世界中から問い合わせが殺到している「ヘアピン」。どうして?

大ヒットの可能性を秘めているヘアピンがあります。

発売未定ですが、すでに日本のみならず海外からも問い合わせが殺到中。ただし、単なるファッションアイテムではありません。革新的な、その機能が注目されています。

「音が感じられる」
ヘアピン

Medium 48d9d6a37a795c315061bfb45bd172a97abc34b8

名前は『Ontenna』。音とアンテナを合わせたネーミングの通り、髪につけることで、音を感じることができるようになっています。

「なんに役立つの?」

答えはシンプル。これはろう者に向けたデバイスなんです。

現在、広い意味でのヘルスケア業界は、ウエアラブルが主流に。洗練されたデザインのものも増えてきています。でも、耳の聞こえない人に音を知らせるプロダクトは“そういうもの”が少ないのが現状。そのなかで『Ontenna』は、見た目と機能を両立させたスグレモノなんです。

リアルタイムで、
音を感じる

100c0aeef644cc5b90461b74e1488d1e53c3460f

その仕組みはシンプル。音を感知し、本体のバイブレーションが作動します。その微妙な振動が、髪を通じてつけている人に“伝わる”のです。風が吹くと、髪の毛がなびいてその向きがわかる、そんな感覚をイメージをしてもらうとわかりやすいかもしれません。

ちなみに、カバーできる音は30〜90デシベル。これは深夜の郊外くらいの静けさから、騒がしいカラオケ個室と同じくらい。かなり広い音域です。それらをリアルタイムで変換、256段階の振動で伝えてくれます。

実際につけてみました。

まず、軽い! つけていることへの違和感はほとんど感じません。

肝心の機能面ですが、話し声はもちろん、笑い声の強弱までを、繊細な振動の変化でしっかりと感じとることができます。

この感覚、なかなか言語化するのが難しいのですが…。「自分の声をすぐその場で録音再生しているような感覚」と言えば、想像できるでしょうか。

映画やコンサートだって
より臨場感を楽しめるように!

Medium d1d36731e3cf3b14e98a27258aec9477919a76d5

ろう者は、音を情報として認識することが難しく、自分が声を出していてもわからなかったり、人に話しかけられても気がつかないということも。

でも、『Ontenna』があれば、メール着信に気づけるし、洗濯が終わったこともわかります。

家の中だけじゃありません。車や自転車の接近にも気づけるので、外出だってより安全になります。

さらに、これまで字幕を追っていた映画やコンサート、スポーツ観戦などのエンタメだってもっともっと楽しめるようになるはず。

なんてシチュエーションを想像してみると、世界中から問い合わせが殺到している理由がわかります。うん、これはイイ!

Medium 248ece3940150d776b5cad3391aa056a67e681c2

ろう者と一緒になって『Ontenna』を開発しているのは、富士通株式会社。社会問題の解決に向けて推進している、オープンイノベーションの一環として研究が行われています。現在は、音程がわかる機能を搭載させるべく、トライアンドエラーを繰り返し中だそうですよ。

「商品化が待ち遠しい」。そう思っている人が、たくさんいるヘアピンです。

「もっと詳しく知りたい!」という人は、開発者の本多達也さんがTED×Hanedaに出演した、この動画をチェックしてみて。

Licensed material used with permission by 富士通
Reference:YouTube
すれ違ったときや側にいるときに、ふわっとイイ香りを漂わせたい。そう思って香水をつけても、汗で流れたりしてなかなか持続しないことがあります。でもこれなら、肌...
路上でのヘアカット。一見なにかの撮影のようにも見えますが、もみあげを整えられている男性はホームレス。カットしているのは、美容師のJosh Coombesさ...
「編み込み」好きが高じて研究に研究を重ねた結果、もはや趣味の域を超えアートとしか言いようのないヘアアレンジを、毎朝ひとり娘に施すママがいます。まずは、いく...
シングルファーザーとなったパパたちの奮闘ぶりは、なんとなく想像がつくところ。ですが、ここで紹介する仲良し父娘の絆の深め方は、とっても素敵なものでした。父娘...
子育てに苦労はつきものですが、とくに異性の子どもの場合、自分の幼少時代の経験が通用しないこともあり、なかなかうまく接することができないことがあります。フィ...
そこは、バーチャルとリアルの境界線が曖昧になった世界。デザイナー兼映像制作者のKeiichi Matsuda氏が手がけた『HYPER-REALITY』は、...
 かつて無限のように広かった世界は、とても身近になった。LCC(格安航空会社)で飛べば安価にどこの国にでも行けるようになったし、AirBnBのようなシェア...
水着の季節に気になるのがアンダーヘアの処理。欧米人はアンダーヘアーを処理することは常識で、女性のみならず男性も手入れしている。海外では、アンダーヘアーを完...
『光を灯す/future with bright lights』と題された動画は、電気設備工事などで知られる総合設備企業「関電工」によるwebムービー。な...
明日のため、寝る前にするヘアセットの下準備。三つ編みをして寝ると、朝にはパーマをかけたようなカールができている、いわゆる「貧乏パーマ」が有名ですが、これか...
もともとは様々なアーティストの手によってタバコの箱に描かれた絵だったそう。「En L'An 2000」は1899年の作品。日本で言えば明治時代の始めです。...
「SEIKO」といえば、言わずと知れた純国産腕時計ブランド。世界で初めて­GPSソーラーウオッチというジャンルを確立した「アストロン」は、同ブランドの「時...
野外フェスが本格的にシーズンインするこれからの季節。ライブ好きのみなさんを「科学のチカラ」が後押ししてくれそうです。Science alertの記事による...
チェスの世界王者を破ったり、料理のレシピを考えたりと、活躍の場を広げる人工知能。今度は顧客から送られてきたフィードバックを活かした「ビール作り」に取り入れ...
英ウェールズ南部のスウォンジー湾で進んでいる「人工ラグーン」プロジェクトを知っていますか?それによると、潮力エネルギーによって155,000世帯の電力を生...
タコが食卓に並ぶことって全然珍しくありません。ここで紹介する仮説が正しいとなると、私たちは「エイリアン」を日常的に食べていたということになります。もしそう...
東日本大震災とそれに伴う原発事故発生を目の当たりにした、一人の若きエンジニアが、代替エネルギーに革命をもたらす事業を展開している。彼が目をつけたのは風力。...
世界初の液体プラスチック「BONDIC」は、「UV(紫外線)」を当てると固まる接着剤です。歯の治療法からヒントを得ているのだとか。まるで、工芸に使う「グル...
アダルトサービスがテクノロジーによってどう変わるのか。VRやセックストイの進化を見ると、どんな未来が待っているのかがある程度イメージできます。主には、バー...
2012年にその年最もバイラルした動画のひとつとしてCBS Newsで取り上げられたこのYouTube動画には、両腕を持たずに生まれたミュージシャン「Ge...