【1日1組限定】本好きのための京町家ホテル「MAGASINN KYOTO」って?

京都市内に町家ホテルは数あれど、ここMAGASINN KYOTO(マガザン キョウト)は、他とは一線を画していると断言できます。その理由は「編集できるホテル」であるから。もしくは、「宿泊できる雑誌」。

え、ピンとこない?とにかく、これまでにない斬新なコンセプトの宿泊施設になっているということはわかりますよね?

カルチャーを体験できる特集を
毎シーズンアップデート

37e8903d0b4187842ffabdc06fecc0b20e05eace1c2b08f92a9835ceec08915a8700f8095c77b744

触って、使って、泊まって、買える。「MAGASINN KYOTO」は、五感でカルチャーを体験できる空間メディアとして、今年5月8日にオープンしました。

宿泊は1日1組限定で、京町家一棟を貸切。ただし、宿泊者だけが入室できるホテルルームと、一般開放している空間とに分かれています。

最大のポイントは、様々なカルチャーを体験できる場所にすべく、雑誌のようにシーズン毎に特集をアップデートして空間に反映させる点。

創館特集は
「本を体験する」

33e7b56171f59b4f8f39b2c8fe68680e016211a614160b0fd9bd3fc30397870e898381d65863270b

記念すべき創館特集は「本を体験する」と題し、本好きによる本好きのための体験を提供。東京・駒沢の書店「スノウショベリングブックス」とコラボレーションした企画展を開催しています。

たとえば、「タイムトラベルブックシェルフ」と名付けられた本棚に、19xx年から2016年までの時代を写す本をズラリと並べたり、本の中に出てくる酒を実際に作ってみる「ブックテンダー」で知的なアルコール体験をしたり……。さらに、宿泊予約時のやり取りを元に、スノウショベリング店主の中村さんがあなたのためだけに選んだ1冊をプレゼントする「ブックディレクション」も。

マガザンは「空間型の雑誌」

F601be749be06e389e3c7f7fdfbfa7c9723ef2e6Ef4a105a30cdbc601d431ec9f98e3f899c8f22e0

代表の岩崎達也さんがチャレンジしたいことは、雑誌を作るために必要な編集力を「リアルの場」に表現した複合施設にすること。従来の雑誌のように「読む」「見る」に加えて、「触れる」「使える」「買える」「滞在できる」「泊まれる」という体験があれば、カルチャーをもっと深く味わえるメディアをつくれるのではないか。そんな想いから、クラウドファンディングで資金を募り、オープンにこぎつけたのだそう。

5e2a871aaad2ee4b40d7144dcd0cc78dbfe81b97E06846cf026c8ed9c22a8b6b6981939e8cbea266Bf3a8472641b498daa8ca4f9e83b12d97dc71068

宿泊料金はひとり12,000円/1泊。1人増えるごとに6,000円が追加され、最大6名まで同時宿泊が可能です。ただ寝るだけでない、まったく新しい宿泊体験はいかが?

Photo by Nobutada Omote
Licensed material used with permission by MAGASINN KYOTO, (Facebook), (Instagram), (Twitter)
「京都は狭い」なんて言う人もいる。でも、観光客からすれば広い街だと思う。名所旧跡は数えきれないほどあるし、それも訪れる季節や時間帯によってまた表情が変わる...
新進気鋭のアーティストが手がける作品に彩られた「アートホテル」。ここに宿泊するだけで、誰でもアーティストのパトロンになれるーー。そんな新しいビジネスモデル...
それは、北海道の自然をありのままに感じる、最高に贅沢なアウトドアステイ。広尾郡大樹町にある環境技術研究施設「メム メドウズ」内に、大自然一体型ホテル「ME...
NYの有名ホテルチェーン「ACE HOTEL」のロビーでは、クリエイターやノマドワーカー、スタートアップ企業たちが仕事をしているらしい。日本でもそんな新し...
「京都は迷う街である。と言っても、道に迷うという意味ではなく、いつ行くべきか、何を見るべきか、どう動けばいいか。旅に出る前に迷い、着いてからも迷い、そして...
ここで紹介する「hanare」は、これまでにない斬新なコンセプトが話題の宿泊施設。単に一つの建物に完結したものではなく、東京・谷中のまち全体を大きなホテル...
現在、夏会期が開催中の瀬戸内国際芸術祭2016。会場の一つである豊島は、「豊島美術館」や「心臓音のアーカイブ」、さらには、スプツニ子!が手がける「豊島八百...
リアドは「中庭付きの邸宅」、あるいは「緑のある家」という意味のアラビア語。かつての上流階級が建てたものだが、「使いにくい」という理由である時期は放置されて...
山奥にあるこの小さな村に、どうにかして人を呼び込めないものかと考えて打ち出したのが、有り余っている空き家を宿泊施設にするという『村ごとホテル案』。もともと...
ホテルブッキングアプリ「As You Stay」が、ユーザー体験による独自調査をもとに未来のホテルのあり方を大胆予測。今後どこまでこれに近づくかは別として...
関西のみなさん、お待たせしました。これまでにない斬新なコンセプトで大反響を呼んだ「BOOK AND BED TOKYO」が、ついに京都に上陸です。しかも、...
旅において、どこにお金をかけるかは人それぞれ。LCCを使う代わりに豪華な食事を楽しむ、あるいは食事はコンビニでもいいけれど、ショッピングは豪快に、などなど...
現代日本が抱える少子高齢化、人口減少に直面した社会環境がイタリアにもあるそうだ。過疎化が進む農村や山間部の集落は空き家であふれ、地域再生やまちづくりが急務...
瀬戸内海に浮かぶ島々を舞台に開催される「瀬戸内国際芸術祭」。そのイメージもあってか、四国にはどちらかというと「海」のイメージがありませんか?いえいえ、張り...
これは、ビッグデータを使用した芸術表現を得意とするErick Fischer氏が製作した、「世界主要都市の観光マップ」だ。氏は、Twitter投稿された画...
夏はトレッキング、冬はスキーなど、カップルや家族連れに人気のスイス東部グラウビュンデン州ブラウンヴァルト。写真は、グラルナー・アルプスが目と鼻の先にある標...
2016年もあっという間に年末ですね。今年も、世界中でたくさんの素敵なホテルが誕生しました。年明けを迎える前に、今年オープンした世界の最新ホテル10軒をご...
「Instagramのフォロワーが1万人を超える人は、宿泊料をタダにします」シドニーのホテルが、画期的なサービスで利用客招致に取り組んでいる。ホテルのPR...
ここで紹介する「AQUA VILLAGE・REN VILLAGE」は、西伊豆にあるプライベートなキャンプ場。どれほどプライベートなのかというと、なんと船で...
札幌市内から北へ20キロほど、石狩郡当別町に冬季限定で登場する氷と雪でつくられた神秘的な空間がある。切り出した氷を積み上げる、北欧のアイスホテルをそのまま...