外な効果を発揮しました。

廃車のパトカーを
キレイに

Medium afd9e4117b16386baa2f2666632524452049580c

この地区が実施したのが「INVISIBLE POLICE(見えない警察官)」というプロジェクト。廃車となったパトカーの外見だけを綺麗に整え、パトランプは点灯するものの、車内には誰も乗っていません。この無人パトカーをもっとも危険なエリア数ヶ所に設置しました。

Medium fe55e9b82e7a2fb0f0af79bdfee50cbf67bf651b

効果は絶大で、パトカーの存在によって治安は劇的に改善。それまで無人だったカラカスの通りに、再び人々が戻ってきたと言います。

「『見えない警察官』でさえ、これだけの効果があった。もしここに本物の警察がいたら、どれだけ素晴らしいだろう」

現在エル・アティジョ地区は、このプロジェクトと連動したハッシュタグ「#morerealcops」で、警察官を配備するための支援を呼びかけています。

Licensed material used with permission by AdverPR
ある警察官がとった賢明な判断により、一命を取りとめた小犬がいます。交通量の多い道路で、走る車から傷付いた犬を守ったばかりか、 その後誰も予想できない行動に...
まずはこの動画を見てみよう。これは新たにオランダ国家警察が採用を検討している、猛禽類によるドローン捕獲訓練の映像だ。「IEEE Spectrum」にその詳...
これは、7月26日にスウェーデンの警官ミカエラ・ケルナーさんが、自身のInstagramに投稿し、世界中で話題になっている画像です。非番だった彼女は、友人...
アメリカでは、校内の安全のために警察官が駐在していることがあります。カリフォルニア州にあるヘリテージ・ハイスクールのミッチ巡査も、そんな駐在警察官のひとり...
独メディア「ドイチェ・ヴェレ」が行ったダライ・ラマ14世への単独インタビューで、先のパリ同時多発テロを受けて、事件後初めて公の場で発言をしました。ここでは...
米ミシガン州にある、チェリー・キャピタル空港。ここにいる、K-9 Piperという名物犬が「カッコよすぎる!」と話題になっています。彼の任務は、空港内に入...
知っても知らなくても生きていける。でも、知ってたほうがちょっぴり得をすることってありますよね。今回『モノの見分け方事典』から紹介するのは、そういう豆知識的...
テキサス州ローレットに暮らす2歳のベクスリー・ノーベルちゃん。今年7月、彼女はお母さんに用意を手伝ってもらい、ティーパーティーを企画しました。ゲストはたっ...
一人の先生が思いついたあるアイデアがきっかけで、クラスの出席率がわずか 40%から93%まであがった公立学校があります。そのプロジェクトの仕掛け人はスティ...
約3か月前に、米ノースカロライナ州シャーロット市で撮影された、一枚の写真。パトロールをしていた警察官ティム・パーディは、たまたま駐車場にいたひとりの少年を...
警察官が人を呼び止めるケースは、どうしても「犯罪の取り締まり」のイメージが強い。でも、ここカナダ・ナナイモでは、真逆のことが行われています。彼らが捕まえて...
新聞や雑誌の切り抜きを利用した、コラージュ作品を得意とするイギリス人アーティストのJoe Webb氏。パソコンによる加工を一切施さず、ただ切って貼るだけの...
この画像に何が写っているのか、分かるでしょうか?なんと、10人中9人が見えていないのだそう…。どうでしょうか?ちょっと目がチカチカしますが、見えない…とい...
 「私のような摂食障害や自尊心で苦しんでいる人たちのために立っています。ありのままを受け入れてくれるのなら、身体にハート(♡)を描いてください」1枚のサイ...
気の向くまま、足の向くまま、思うがまま、好きな行動が出来る「1人旅」が最近ブームになっている。1人で異国の地に行くのは少し怖い気もするが、良い経験になるこ...
空の旅、万一の際に備えてちゃんと見ておきたいところなのが「機内安全ビデオ」。だけど、あまりに単調な内容にほとんどの人が画面から目が離れてしまっているのが現...
海外生活や移住、ノマドライフには憧れますが、親の都合で引っ越さなければならない子どもにとっては、悩みの種になることも。国内であれ海外であれ、別の文化圏に引...
日本には、多くの外国人が観光や仕事で訪れています。2020年には東京オリンピックも開催されるので、さらにその数は増えていくことでしょう。そして彼らはきっと...
永川さんは電通を退社後、世界中の都市の様子をYouTubeで発信する 「WORLD – CRUISE」というプロジェクトをはじめられました。このプロジェク...
人口およそ12.5億人のインド。国民の約8割がヒンドゥー教徒(外務省調べ)という信仰心の厚いこの国で、あるゴミの始末をめぐって人々が悩んでいた。日用品のパ...