陶片を箸置きとしてよみがえらせる。日本人陶芸家の「金継ぎ」がNYへ

金継ぎは、海外でもそのまま「KINTSUGI」と呼ばれ愛されている日本文化。壊れた器などを金で装飾しながら修繕する方法です。

ここで紹介する画像は、陶芸家・鴨下知美さんの作品。波に運ばれ砂浜へと漂着した陶片を使用しており、“蘇える”をイメージして作られました。

金継ぎで蘇る
陶器のカケラ

Dcacca42073e8ee75823737720ab966826646b2c606575e403e7a8aefc0836755bfc21383593540cB4ff4e90e1d7c2c4ec0a97eec5741e061de1a91c57f57a7dd0921ac9081b20fa7ddd53541ac7d2b7D3ed7141aa835234ea6b3be0d0eb6f0ce4032b14

以上は、6月23日から7月30日までNY・ローニンギャラリーで開催されている「Contemporary Talents of Japan」に出展されている品々。収益の一部が東日本大震災への支援基金となる同展覧会のテーマは、“波”。

浜に流れついた陶片やシーグラスに、桜色の器の破片を繋ぎ合わせることで、咲き誇る桜の優しく強い姿を表現しています。本人のコメントを紹介します。

「東日本大震災から5年、そして、今年4月の熊本地震。震災により今も大変な生活をなさっている方が多くいらっしゃると思います。日々制作し発表できる事への感謝を思い直し、復興を願っています」。

欠けたモノに、新しい魅力を付け足してよみがえらせるーー。素敵ですよね。公式webサイトでは、金継ぎ以外の陶芸作品も閲覧できます。

Licensed material used with permission by 鴨下知美
NIKKORIEの陶器製品「剣道のメン箸置き(青萩色)」は、丁寧に手づくりされた一点もの。長く使うほど色合いや、ゆがみなどに愛着がわく一品です。必ずや食卓...
超がつくほどミニチュアサイズの壺や花瓶や食器。ただ、サイズは小さくても、陶芸としての精度は非常に高く、思わず見入ってしまいます。これらは、ワシントン在住の...
富山県高岡市で、今秋、国際北陸工芸サミット『工芸ハッカソン』が行われる。富山県高岡市は、金属工芸や漆芸の技を400年以上受け継ぐまち。工芸がこれまで出会っ...
カナダに本拠地を置く、有名ポルノサイトPornhub。彼らが、面白い取り組みを始めたとして話題になっています。以前にも、女性のお尻をリアルに再現した最新デ...
フィリピンの首都マニラの南東に位置する街マラヤ。 農村地域に広がる貧困が、多くの子供たちを小規模金採掘に関わらせている。生きるため食べるために、危険を冒す...
「シェイク シャック」は、発祥の地アメリカはもちろん、世界9ヶ国に熱狂的なファンを持つハンバーガーブランド。健康的に飼育されたアンガスビーフ100%のハン...
伝統工芸の技術をいかし、竹で作った「Hazang」は、控えめだけれどモダンなデザインで、お部屋の内装を問わず、いい音を届けてくれます。スマートフォンやタブ...
それは、風景写真と星空写真の加工作品。「星空アート」の世界観、とくとご覧あれ!実際に撮った写真を編集し「星空アート」を作り上げているのは、「だいなり」の名...
作品を制作した堀内辰男さん(75歳)は、パソコン画を始めてから15年、今も新作を発表し続けている、海外でも話題のデジタルアーティストです。驚きなのは絵を描...
信じられない事実が判明したようです・・・。なんと、人間のウンチには、金や銀がたくさん含まれているのだとか!含まれている金属の種類は、パラジウム、バナジウム...
「時は金なり」なんて格言もあるほどで、時間というのは貴重なもの。時間の使い方について新たな試みをしたのが、デザイナーMaarten Baasによるパフォー...
働き者の男がいた。彼はお金が大好きだ。なぜならそれは、これまでの実績を証明するもの。だからこそ、そのすべてを自分の懐にとっておきたかった。男はケチなことで...
ここは、NYブルックリンの街角。ポップでかわいいストリートアートが出現しました。世界中のトラベルスポットも描かれていて、さながら旅行気分でキュートなセルフ...
2014年の夏に話題となった「アイス・バケツ・チャレンジ」は、インターネットの影響力も加わったことで世界中に拡散され、大きな社会運動へと発展しました。氷水...
「彼女にすべて内緒のプロジェクトだからね。ドキドキしたよ」。画家のJared Heidenさんは、恋人Rachelさんへのプロポーズを地平線の見える気球の...
テクノロジー×伝統。聞き慣れたフレーズかもしれませんが、「Airbnb×吉野杉」の組み合わせと聞いたら、素通りするわけにいきません。この2つがタッグを組ん...
箸置きはもういらない!と言わんばかりの便利な道具が開発されました。ひし形に設計されており、持ち手を重くすることで、テーブルに置いても先端部分が浮く仕組み。...
下記のインスタグラム動画を再生すると、5秒少々で何が起きているのかがわかる。その正体を知れば、きっと驚くはずだ。これといって不思議なところはなにもないよう...
つるつる、ぬめぬめした見た目。実生活においては、苦手としている人もいるかもしれません。しかしながら、カエルは昔から縁起の良い生き物として親しまれてきました...
年輪のように深く刻まれたシワ、おでこから頬にかけ転写されたシミ。エーゲ海に浮かぶギリシャの小島パロス島で、漁師として働く男たちがいる。いや、正確に言えば「...