10年以上かけて、河原から「◯◯な小石」だけを拾い集めた男がいる

1985年にスタートした、つげ義春のシリーズ連作漫画『無能の人』。主人公の助川助三は、多摩川の河川敷で拾った石を掘建て小屋に並べ、その石を売る。妻に愛想をつかされ罵倒されながらも、日々、石を並べては思索にふける……という、インテリゆえに貧乏する男のストーリー。そんな漫画の世界を、まさに地で行く(?)人物がスイスにいた。

ブリーク在住の愛石家André Quirinus Zurbriggenさんは、じつに10年以上かけて、スイスアルプスの沢で小石を拾い集めた。執拗なまでに彼が追い求めたもの、それがアルファベット26文字だ。

石に魅せられた男の執念
探し当てた石の「A to Z」

B2e3c8972014c6fdc3b23d659863f952afac01d8

写真左上から順に並べられた「A to Z」、いささか寛大な解釈が必要なものも中にはあるが、読んで読めないことはないはず。大文字だけでなく、ちゃんと小文字だってある。

これらを組み合わせていくと、ひとつの文章がきちんと読めてしまうからフシギだ。たとえば、こちら。

9a1750ab3a126d8253c61dd187bfb03048c8f043

Hello ,

 who

 are

 you ?

といった具合に。

0bdd89c923848e92b06c09a87bbc69363a3d625d

単に、キレイな小石を見つけ出せばいいというものではない。彼のこだわりは、この26個のレターにあったのだから。沢や小川で足元に目を落とし、まさに目を皿にして拾い集めた自然物がつくり出す文字の一つひとつ。気の遠くなるような作業を、コツコツと10年以上に渡って続けてきたAndréさんの偏愛ぶり、はたして理解できる?

「石のフォント」でタイピング
画像ダウンロードもできる

E310db4b499af72c02c2dfbf382fa4fe3c17f8d6

長い年月をかけて、ただ文字に読める石を拾っただけでは、それこそ“無能な人”で終わってしまう。もちろんAndréさんはそうではない。なんせ彼、本業はアーティストだから。

最後の1ピースを拾い上げた日から、彼は収集した大小合わせて52文字の小石を使って、インタラクティブに楽しめる“石のフォント”を作成。専用サイト「Stones」では、文字を打ち込み画像としてダウンロードできる仕掛けが、とにかくおもしろい。

愛石家は日本にも。
いにしえより継承される
水石(すいせき)文化

Faf58c6b95c1dfea39535f3b9d3067547b091ae5

ところで、こうした自然の造形物・石を愛でる楽しみは、ここ日本でも古来より伝わる、れっきとした文化であることを忘れてはいけない。室内で石を鑑賞する「水石(すいせき)」は、古くは公家社会の趣味人たちの間でもてはやされた、たしなみのひとつだ。

山水景を感じる自然の石に魅せられ収集したり、また拾った石を売買する文化が、今も愛石家の間で行われていることを付け加えておこう。

石をインテリアのアクセントに用いるか、それとも拾った石で一攫千金を狙うのか。どちらにしても、もっとも“無能”なのは、河原で足元に目を向けないことなのかも。

Licensed material used with permission by society6
海外の人たちにとって、日本語を勉強するのは至難の技。中でも、ひらがなやカタカナを読むのはとても難しいと言われています。そんな中、アルファベットさえ分かれば...
例えば「創英角ポップ体」と言われて、どんなフォントかパッと頭に浮かびますか?Wordや画像加工アプリで文字入れをよくする人なら、ぼんやりとはイメージ出来る...
紀元前から使われている、歴史ある素材「紙」。身の回りにも当たり前のようにあふれていますが、基本的に木の繊維からできているため、大量消費は環境破壊につながる...
常に女性との関わりを持ち、一見恋愛に事欠かない「チャラ男」と「モテ男」。しかし、どうも同じに見えないのは何故なのでしょう。「チャラ男」はモテるのか、「モテ...
今年もハロウィンナイトを楽しむ東京・渋谷駅付近は、まるで年末のカウントダウンのような酔狂ぶり。そして、日付が変わった2015年11月1日(日)朝、宴のあと...
マメな男としつこい男の見分け方というのは簡単なようで実は難しい問題です。しかし、マメで素敵だと思う男性としつこくて嫌だと思う男性は確実に分かれて存在してい...
「日本人だけが読めないフォントがある」と、ネットで話題になったテキストがあります。それがこちら。さて、あなたはここに書かれた文字が読めますか?「カモンGU...
牧場にトロンボーンをもって、一人佇む男性。しかしこの4分後、あなたは衝撃の光景を目の当たりにします!衝撃の光景!トロンボーンを吹いて大量の牛を集める男性「...
 大学2年時に休学して、1年間世界一周の旅に出る。旅先ではヒッチハイクや野宿を繰り返しながら、世界中の人々に夢を聞いて回り、彼らと人生について語り合った。...
年齢を重ねるごとに、子どものときの純粋な気持ちは薄れて、より現実的になってしまうものです。大人になってからも純粋な気持ちを持ち続けている人って、なんだか輝...
道端に転がっている石ころがあっても、多くの人は気にも留めず通り過ぎるはず。みんな同じような形と色に見えるから、わざわざ立ち止まって観察するような魅力もない...
あなたは「段ボール」にどんなイメージを持っているだろうか?丈夫で使い勝手が良いと考える人もいれば、道端に捨ててある光景から、「不潔なもの」「ゴミ」という印...
「そしてふたりは、いつまでも幸せに暮らしました」と結ばれる、おとぎ話。そんな風に幸せになりたい、とは思っていても、実現するのはそう簡単ではありませんよね。...
プロスノーボーダーが作った〈DANG SHADES(ダン・シェイディーズ)〉のサングラスは、価格が3,000円代〜5,000円代が中心。コスパ、最高です。
一風変わったプロジェクトが始まったのは、もう20年以上も前のことだ。「突然、チャンスが目の前に転がってきた感覚を覚えた。もちろん『これがしたい!』と求めて...
男とは何か。男らしさとは何か。ジェンダーの多様性が語られるようになった現代では、はっきりと答えることが難しくなってしまった問いのひとつです。そんな時代だか...
「いい人」という表現は、ポジティブな文脈で使われることが多いですよね。もちろん、「いい男」もしかりです。でも、両者の行動の裏側には驚きの違いがある。そんな...
私は数十年におよぶビジネス研修業を通して、57万人ものビジネスパーソンと出会う機会に恵まれ、意欲みなぎる社会人1年生から少しお疲れ気味の管理職まで、さまざ...
2005年ってどんな感じだったっけ?なんて聞かれても返答に困っちゃいますけど、「Paris zigzag」に掲載されたイラストは、この10年間で何が変わっ...
「世界中のビーチをキレイにしたい」そんなシンプルな目的のもと湘南エリアで始まった取り組みが、独自の地域通貨「ビーチマネー」の発行。海岸で拾ったガラスのかけ...