「失恋博物館」へようこそ!超個人的ラブストーリー11選

失恋経験はありますか?忘れられない思い出の品は?

ここは、“過去”の新しい家。「Brokenships Collection」は、かつて壮大に燃え上がったであろう愛の記憶を守る、最後の砦です。

Museum of Broken Relationships

クロアチアにある「Museum of Broken Relationships」の収蔵品が、公式Tumblrで紹介されています。世界中から寄贈された“壊れた人間関係”を示す記念品が展示されており、失恋博物館と呼ばれることも。一体どんなものか、実際に恋愛に関するものを抜粋しました。それぞれのモノにまつわるラブストーリーを読んでみてください。刺激的です。

01.

Medium 577d74848a37b21b140b4b3b310ef0faf94cb7f8

プラッシュスヌーピー(ぬいぐるみ)|オランダ

これは、17歳の誕生日に、彼からもらったプレゼント。1981年10月5日のことで、恋に落ちてから6ヶ月経っていた。それから30年後、私たちは家を持ち、3人の子どもと一緒に暮らすようになった。

だけど、彼は別の女性と恋に落ちて、彼女のほうを選んだ。本当のところ、今まで私のことを愛したことなどなかったと言うのだ。私はただただ、理解できない。

02.

Medium 88874279548ebfe0b761079f2cbbae8099f9d87d

フクロウのロケット|イギリス

これは、初恋の相手に買ったロケット。私は、20歳の時にゲイだとカミングアウトした。彼女は、私にとって最初のガールフレンドだった。たった数ヶ月の関係だったけど、狂ったように愛し合ったから、自分に自信を持つには十分だった。

別れる数日前に購入したもので、高価なものでもなかったし、トクベツなプレゼントというわけでもなかったのだけど、見ると彼女のことが思い浮かんだ。

彼女は鳥が好きで、あげたらどれだけ喜ぶかわかってたの。でも、渡す前にフラれちゃった。今でも、そのゴージャスなブルーの瞳を思い出さずにはいられないものだわ。

03.

Medium d0ae15d69b156cdf614520f28cb404463f5ed2e2

ガラスの馬|スロベニア

ある日、ベッドを片付けていたらクローゼットに小さな箱があって開けてみた。底には結婚指輪が置いてあり、隣には小さなガラスの馬。ヴェネツィアの島ムラーノを訪れた際にワークショップで作られたものだった。古い思い出…。記憶が正しければ、夫と私が旅行で行った場所だ。

太陽が輝く最高の日。私は若く、恋に落ちていた。私はふたりの未来を夢見ていた。ヴェネツィアは恋人たちの街だ。ゆっくりと通りを歩きながら、セントマークスクエアや石橋を渡った。道は観光客でごった返していて、若い人は手をつなぎながら歩いていた。みんな幸せそうだった。

私たちはカナル・グランデにたどり着き、長く狭い道に並ぶ美しいパレスを眺めながら、Café Gondoliereに入った。それから、ガラス工房へ。そこで私は、美しいガラス細工に目を奪われた。ガラスの馬。「ああ…。これがあったら私は幸せ」と、つい口にしてしまったほど美しかった。

ホテルまでの道のりは長かった。たくさん語り合ったわけではなかったけど、穏やかな時間を満喫した。とても幸せだった。そして、ホテルに到着する寸前。夫は私の頬にキスをして、小さな包みを手渡した。

「愛してるよ。止められないんだ。キミはぼくの人生だ」。

「私もよ」。

部屋に入って小包を開けると、小さなガラスの馬が入っていた。

それから20年後、私は離婚した。彼の愛情は風のようにどこかへ消えて失せてしまった。私はガラスの馬を結婚指輪の横へと戻し、箱のフタを閉めた。

「泣くな!明日は新しい一日だ」。

そう自分に語りかけた。

04.

Medium 745fa244c434382bf208b563d6382c0dfd98b315

赤い靴|フランス

彼と出会ったのは、20年以上前。初めて目にした瞬間スグに恋に落ちて、止められなかった。彼にはパートナーと子どもがいて、私にはふたりの子どもがいた。

とても良い友だちから関係は始まり、弾みでアリエナイ展開に!彼は奥さんの元を去って、私はすでに夫とは別れていたから、冒険するように強烈な瞬間を一緒に過ごした。

キャサリン・リンガーは「すべての恋はすべからく悲劇に終わる」なんて上手いことを言うものね。彼、この靴をピガールのアダルトショップで買って私にプレゼントしてきたわ。

※ピガールはパリの歓楽街。

05.

Medium 80642bc5c535009682b4eb90f21d17dc3940b408

アンティークの時計|クロアチア

彼女はアンティークが好きで、古くて動かないものほど愛していた。一緒に居れなくなったのは、それが理由だね。

06.

Medium b1164c338d4ef686ce52d83bc6b4d7d05ecf363a

ロンドンのダブルデッカー(2階建車両)|ザグレブ(クロアチア)

これは、彼女がくれたカーコレクションの一部。彼女はぼくにとって最初にエッチな関係になった人。いくつか年上で、穏やかで、賢くて、面白かった。ぼくを成長させてくれた大事な人だ。その時はわからなかったんだけど、別れた原因はぼくにあった。年上の人たちが言うには、ぼくは彼女を十分に可愛がってあげていなかったんだって。

07.

Medium 8c53503bd82a11494aab558dd4b247507f4b24ed

100クローナ紙幣(約1,200円)|スウェーデン

ストックホルム旅行のあと、関係が終わったあとに残ったのはこれだけでした。彼は私にこう言ったんです。

「とっときなよ。次に会いに来るときに使うことになるんだから」。

それっきりですけど。

08.

Medium 8f112cd8498cb256b375caadf6b9c2feb082af37

シャンプー|クロアチア

関係が終わると、私の母はコレをガラスを磨く洗剤として使い始めた。彼女が言うには、よく落ちるらしい。

09.

Medium b20af5be3fa9ed4c2b67f4e40cc079a8407b79fa

キーボトルオープナー|スロベニア

彼は私に愛を語り、小さな贈り物を毎日くれた。これはそのうちのほんの一つ。心を開ける鍵。驚いたわ。私とどうしても寝たがらなかったけど、どれだけ愛されているかに気づけたのは、彼がAIDSで亡くなった後だった。

10.

Medium f22b1256132c80dd3e1ba19820cf005edf5da1a9

未開封のキャンディGストリング|スイス

これこそが彼にとっての“ロマンティック”だったらしい。キャンディでできた下着。笑ったわ。けど、一度も箱を開けなかった。花を買ってくれたことなんて一度もなかった彼は、「それって退屈な人たちが買うものだから」とか言っていた。その代わりに、私の自転車の新しいパーツとしてソーセージを贈ってくるの。まあ、愛していたから気にしなかったわ。

4年くらい経った頃、プレゼントが急に安くてみすぼらしいものになっていった。そしたら私の同僚と浮気してて、メールでフラれたわよ。

11.

Medium a062496532553ca81d14e8b7bb354ba10dd728fa

フランスのID|スロベニア

偉大な恋愛が遺した唯一のものは、市民権。

「Museum of Broken Relationships」は、クロアチア・ザグレブ本館のほか、2016年6月4日からロサンゼルスに新館がオープン。機会があればぜひ。詳しくはコチラから。

Licensed material used with permission by Olinka Vistica
アイスバケツチャレンジを覚えているだろうか。ALS(筋萎縮性側索硬化症)の研究支援と、この難病を広く世の中の人に知ってもらう目的で、2014年アメリカから...
世の中にあるのは、敷居が高くてアカデミックなミュージアムばかりではありません。世界各地に、目を疑いたくなるような「ナゼ?ナニ?」を収集、展示したヘンテコな...
失恋は怖い。ふる方もふられる方も。けれど、そこから得られる学びは数知れません。女性ブロガーLindsay Tigarさんが「Your Tango」に書いた...
失恋から立ち直るのって、どうしてこんなにも難しいのでしょう。恋人と別れて、SNSのフォローも外して、連絡先も消して、偶然会ったりしないように相手のいそうな...
失恋したら辛いものですが、いつまでも悲しい気持ちであふれた状態ではいたくはないものです。どのように過ごしたら恋の痛手から、早く立ち直ることができるのでしょ...
仏ボルドーに今年6月オープンした 「La Cite du Vin (ワイン文明博物館)」。ボルドーワインで有名なこの街の新たなシンボルとして、構想から8年...
どんなに大きな失恋でも3ヶ月で立ち直る!?失恋からどれくらいで立ち直ったか、というのはどの国でもどの年代でも気になる話。一世を風靡した海外ドラマ「セックス...
失恋した彼ともう一度復縁するには、別れる前よりもっといい女性になることが必要です。放置期間は、そのためのチャンス!自分を磨いて彼に別れたことを後悔させてし...
「好きな人に既に恋人がいた」「告白したけど断られてしまった」など、片思いのまま失恋してしまうこともあると思います。まだ片思いの段階だったとはいえ、一つの恋...
失恋をすると、突然広くて暗い海のなかに投げ出されたように気分になり、どうしていいかわからなくなってしまいます。しかし、失恋を乗り越えることができたら、得ら...
片思いの相手に勇気を振り絞って告白。そして撃沈!そんなときは誰だって落ち込みます、ちょっとまって!まだ、その恋は終わっていないかも。すぐに諦めてしまわずに...
失恋によって自暴自棄になったり、家の中に閉じこもったりしていても、やり場のない大きな悲しみはなかなか癒えることがありません。しかし、生きている限り、あなた...
すでに終わってしまった恋をなかなか払拭できず、次の一歩を踏み出せない。なんとも言えないこのもどかしさは、きっと多くの人が経験しているはずです。でも、不思議...
職場での片思いの相手に失恋…。普通の失恋よりもダメージが大きいことは想像に難くないはずです。なんせ、この先も(下手すると毎日)顔を合わせなくてはなりません...
失恋を乗り越える方法は人それぞれ違うけど、「音楽」を聴いて悲しみを紛らわしたり、気分を変えるって人は多いはず。「Elite Daily」ライターSheen...
辛く悲しい失恋。そんな苦い記憶も、ニューヨーク在住のデザイナーIsabella Giancarlo氏の手にかかれば“甘い思い出”に大変身!その方法は単純明...
失恋をすると、想像以上につらく苦しい気持ちにさいなまれ、身動きがとれなくなってしまいますよね。自分だけが世界の中で取り残されたような感覚に襲われることもあ...
今こそ、飛び出すべき。フラれた・・・。失恋はいつだってツラい。学校も仕事も行きたくないし、毛布にくるまって閉じこもっていたい。そんなアナタに、ちょっと荒療...
まだ10歳のとき、初めて目にした「iMac G5」に一目惚れした少年。おもちゃのミニバイクと家の除雪機とで、物々交換して手に入れた人生初のパソコン。それか...
「愛らしい妖怪」がたくさん登場するという同展覧会。なんとなく、妖怪というと“恐いもの”というイメージがありますが、その定義はさまざま。妖怪は、日本人が古く...