エコBBQを存分に楽しむなら、「火を使わない」をキーワードに!

キャンプ場や指定の河原、公園に行かずと気軽にBBQを楽しみたい。そんなニーズに応えるクッカーがあります。それも環境に配慮したイマドキのもの。なぜなら炭もガスも、さらには電気も使わないというんだから。

え、直火でなければBBQじゃない?大丈夫、仕上がりはちゃんと直火のソレしてますから。火おこしや後片付けの手間も要らないとなれば……。


燃料一切必要なし!
太陽光で調理できる

4b59d96968eee222501a01f45a5e37d2dd6809b8

アメリカ生まれの「GoSun Sport」は、すでに世界40以上に輸出されるヒット商品。アウトドアの新定番として、従来のBBQグリルやコンロにとって代わる勢いなんです。これ、決して言い過ぎではなく。

多々あるメリットのなかでも、燃料(炭や薪)を必要としないのが最大のポイント。つまりは火をおこす手間がいらならいってこと。
「直火でこそのBBQだ」という人はゴメンなさい。それでも、今よりもっと手軽にBBQや外メシを楽しみたい!と願う、ライトユーザーにはおあつらえのクッカーだと思うのです。

581da3c001ebc17c184de16c6343cb693e325d7aB8000b37d2efcde28dcc080c2389be5f473eea5a

ただし、そうは言ってもポテンシャルは超ヘビー級。革新的な調理法を早速チェック!

前述の通り、GoSun Sportは太陽光をエネルギー源とする調理器具。これまでにも羽をバラボラ状に広げて、太陽光を集める調理器具はありました。が、組み立てから持ち運びまで、すべてをシンプリファイして刷新したのがこちら。

独自開発の真空管チューブ(この中に食材が入る)に集めた太陽光をシリンダー内部へと効率的に送ることで、わずか20分足らずで、最大290℃近い高温での調理を可能にしているのです。

集めた光は真空管の中で
MAX290℃にまで

9dbdf4a0174163b37ccaea729d56bfaff9086975

触れたら火傷なんかじゃ済まないレベル?なはずの調理中でもご覧の通り。強化ガラス製の真空管は優れた断熱性能があり、表面に触れても火傷の心配はないんだそう。子どもたちが火の側を通るたびに、ヒヤッとさせられるパパやママにもこれは朗報。

Bcf6ab82f2c21f8ce8dfe15c1300069f84c4d9b4

お肉や野菜はもちろん、パンだってバッチリ。焼く、炙る、炒める、蒸す、煮る、シリンダーを通せばどんな料理だって楽々クッキング。それもひっくり返したりする手間も一切なし!

さらには、真空管を通すグリップの付いた調理トレーに乗せたまま、料理をサーブできるのもいい感じ。できたて感をリアルに演出できそう。

92a42a57e4f451bbedb044c60580e92f6d5adc91Fba362033ebc9db0db22d5c730492fc675a88f49

だから、太陽の光を集めてセッティングしてさえおけば、それが海だろうと山だろうと遊んでいる間に料理が完成。誰か一人が火の番をしておく必要もないってこと。

でも、さすがに曇天の火はお手あげ。と思うでしょ?ところが、集熱効率の高いGoSun Sportは、太陽が雲の合間に隠れたって保温状態を保つことができ、冬でも利用が可能だとメーカーは太鼓判。シリンダーを覆うようにパタンと反射板を就農すれば、バックパックに引っ掛ける程度のサイズ感に。これならコンパクトで持ち運びも楽チンってもん。

ベランダBBQなら断然こっち

1df5e3afd7fe33c48f0c49cfa78e025e105c9998

広い庭がなくたってベランダでBBQを楽しみたいと思っても、防災上の観点や周囲の居住者への匂いの問題から、モラルや独自のルールが定められていますよね。そうしたセンシティブな課題を、この太陽光調理器具が解決してくれるんじゃないでしょうか。ただし、どんちゃん騒ぎは別問題ですからね。

ちなみに、GoSun Sportは日本でも発売中。たとえほんのちょっとだって、環境に優しい方がイマドキ。34,800円(税込み)はランニングコストが必要ないと思えば、決して高い買い物ではない!今シーズンから乗り換えるならこちらから

ドカン!と丸焼き派には
新製品gosun grillも

7cfd80600b7c1737db3aa255141b9753fc64e6f7

こちらはGoSun Sportよりさらに大型の最新製品「GoSun Grill」。ステーキ一枚肉だけでなく、鶏の丸焼きもいけちゃうようです。また、グリルしながらスープの同時調理だってOK。ファミキャンのお供にいいかも。現在のところ、アメリカでのプレオーダーのみなので、価格は参考までにで599ドル(約64,000円)。

Licensed material used with permission by GoSun Stove, 株式会社 eSPORTS
キャンプ場や河原など、屋外で食べるゴハンの美味しさったらない。でも、BBQとなるとそれなりに人数を集めていくものだし、子どもがいると火の扱いにも気をつかう...
30℃を超えるような暑さでも、やっぱり太陽の下で思いっきりBBQを楽しみたい。そこで、いつもとひと味違う串焼き料理「スブラキ」なんていかがでしょう。
ミシガン大学(MSU)の研究チームが、太陽エネルギーを捕捉することができる透明な太陽電池パネルの開発に成功しました。サイエンス・テクノロジー分野で大きな注...
これは、スウェーデン・ストックホルムにある、林の中に建てられた家。1~2月は気温がマイナス2℃まで下がる寒い地域ですが、なんと大きな温室のなかに家を建てる...
1回こっきり使い捨てBBQコンロ「CasusGrill」。網もグリルも炭も、必要なものはすべて揃って、終わった後もこのままゴミとして捨てられる。しかも、こ...
BBQをただ焼くだけでは芸がない。でも、凝った料理は難しい…。というような場面で活躍必至の一品を紹介します。用意するのはベーコンと玉ねぎだけ。本場アメリカ...
ユーザー数400万人を誇るサイエンス系YouTubeチャンネル「Veritasium」が紹介する便利ハックに面白いものを見つけました。それは、原始的な「火...
備えあれば憂いなし。サバイバルが必要なシチュエーションなんて、さずがに人生の中でも想像できないだろうけど、この方法、知っておくだけで、何かとアウトドアシー...
たまには自然の空気を味わいたい。だけどアウトドアはちょっと面倒。という人にこそオススメなのが、グラマラス(贅沢)なキャンピング体験ができる「グランピングサ...
直火で豪快に焼くのが楽しいBBQ。せっかくだからお酒もひとひねりして、直火を使うっていうのはいかがでしょう?BBQにぴったりの、自家製カクテルをご紹介。お...
素敵なデザインが多い反面、その重さや洗いにくそうなイメージから、使ったことがないという人も多い「無水調理鍋」。ですが、この鍋でつくった料理を一度食べてしま...
BBQといえばお肉やソーセージがメインになりがち。炭火で食べるお肉も美味しいですが、ここであえてのシーフードバーガーはどうでしょう。ちょっと飽きてしまった...
年に数回のために収納庫からグリルを出し入れしたり、準備や後片付けのことまで考えると、決してラクではない。もし、片手でひょいっと持ち運べるBBQグリルがあっ...
日本では、甘いフルーツという認識のバナナ。ケーキやお菓子に使われることはあっても、おかずとして料理に使われることはほとんどなし。でも、南米やアフリカでは主...
これがあれば、マッチもライターも必要なし!アウトドアでささっと火を起こせる「ブレスレット」が登場しました。使いかたは簡単。燃えやすい木やクズを集めて、あと...
ソーラーパネルと言えば屋根に取り付けるものというイメージがありますが、「SolarGaps」はカーテンブラインド型の太陽光発電システム。窓に取り付けること...
「Science Daily」に、中国海洋大学と雲南師範大学の科学者によって開発されている、太陽光と雨粒の両方から発電可能なソーラーパネルが紹介されました...
アウトドア料理は、限られた器材だけでいかに感性を働かせて作るかが勝負。もちろん、火おこしもそのうちの一つ。だから楽しい。というのは百も承知。でも、ここまで...
モルディブに青く光る海があるという。砂浜近くに押し寄せた海洋性プランクトンの一種「夜光虫」が、夜の海に青い道をつくる現象だ。瞬間、それをイメージさせるが、...
嗜好の違いなんて結局のところ人それぞれ、べつに大した問題じゃあない。ところが、それが当たり前だと感じられるかどうかは、どうやらその「好み」によるというのが...