余白に価値を見出す北欧生まれの「和ソファ」

イタリアの家具ブランド「arflex(アルフレックス)」によるソファ。形から察するにカウチソファのように見えなくもない。おもしろいのはそのデザイン。日本の伝統的な様式美にインスパイアされたものだとか。

台座を鉢に見立てて
「盆栽の小宇宙」を表現

80c932ecb9a2f631da1bd6b36595b1080f0341b8

床からの高さ数センチ、大小2つの台座ユニットで構成された、その名も「BONSAI」。丸く剪定された庭木とも苔ともとれるクッションが、贅沢にもちょこんと置かれている。

「なるほど、そういうことね」とは、まだ思わないでいただきたい。実のところ、この“ちょこん”にも、もう一つの伝統文化が息づいているから。

日本人の生活様式が欧米化していくなかで、僕たちが失っていったものに、ストックホルムの建築家ユニット「Claesson Koivisto Rune Architects」は目をつけ、北欧の中のNIPPONを内に秘めた。

デザイナーのラフスケッチにも、そのアイデンティティが見え隠れする。

洋のソファと「床の間」が融合

B88479dd031e6d98efc237b2d3b0c7cf9323159fEcf28beef43b20c9512afeadefc41d28963999a5

台座にあしらわれた正方形の余白。「座る」というソファ本来の目的をあえてつぶし、設けたこれを北欧のデザイナーは「床の間」と表現する。

北欧家具のもつ「温かみ」や「心地よさ」に気づいた日本人、今や当たり前のように暮らしに浸透したその家具を生み出す国では、日本家屋の伝統に熱い視線を向けていた。

隣の芝生は青いということ?なんとも不思議な巡り合わせ。月並みな言葉だけどシンプル&モダンな空間にも、若草のにおいのする青畳の上にも、すーっと誰の暮らしの中にもとけ込んでいくような包容力を感じる。

組み合わせてつくる
自分だけの小宇宙

Fad3328068afa1ad6e7951b62deb666228747bff

本来、床の間の床面は“地”を表すもの。日本人の感覚からすれば花一輪を添えてみたり、陶磁器を置いてみたり。それこそ盆栽のように観葉植物を配すのもいい。自然素材から造形されたものであればどんなものでも。ただし、言うまでもなく倒してしまわないよう注意が必要。

捉えようによっては「もったいない」スペース。けれど、この余白を持たせそれを楽しむ価値観に、僕らより北欧の人たちのほうがシンパシーを感じているのかもしれない。

E9092632cdd04dad47ab78273c51092de7d1c28d

腰掛2つのレイアウト次第で自分だけの小宇宙をつくる楽しみも。オプションも充実。フレームにフロアランプを増設したり、小フレームの追加もOKと拡張性も高い。

どうやら、アルフレックス・ジャパンでの取り扱いはないようだけど、プロダクト誕生の背景を知ると、なお自室に招いてみたくなる。

Licensed material used with permission by Claesson Koivisto Rune Architects
北欧スタイルといえば、白い部屋、自然あふれる暮らし、ヒュッゲなライフスタイルを思い浮かべる人も多いのでは。でもそのイメージ、実はズレてるかも。そこでハウズ...
アパレルショップが食器をセレクトし、書店がアウトドアグッズを推す現代。店側が特定分野のモノだけを売る時代はとうに過ぎ去り、衣食住トータルのライフスタイルを...
いい家具があると空間が華やぎます。いいデザインで環境に配慮していたら最高。「We Do Wood」はそんなプロダクトを提供しています。同社が採用する素材は...
地表や岩の上ではいつくばるように成長する苔。深緑色の絨毯が広がる様は、古くから日本人の美意識の中にある苔のイメージですよね。ところが、北欧フィンランドの苔...
香港のデザインスタジオLim + Luがデザインした「荷台」は、ただ車輪がついていて、取っ手を持ち上げて運ぶだけものではありません。これ、棚にもソファにも...
想像力をかき立てられる、ユニークな家具をご紹介。腰掛けても、ゴロンと寝転がってもいいところまでは従来のソファベッド。じゃあ、キャンプ気分を味わうことできた...
これを見てパッと思い出したのは、2008年北京五輪の際に話題を呼んだメインスタジアム、通称「鳥の巣」。あの巨大な建築物を、かな〜〜〜りコンパクトに、そして...
いま、薄型テレビ市場は二極化が進んでいます。売れ筋ランクを見れば、50インチ(第1位)を超える大型なものがいまだに根強い人気。その一方で、次位は32インチ...
家に帰ったらすぐにソファへ…そんな人も多いはずです。疲れたカラダを優しく癒してくれたり、ダラダラ過ごすのにも最適な「ソファ」ですが、じつはここまで進化して...
イギリスの女性デザイナーFreyja Sewell氏が生みだしたのは、“圧倒的にプライベートな”ソファー。そう言われてもピンとこない人がほとんどだと思いま...
海でも山でも、もっと広げればイベントやフェスでも大活躍しそうなソファーをご紹介。アウトドアなのにソファーなんて、おかしく聞こえるでしょう。だけど、この心地...
緑の芝生が美しい、広々としたのどかな庭。そこに小さな丘のような不思議な盛り上がりが。なんとこれ、芝生でできたソファなんです。芝生にゴロンとするのも確かに気...
自宅で扱うノートパソコン。どこへでも持ち運べる利点を生かすからこそ、ソファやベッドの上が作業場となる。けれど、意外に効率が良くないと感じた経験があるはずだ...
自然の風景の断片を切り抜き、鉢の中に閉じ込める盆栽。ハサミを手に、難しそうな顔つきで剪定する“年配者の趣味”くらいにしか思っていないかもしれませんが、近年...
ひとり暮らしでネックになるのは、やっぱりスペース。ソファも作業机も置きたいけれど、なかなかそんな場所が取れなかったりする。それなら、ひとつで何役にもなるこ...
家や部屋はきれいに片付けておきたいけれど、たまの来客用に机やイスがあると便利だし、たまにはソファも使いたい。でも、できればデザインにもこだわりたい…。いま...
近年、日本よりも世界での注目度が高い盆栽。身近なインテリアや芸術作品として、自然を凝縮した「BONSAI」に傾倒する外国人が急増。そんな彼らでなくても、「...
ひと昔前に比べて、だいぶオシャレさを増した室内用のフィットネス機器。それでも機能優先で、どうしたって“ギア”感がついてまわる。そこで、こんなエアロバイクの...
洗練された「北欧スタイル」は、なにもインテリアに限った話ではありません。1960年代スウェーデンのフィッシャーマンスタイルを現代風にアレンジした、シンプル...
毛の一本一本まで精緻に描かれた、動物のポートレート。その体の奥に透けるのは、美しい風景…。このイラストレーションは、デンマーク・コペンハーゲンに本拠を置く...