言葉よりも「切り絵」で語るアーティスト

Maude Whiteの作品の繊細さには理由がありました。

Medium fadb5bf521cbb895b65e1293212cb33050081b62

彼女は、映像作家と物語作家の両親を持ち、映画と本に囲まれた環境で育ったアーティストです。書物の重みとその永続性のある存在感に惹かれましたが、読書はもちろん文章を書くこともしませんでした。

なぜなら、彼女が注目したのは、古くから物語を伝え続ける役割を担ってきた「紙」の強さにあったからです。

Medium f03eca76f379c7f2d5f0ed3eeb8f51a47c1fb129Medium fd96efb5b84c3b472494ffe93d46368a6e90831bMedium 3df2788c49c3f6f92400c6a2fa18c749f751ac6eMedium da5f2ddc75ad15de1343c4e37d10fe2bc0cf249d

切り絵で描く絵は消しゴムを使ってカンタンに修正できるものではありません。微調整を繰り返しながら、気の遠くなるような作業を繰り返していきます。

もちろん、それだけ心身の疲弊も激しいもの。しかし、同時に安らぎを感じられるものでもあるため、こと強迫神経症の彼女にとってはなくてはならない存在だそう。

Medium 91bdc305c0736e56eeb9dce6598e3ad22e20859aMedium dc5fff6b5c4c9bb845d445ba71a13257df6c46caMedium dc71af99e5280eef9ce8c7bbd8b20c235e5f1e82Medium 1487ad5a0703a82147481233769cf209a1642c84Medium 6310928373fcc6bf2371433ed532edb7557bb7c1Medium abe5a613a6ced5070873a2b3d0c19c4dda994554Medium 214b02f954a8ab58415479506f67d3eaddc4ff09Medium ed38ecb6aeb4b0534b7777b43046bb9372550a2bMedium baa635a45a66542db5aa98516cbdb825aed137baMedium b35ce65f5be64261c04445098372ce4db179fda5

彼女が作品のモチーフとして扱うものには、鳥が数多く登場します。魅力的な女性を指す言葉として、気高さを象徴する存在として、さらには先祖が恐竜だったという一説から生物的な強さが感じられるとあり、憧れの女性象を象徴しているとも。

その他、ストーリーを感じさせる作品もいくつかあります。話すよりも切る方が、うまく説明できるとか。

Medium d2b660b32f24ff3d304b449dc3e28b582f227e65Medium a3aa10eb556f1b631aaaaae55c1aa00075a02abeMedium 6208503636ade824da403032e63e4f6273c9fc28Medium ebaae49002d4c3bb25af469af49af972af5aff65Medium 1fa8b264f6094032b853c4fb7d93c0ba03c1083d

影響を受けたアーティストには、画家のポール・ギュスターヴ・ドレ、マックスフィールド・パリッシュ、切り絵アーティストのエマ・ヴァン・リースト、ピーター・コールセン、スー・ブラックウェル、蒼山日菜の名まえを挙げています。

決してモチベーションは枯れない、とは本人談。彼女のInstagramは、いまも新作が更新され続けています。

Licensed material used with permission by Maude White
今まで切り絵は、緻密でデリケートな平面作品ってイメージがありました。でも、イギリスで活躍するアーティストRich McCorさんの作品は一味違うんです。建...
ハサミで紙を切り抜いてイメージを形にしていく「切り絵」の世界。日本人にも馴染みある、あの“ハサミ芸”とは一味違った方法で、繊細な切り絵アートの魅力を伝える...
欧米では古い建物を壊すのではなく、中をリノベーションして長く使用します。アメリカ、特にニューヨークでは第二次大戦前に作られた建物や不動産を「Pre-war...
ある日、ピカソがマーケットを歩いていると、手に一枚の紙を持った見知らぬ女性がこう話しかけてきたそうです。「ピカソさん、私あなたの大ファンなんです。この紙に...
斬新なタッチの油絵かイラストに見えますよね?でも、よーく見てみてください。妙にリアルな部分がありませんか?動きましたね?実はこれ、人に直接絵の具を塗ってい...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
バーニングマンといえば、砂漠のど真ん中に1週間だけ街が生まれる伝説の野外フェス。あるのは仮設トイレと食料の鮮度を保つための氷のみ。命の保証はなく、"No ...
アメリカに暮らすアーティストGeorge  Redhawkさん。彼の画法は、絵が動き続けるgifアニメーションを駆使した「モーフィング」と呼ばれるもの。際...
一見すれば水彩画のようにも見える絵はアクリル絵の具ではなく、どれもワインを用いて描かれたもの。セルビア人アーティストのSanja Jankovicさんは、...
どこからどう見ても、水面を泳ぐ金魚。ところが、そこに生きた金魚は存在しない。ならば、リアルな彼らはいったい何なのか?驚くなかれ、これは3Dペインティングに...
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...
白と黒だけで表現されたこの一枚の絵、あなたには何に見えるでしょう?絵の中に潜むあるモノを見つけ出してしまった人。ひょっとしたら、アナタには“見えないものが...
サーフィンとグラフティをこよなく愛すハワイ・オアフ島出身のアーティストがおもしろい。独学のペインティングに磨きをかけるべくNYへと移住した青年は、自分の特...
ブラスト、シェービング、ケミカル、ヒゲ、加工方法や色落ちの違いで幾重にも表情を変えるのがデニムジーンズの魅力。そのデニムを画材に使って、唯一無二のアートワ...
絵画好きなら、一度は「あの絵の世界に飛び込んでみたい!」なんて妄想をしたことがあるのでは?その世界観や作風がブッ飛んでいればいるほど、なおさらでしょう。ス...
もしも世界がLEGOでできていたら、誰もが知る名画もこんな風に表現されるのかもしれません。ダ・ヴィンチにボッティチェリ、フリーダ・カーロからウォーホルまで...
1970年代後半から80年代にかけて、音源・映像録音に使われていたのが磁気テープ。あの独特の音質を今でも求めるユーザーは意外に多く、近年微増ながら売り上げ...
弾けるような躍動感がある、ペイント。実はすべてコーヒーで描いているそう。ドイツ出身のDianaさんが描くアーティスト達は、それぞれの人物が放つオーラまで再...
気がつけば、スマートフォン片手に、夢中になって撮影する人の姿で溢れるようになった。インスタグラムに代表されるようなSNSを開けば、撮ったばかりの写真が途切...
南米最大の現代美術展、「サンパウロ・ビエンナーレ」が開催されるブラジルばかりに注目がいきがちだが、アルゼンチンもまたラテンアメリカの現代アートシーンを牽引...