「みずのいろ」は、水面に栄える四季を表現した和菓子です。(岐阜県大垣市)

店頭、もしくは電話予約でのみ注文を受けつけ、そこから約10日ほど待ってようやく出会えるお菓子があります。岐阜県大垣市、わざわざ訪ねてでも手に入れたくなる、清らかで繊細な干菓子「みずのいろ」。

「水の郷」が奏でる四季を
五色のハーブで再現

E232696efe16bcf993b41b50c62b17c62b471098

清らかな水が街のいたることこから湧き出る美濃国大垣は、古くから“水の郷”として親しまれてきた土地。この水とともにお菓子を作り続けてきた創業260年の老舗「御菓子つちや」が、季節ごとに移ろいゆく水の色を干錦玉(ほしきんぎょく)で表現しました。

砂糖と寒天を煮詰めて冷やし固めた伝統的な干菓子を、型抜きぜずに極限まで薄くし、丸い水の玉を成形していきます。五色は水面に映る景色や訪れる四季をイメージし、ハイビスカス&ローズヒップ、オレンジピール、カモミール、スペアミント、バタフライ・ビー、とハーブで色付けしています。

淡い「みずのいろ」をこうして眺めていると、“無色透明な水”なんて、単なる思い込みに過ぎないのかもしれませんね。

予約して、製造を待って
店頭で受け取れる人のみ

ただでさえ干錦玉は、時間をかけて乾燥させる手間のかかる干菓子。天候にも左右されるそうです。繊細で割れやすい、ゆえに店頭で受け取りができる人のみ、五色の“口福”にたどり着くことができる希少性の高いもの。

完成まで約10日、心待ちにしながら飛騨高山に白川郷、下呂温泉や長良川鉄道など、国内随一の観光地をゆっくり巡ってみてはいかがでしょう?旅の終わりに珠玉のお菓子を手みやげに。

電話かメールにて注文をどうぞ。詳細はこちらから。

Licensed material used with permission by 御菓子つちや
春夏秋冬に土用を加えた「五季」。この5つの季節を発酵調味料(酒、塩糀、酢、醤油、味噌)で表現した、お菓子を紹介します。日本料理の基本となる調味料「さしすせ...
岐阜県関市の山あいに、カメラ愛好家が注目する“幻の池”があります。わざわざ、遠方からこの地に足を運ぶ観光客が後を絶たない人気の秘密は、根道神社境内の前に広...
地域PRの手法は数あれど、ときに「この発想はなかった!」と唸ってしまうものに出会うことがあります。今回紹介する動画も、間違いなくそのうちの一つ。これは、宮...
2015年に170年目の秋を迎える御船山楽園では、11月1日より「紅葉まつり」が開催されます。また、11月7日からは日本国内でも最大級のライトアップが施さ...
一脚ずつバラバラの椅子が揃うダイニングテーブル。あ、これ我が家の話です。わざわざすべて同じモノで統一しなくても、お気に入りの椅子を見つけては買い足していく...
「環境の変化に柔軟に対応する」そう聞くと、学生時代の就職活動を思い出してしまうのは自分だけだろうか?というのも、企業が求める人物像の“常套句”だったから。...
あったかいごはんに、菊イモと人参のきんぴら、能登の里山汁。堪らず舌先が“しっとり”してくるこの献立。2016年1月29日、石川県羽咋(はくい)市内の小中学...
東南アジアにおいて、香港もまたスイーツ天国のひとつ。お腹いっぱいディナーをした後でも、街を歩けばネオンに惹かれてつい立ち寄ってしまうのがスイーツ専門店です...
おもちにきなこと黒蜜をかけて食べる、山梨のお菓子「信玄餅」。その進化版とも言える「水信玄餅」は国内でも話題になりましたが、さらにこれにインスパイヤされた「...
白州町のミネラルウォーターを寒天で固めた水菓子が「水信玄餅」。製造元は、山梨県北杜市白州町に本店を構える金精軒。限界を遥かに超えた水分を含ませており、常温...
東京湾に自然林のある無人島が存在していることを知っていますか?それも大島や小笠原の話ではありません。神奈川県横須賀市。この無人島がナント、平日限定ながら一...
チーズや鳥小屋を模した、一風変わったツリーハウスが点在する空間。ここは、長野県小諸市にある「安藤百福センター」の森の中です。そもそも、安藤百福センターとは...
「ファミリーコンピューター」を通り抜けた世代なら、このオープニング画面だけでグッとくるはず。そう、京都府宇治市のPR動画は、完全オリジナル2D横スクロール...
エディブルフラワーを使ったスイーツ、と聞いてピンときたあなたは、かなり流行に敏感。というのも、そのあまりに美しい見た目が、じわじわと女性の注目を集めている...
辛く悲しい失恋。そんな苦い記憶も、ニューヨーク在住のデザイナーIsabella Giancarlo氏の手にかかれば“甘い思い出”に大変身!その方法は単純明...
宮崎県日向市のPR動画として世間を騒がせた、"非モテ男"の成長記録。ネットサーフィンを趣味とする男の子が、南国宮崎の青い海を舞台に本物のサーファーへと変貌...
突然ですが、少しだけ小学校時代を思い出してみてください。時期は夏休み終盤。ニ学期の開始まで、残り一週間を切っています。ほとんどの人は依然として宿題が残って...
世界のさまざまな言語には、日本語と同じように「比喩」が存在しています。それぞれの国で独自の表現をするため、よその国の人が聞くと「ナニソレ?」となるのは当然...
ミルクをコーンスターチで固めた、エジプトを代表するデザート「マハラビア(メハラビア)」。現地で食べる味は濃厚でクリーミー、かつ大脳皮質を揺さぶるような強烈...
日本のどこかで数日だけオープンする、今注目の幻の野外レストラン「DINING OUT(ダイニングアウト)」。過去には、佐賀県の有田や新潟県の佐渡で大きな成...