アートギャラリーの入り口に置かれた「砂文字」。その意味が深い・・・

ベルリンの、とあるアートギャラリーの入り口に大きな砂文字のアートが飾られました。まるでギャラリーへの侵入を妨げるように置かれています。

なぜ、こんな邪魔になる位置に?
そのヒントは砂に書かれている文字にありました。

「The only way to walk for ward is to erase your own history」

(未来に進むためには、過去を捨てなくてはならない)

677124b1486a9fa36e36c3a4b0816934e413bf87

ギャラリーを訪れた人々はこの文章を読んで、どういう行動に出たでしょう?

9d621ff8b143392a0863f8dab9957b84efda2a06

砂文字を壊さないように迂回する人。

Bfe5b1e0d90cfa6bebe5bb339be1566ad969120aE35ee03a45b820ec399831d5bf5b06340bba7f46

文章をじっくり読んでから、踏んでいく人。

D2c25edce1c81dd7ca3cc394cfd0625104f6f5c8

ためらわずに上を歩く人。

C14a517e43f879ca84db48a8bd693f92952cf5cb

なかには、ダイブする人も。

この作品を製作したのは、juan arataというベルリンで活動しているアーティストです。

私たち人間はどこへ行くのか?私たち人間は何者なのか?

私たちは人類の未来をより良くするために、この答えを探しています。

進むのか、戻るのか。あるいは迂回するのか。人の生きた後には何が残るのか。

この疑問に対してより多くの回答を得るため、彼はこの作品を通して問いかけていたのです。きっとこの作品を見たすべての人が、同じく自分に問いかけたことでしょう。見る側に答えを委ね、結果を観察するというインスタレーションだったのです。

Licensed material used with permission by Juan Arata
片付けても片付けても、部屋を散らかすルームメイト。使ったものもそのまま置きっぱなしでイライラ…。もはや「片付けろ!」と言うのにも飽き飽きしてきたので、アー...
今年5月に、台湾で開催されたサンドアート世界大会の優勝作品『宮本武蔵』の生みの親である保坂俊彦さん。日本ではまだ認知度の低い砂像(さぞう)の魅力を、保坂さ...
もしも「Happy」(幸せ)や「Miss」(寂しい)といった言葉のイメージを、文字だけで表現したら?アーティストのGreg Condon氏は、ヴィンテージ...
2014年に文京区にオープンした『WALLS TOKYO』は、アートのセレクトショップだ。日本国内には数多くのギャラリーが存在し、そのほとんどで作品購入は...
キャッチーな壁画やアートを背景に撮影する「ウォール・スカウティング」。インスタグラムの世界では、すっかり定着した感がある。が、それを一歩進化させたのは、女...
大英博物館やテート・モダンなど、名だたるミュージアムを数多く抱えるロンドン。先日、この街のとあるギャラリーで開催されたのが、犬のための現代アート展です。「...
新進気鋭のアーティストが手がける作品に彩られた「アートホテル」。ここに宿泊するだけで、誰でもアーティストのパトロンになれるーー。そんな新しいビジネスモデル...
砂の上を、鉄の球が転がっていく。その軌跡が描く模様は、まるで枯山水の庭のよう…。テーブルの中に収まったこの印象的なキネティックアートは、Bruce Sha...
過疎化に悩んでいるのは、日本の田舎に限った話ではないようです。ここ、イタリアのチヴィタカンポマラーノ(モリーゼ地方)は、人口600人ほどの小さな村。年々進...
「もしも、データに強いコンピュータと、創造力溢れる人間がコラボしたら、どんなアートが生まれるんだろう?」ニューヨーク大学の大学院生でプログラマーでもあるア...
スーパーで買ったアサリ、塩水に漬けて砂を抜くことは料理の基本で言われていますが、砂抜きの先にある、さらにうま味成分を引き出すテクニックについては、あまり言...
どんなにスゴイ場所でも、どんなにステキな建物でも工事中のバリケードがあるだけで、全て台無しになってしまう。だったら、美しい展示作品で壁を作れば、景観を損な...
なんとなく落ち込んでしまいがちな雨の日を「アートの力」で元気に!「Rainworks」は、そんなコンセプトのもと、米・シアトルから発信されているストリート...
30万人の読者に支持されるアメリカの旅行雑誌『コンデナスト・トラベラー』。業界内でのその権威は絶大で、毎年発表される世界のホテルランキングでひとたび上位に...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...
街で見かけるストリートアートは、誰が描いたかわからないものばかり。そのせいか、美術館の展示作品みたいにマジマジと見たことがないんです。それに多くは、路地裏...
一見、何でもない街中の写真。でも、よく見ると「目ん玉」があるではないですか!?目ん玉を仕掛けたのは、スウェーデン出身のクリエイターSpader &...
今さらながら、アーティストという輩って面白い。だって、僕たちとは違ったアングルでモノゴトをみて、普通では考えもしないことをやってしまうんだもの。今回、紹介...
「卒業旅行は、海外でアートに浸りたい!」思い浮かぶ候補地は、ニューヨーク、ロンドン、パリ、フィレンツェ…あたりだろう。美術館でじっくりと鑑賞する。勿論、そ...