知っているようで知らなかった。日本初のブランド卵「ヨード卵・光」の7つの真実

スーパーのたまご売り場で見かける『ヨード卵・光』。じつは今年販売開始から40周年を迎える、日本初の「ブランド卵」なんです。

長く日本の食卓で愛され続けてきたこのプレミアム・エッグには、知られざる秘密がたくさんあるんだとか。あなたは、いくつ知っていましたか?

01.
ニワトリの飼料と品質管理が
あの「おいしさ」に

7a64ba062250299be5e631c43c705e6169abea35

『ヨード卵・光』のおいしさの秘密、ひとつはニワトリの「飼料」にあります。必須ミネラルのヨード(ヨウ素)を含む海藻粉末や、良質な白身魚の魚粉など独自の飼料を配合しています。

さらにもうひとつは、『ヨード卵・光』を産むニワトリのヒナから、農場管理・卵の出荷まで、徹底した品質管理。それをクリアした卵だけに「光シール」が貼られ、出荷されるそうです。

02.
ネーミングの由来は
新幹線!?

E20570453214ba345142972690939403016ea220

日本初のブランド卵『ヨード卵・光』のヨードはミネラルのこと。では、光は?その意味するところは「食の明るい未来を照らしたい」ということ。そして、じつはそれ以外にも「夢の超特急」として販売開始当時大人気だった新幹線「ひかり」が話題であったことから、そのネーミングが使用されたんだとか!

03.
じつは「科学的に」
おいしさが証明されている

まったりした濃厚さや、口の中に広がる旨味が『ヨード卵・光』のおいしさの秘密。「おいしさ」なんて個人差があるでしょ、と思われそうですが、じつはこれ、感覚的な話だけじゃなくて、味覚センサーの分析によって、他のブランド卵と比べても3.56倍の「コク」があることが科学的に証明されているんです

また、料理人や料理研究家などを対象にしたアンケートでは、65%のプロが「普段使っている卵を『ヨード卵・光』に変えたら料理がおいしくなった」と回答。特に、鮮度や黄身の盛り上がり、弾力などに高評価がついたそうです。

04.
普通に作った「たまご焼き」に
問い合わせが殺到

42d68e43a1330abf3a8595160d98924ca3099d12

スーパーの店頭デモンストレーションでよく『ヨード卵・光』のたまご焼きを作るそうです。レシピ自体はなんの変哲もないにも関わらず、そのあまりのふわふわ感とおいしさに、「どうやって作ったの?」と問い合わせが殺到するそう。

05.
他業種から
「タイアップ」のオファーが
あとを絶たない

大手お菓子メーカーからパンメーカー、コンビニまで『ヨード卵・光』にはタイアップ商品の話が絶えないとか。たまご料理専門店やお好み焼き店だけでなく、プリンやおでんのたまご、バームクーヘン、意外なところでは冷やし中華の麺にも使われています。

身近なコンビニ商品でも、タイアップしているものには「ヨード卵・光使用」と書かれてあるので、気になる人は探してみては?

06.
販売元の日本農産工業には
「ヨード卵部」がある

09ce3626b7ffc99f1fbb3ae395e0cf16b969b6a4

「ヨード卵部」って言っても部活ではないですよ。れっきとした会社の「部署」なんです。ヨード卵部はその名の通り、ひたすらヨード卵のことだけを考える仕事です。研究だけではなく、生産や販売、さらにおいしい食べ方まで、ヨード卵に関わる全てに、限りない愛情を注いでいるとか!?

07.
超シンプル!だけど時間がかかる
他の卵では味わえない
絶品「TKG」

2e68a8944fc9983c5824259722ce0f4c8d2b3099

そんな「ヨード卵部」だからこそ知っている、とっておきの「たまごかけゴハン(TKG)」の作り方を聞いてみました。レシピがこちら!

① 『ヨード卵・光』を割り、ビニール袋に入れる
② 冷凍庫で一晩凍らせる
③ 食べる1、2時間前に解凍する
④ 炊きたてのご飯にのせて醤油を垂らす

以上!……とーってもシンプルですが、時間はかかります。でも、それだけの価値があるはず。一度凍らせることで、ただでさえコクのある『ヨード卵・光』の黄身が、さらにねっとりします。この濃厚な味わいは、他の卵では出せないでしょう。

そんな『ヨード卵・光』は、なんと7月にリニューアルします。美容に嬉しいビタミンEをたっぷり*含んで、栄養もおいしさもさらにパワーアップするとか!?
*『ヨード卵・光』可食部100gあたり12.0mg含有(普通卵1.0mg)

これでもう、明日の朝ゴハンのメニューは決まったも同然ですね。

58e55b05a58b760ee2b3cf734a7518d22e1393e2
Sponsored by 日本農産工業株式会社
忙しい朝の強い味方、たまごかけごはん(TKG)。卵は体に必要な栄養素のほとんどがバランスよく含まれている完全栄養食です。時間がない時こそ、しっかりと栄養を...
静岡県は袋井市の名物料理、それが「たまごふわふわ」。一般公募で子どもがネーミングしたのかと思ってしまうようなこの料理、じつは200年以上前から食されてきた...
春の行楽シーズンは、ちらし寿司や茶巾寿司など、薄焼き卵を焼く機会が増えてくるもの。普段のお弁当においても、彩りに重宝する料理です。ただ、薄焼き卵って地味だ...
弁当の中に入れたり、朝食時によく食べたりするゆで卵。いつも同じでちょっと飽きたという方に、ここでは少し変わった作り方をご紹介。ポイントはグルグルと回すこと...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
「茹でた卵を元の生卵に戻す!?」そんな、実現不可能に思えることを、何年も前から世界中の化学者たちは、大真面目に研究に取り組んでいたようです。カリフォルニア...
家庭で作ったうどんやサラダをより美味しくーー。そんなときに活躍するのが温泉卵。でも、いざ作ろうとすると、意外と面倒で時間がかかるものですよね。ただし、@T...
「WonderHowTo」で紹介されていたのは、卵の殻の利用術。ライターBrady Klopferさんによれば、彼が1年でどのくらいの卵を食べているか計算...
ハワイのブレックファースト代表メニュー、エッグベネディクト。イングリッシュマフィンの上にのったベーコン、ポーチドエッグ、そしてオランデーソースというビジュ...
いつものコーヒーにたった2つの材料をプラスするだけで、その味がティラミスに大変身してしまう。こんなことってある!?ウソだと思うなら、試しに練乳と卵を入れて...
台湾のコンビニで寸胴鍋に入ったまっ茶色のそれを見たことがありませんか。これ、「茶葉蛋」という立派な料理で、おやつ代わりに食べたり、中国茶のお茶請けとして提...
生クリームも、牛乳も卵もいらない。たった2種類のナッツを用意するだけで、なめらかでリッチなアイスクリームがつくれてしまいます。しかも、美味しくて健康的。こ...
アメリカ生まれのアボカドの美味しい食べ方をご紹介。火を通すことで、柔らかく、いっそう美味さが増すアボカドを、トロトロの半熟卵にからめて食べる「アボカドエッ...
あの「くまモン」の生みの親・小山薫堂氏が代表を務める下鴨茶寮。同社が2015年1月から本格的に販売を開始した、粉末醤油調味料「料亭の粉しょうゆ」が、見れば...
明らかに雪景色に馴染めていない。だからこそ、妙に気になる黄金の卵。自然を楽しんでいる時にこれと出会ったら、まじまじと観察してしまいそう。誰もが気になるこの...
思わず、「これは知りたかった!」と歓喜してしまう“表”がTwitterで話題。なんと、茹で時間ごとの卵の状態が、一目で分かってしまう画期的なものなのです!...
そそのかされても仕方がない!見てください、このぎゅーぎゅーパンパンに詰まった卵ちゃんの誘惑。たまらーん♪なんといってもこのボリュームが凄い!ムチムチの具が...
いまや世界中でファッションアイテムとして愛用されているジーンズ。そのルーツが、19世紀後半にアメリカで誕生した労働者向けのワークウェアであったことはよく知...
カメラの前で、キュートな笑顔を咲かせている「ふたりの赤ちゃん」。パッと見だと似ていませんが、イリノイ州で生まれた双子の女の子で、初めて迎える誕生日の記念に...
これまで、タイヤの材料のことなんて考えたこともなかった。でも、研究者たちは違ったみたい。「当たり前のものを疑う」という彼らのスタンスを、改めて見せつけられ...