「みずのいろ」は、水面に栄える四季を表現した和菓子です。(岐阜県大垣市)

店頭、もしくは電話予約でのみ注文を受けつけ、そこから約10日ほど待ってようやく出会えるお菓子があります。岐阜県大垣市、わざわざ訪ねてでも手に入れたくなる、清らかで繊細な干菓子「みずのいろ」。

「水の郷」が奏でる四季を
五色のハーブで再現

Medium e232696efe16bcf993b41b50c62b17c62b471098

清らかな水が街のいたることこから湧き出る美濃国大垣は、古くから“水の郷”として親しまれてきた土地。この水とともにお菓子を作り続けてきた創業260年の老舗「御菓子つちや」が、季節ごとに移ろいゆく水の色を干錦玉(ほしきんぎょく)で表現しました。

砂糖と寒天を煮詰めて冷やし固めた伝統的な干菓子を、型抜きぜずに極限まで薄くし、丸い水の玉を成形していきます。五色は水面に映る景色や訪れる四季をイメージし、ハイビスカス&ローズヒップ、オレンジピール、カモミール、スペアミント、バタフライ・ビー、とハーブで色付けしています。

淡い「みずのいろ」をこうして眺めていると、“無色透明な水”なんて、単なる思い込みに過ぎないのかもしれませんね。

予約して、製造を待って
店頭で受け取れる人のみ

ただでさえ干錦玉は、時間をかけて乾燥させる手間のかかる干菓子。天候にも左右されるそうです。繊細で割れやすい、ゆえに店頭で受け取りができる人のみ、五色の“口福”にたどり着くことができる希少性の高いもの。

完成まで約10日、心待ちにしながら飛騨高山に白川郷、下呂温泉や長良川鉄道など、国内随一の観光地をゆっくり巡ってみてはいかがでしょう?旅の終わりに珠玉のお菓子を手みやげに。

電話かメールにて注文をどうぞ。詳細はこちらから。

Licensed material used with permission by 御菓子つちや
春夏秋冬に土用を加えた「五季」。この5つの季節を発酵調味料(酒、塩糀、酢、醤油、味噌)で表現した、お菓子を紹介します。日本料理の基本となる調味料「さしすせ...
岐阜県関市の山あいに、カメラ愛好家が注目する“幻の池”があります。わざわざ、遠方からこの地に足を運ぶ観光客が後を絶たない人気の秘密は、根道神社境内の前に広...
2015年に170年目の秋を迎える御船山楽園では、11月1日より「紅葉まつり」が開催されます。また、11月7日からは日本国内でも最大級のライトアップが施さ...
東南アジアにおいて、香港もまたスイーツ天国のひとつ。お腹いっぱいディナーをした後でも、街を歩けばネオンに惹かれてつい立ち寄ってしまうのがスイーツ専門店です...
おもちにきなこと黒蜜をかけて食べる、山梨のお菓子「信玄餅」。その進化版とも言える「水信玄餅」は国内でも話題になりましたが、さらにこれにインスパイヤされた「...
信玄餅といえば、山梨県の代表銘菓。求肥加工した餅に、きな粉と黒蜜をかけて楊枝で食べるスタイルは、多くの日本人に愛されています。しかし、「水信玄餅」となると...
地域PRの手法は数あれど、ときに「この発想はなかった!」と唸ってしまうものに出会うことがあります。今回紹介する動画も、間違いなくそのうちの一つ。これは、宮...
エディブルフラワーを使ったスイーツ、と聞いてピンときたあなたは、かなり流行に敏感。というのも、そのあまりに美しい見た目が、じわじわと女性の注目を集めている...
世界のさまざまな言語には、日本語と同じように「比喩」が存在しています。それぞれの国で独自の表現をするため、よその国の人が聞くと「ナニソレ?」となるのは当然...
辛く悲しい失恋。そんな苦い記憶も、ニューヨーク在住のデザイナーIsabella Giancarlo氏の手にかかれば“甘い思い出”に大変身!その方法は単純明...
日本3大奇祭のひとつに数えられ、数え年で7年に一度行われる長野県諏訪地方の御柱祭。7トン超えの巨木を山から切り出し、諏訪大社まで最短距離で運ぶために川を越...
赤ずきんちゃん、ピノキオ、三匹の子豚、シンデレラ、ピーターパン…。イタリアの建築家兼デザイナーであるFederico Babinaさんの手がけたイラストは...
「環境の変化に柔軟に対応する」そう聞くと、学生時代の就職活動を思い出してしまうのは自分だけだろうか?というのも、企業が求める人物像の“常套句”だったから。...
「失恋 海 哀しい」なんともおセンチな検索ワードからはじまる、非モテ男の成長記録をお届け。ネットサーフィンを趣味とする男の子が、南国の青い海を舞台に本物の...
世界第5位のエネルギー消費国でありながら、原子力を除いたエネルギー自給率はたったの5%という日本。しかし、まだまだ活用されていない資源があるのを知っていま...
アメリカやイギリスを中心に、海外ではスイーツ感覚で食べられている「ライスプディング」。あれ苦手という声をよく耳にします。日本人からしてみれば、お米を牛乳で...
上品な味わいの「マスカルポーネチーズ」は、ティラミスだけでなく、さまざまなケーキに使用されています。あの濃厚なクリーミーさを冷蔵庫にあるもので再現できたら...
あったかいごはんに、菊イモと人参のきんぴら、能登の里山汁。堪らず舌先が“しっとり”してくるこの献立。2016年1月29日、石川県羽咋(はくい)市内の小中学...
アーティストのフェデリコ・バビーナさんが公開した「Archiatric」という新しいプロジェクト。これは、心配性やうつ症状などの心の病気を、それぞれ異なっ...
天空の鏡にたとえられるウユニ塩湖や、澄んだフィヨルドを写し出した写真に私たちが旅情をかきたてられるのと同じように、きっとこの動画を目にした多くの外国人が「...