人生で大切なことって?アルツハイマー患者が「絶対に忘れたくない」思い出を語る

認知症の一種である「アルツハイマー病」は、記憶や思考力が徐々に失われ、最終的には日常生活に必要な作業すら困難になっていく病気。

私たちが忘れられない瞬間、忘れたくない瞬間も、彼らにとっては、「次第に忘れていく瞬間」となってしまいます。そんなアルツハイマーの人たちへのインタビューから見えてきた、人生において「大切なこと」とは?

Q.一番古い思い出は?

Medium ae7c99bf06f8ee5e80ed39009112bd3067a68fb5

「人生で一番最初の思い出は?」と聞いてみると、それぞれからいろいろな話が出てきます。

「小さいころ大雨が降っていて水たまりに夢中になった」

「4歳のときに暑いコスタリカにいて、小川があったかな」

そしてひとりの男性はこう言います。

「当時はそれが僕の世界だった。でも、これ以上は思い出せないんだ」

Q.一番最近の記憶は?

Medium 116c3a16e46316fd31a3534e723b9315fa129a6b

次に、一番新しい記憶を聞いてみると、はっきりと答えることができず、女性は悲しそうに目を伏せます。

「すぐには思い出せないわ。アルツハイマーだもの…」

Medium 125ff4d365772c7643cb049fdabf035aa47fd43c

こちらの男性は、「今朝どこかに行った」という話をしようとしますが、途中で

「どこに行ったんだっけ?このインタビューが始まる前、何をしていたんだ?思い出せないよ」

Q.人生で一番
悲しかった思い出は?

Medium 461e2e7ac42f7272e13be6bf1f5c343fcfc97ddd

悲しい思い出を聞かれて、男性は愛する父を亡くしたときのことを語ります。

「父のことを本当に愛していたんだ。乗り越えるのは本当に大変だった。父が亡くなる時、ベッドサイドで手を握っていたよ」

Medium 522ad8901cb8a200207b007793ee0a356b8a539a

「娘が日曜日に電話してきたの。それで、私は明日掛け直すねって言ったんだけど、できなかったの。娘は自殺したのよ」

忘れたいと願ってしまうほど、つらく悲しい思い出。でも、もしも本当に忘れてしまうとしたら……?そう考えると「悲しかった思い出」ですら、彼らにとって大切なものなのかもしれません。

Q.一番忘れたくない
思い出は?

Medium fa8e9223e00d1cdd1190a153364fc466ccc0471f

お子さんを自殺で亡くしたという先ほどの女性、ここでもやっぱりこう答えます。

「子供のことよ」

Medium 722d4fc3621fae90c0a53146ea2e36961672c673

こちらの男性が忘れたくないことは、結婚式の思い出。

「妻との結婚式のことは、永遠に忘れたくない。お互いに見つめあってたんだ。その思い出は、できるだけ長く抱きしめていたいよ」

「忘れたくない、
覚えていたい」

「大切なことを、忘れたくない」「家族のことを、覚えていたい」。

当たり前とも言えるようなことが失われていくのが、アルツハイマー患者の苦悩。

いつか突然、当たり前だと思っていたことができなくなる日が来るのかもしれません。今日はいつもより少しだけ、人生の大切な思い出や家族について考える時間を作ってみては?

Licensed material used with permission by Cut
狭い車の中で熱唱する、このイギリス人親子。カーステレオのボリュームをひねり、大音量で歌い続けるのには、ある訳がありました。この車中カラオケは、「父の記憶」...
2014年世界保健機関(WHO)が発表した男女別の平均寿命ランキングで、スイスは男性2位、女性3位の結果。欧州でも、少子高齢化が進む国のひとつです。高齢者...
厚労省の発表によれば2012年時点での認知症患者数は、全国でおよそ462万人。2025年には65歳以上の高齢者、5人に1人が認知症になるとの予測がある。こ...
この動画の主人公95歳の元ピアニストは、認知症を患い介護施設での生活を続けています。「もう一度ピアノを弾かせたい」介護スタッフの働きかけに、イギリス全土か...
上司からの頼まれごとを失念する…、書類をどこに置いたか忘れてしまう…。どうして自分はメモリーミス(忘れてしまう)をしてしまうのか?原因を探って対策をしたく...
画家でカメラマンとしても活動するTony Lucianoさんには、認知症を患った93歳になる母親(Eliaさん)がいます。2年前、もはや身の回りのことを自...
旅先から届く、一枚のポストカード。遥かな異国の地の情緒が感じられて、受け取るのも嬉しいもの。スマホで撮った写真にはない、ロマンチックな味わいがあります。そ...
飼い主が犬を捨てても、犬は決して飼い主のことを忘れない。犬がどれだけ飼い主を愛する生き物か。国内外問わず、亡くなった飼い主を待ち続けた「忠犬ハチ公」のエピ...
連続で撮影した写真を繋げ、動画を創りだすタイムラプス。これを、マタニティダイアリーのように思い出づくりに生かそうじゃないか!と、ラトビアで暮らすアルプス一...
子育てには、迷うことがたくさんあります。ここでは、「becoming minimalist」のライター、JOSHUA BECKERさんの記事を元に、子ども...
辛く悲しい失恋。そんな苦い記憶も、ニューヨーク在住のデザイナーIsabella Giancarlo氏の手にかかれば“甘い思い出”に大変身!その方法は単純明...
旅の思い出を記録に残す方法は写真や動画が一般的。それ以外では、せいぜいスケッチといったところですよね?でも、ファッションデザイナーのTERESA LIM氏...
もうすぐ21歳になるというライターのRachel Fernieさん。彼女の記事が人気メディア「Elite Daily」で話題になっているのでご紹介します。...
本は「学び」と「気づき」を得るために読むもの。いまいちその効果が感じられないという人は、読書の「設計図」が描けていないのです。ここでは、自著『読んだら忘れ...
普段から運動を行って筋肉量をキープすることができれば、「健康体を維持したまま長生きできる身体コンディション」は整っていきます。糖尿病や認知症といった病気の...
ミシガン州ポンティアックにあるシルバードームは、2002年までNFLのチーム、デトロイト・ライオンズのホームだった場所。様々なイベントが開催され、かつては...
ずっと一緒にいると、忘れがちなパートナーへの想い。心の奥にある「キモチ」に気づくのは、もしかしたら2人の間に大きなトラブルや壁が立ちはだかった時なのかもし...
バカな事もたくさんやったり、悲しい経験もしたり、いろんな思い出が詰まっている10代。多感な時期に経験したことは、誰でも忘れがたいものです。「Elite D...
旅行の写真って、見返していますか? Instagramにアップしておくだけだったり、撮って満足して1回も見返さない、なんて人もいるかもしれません。旅先で感...
誰にだって、生きていればどうしようもなく落ち込む瞬間が訪れます。そのなかでも最もつらい経験のひとつが「身内の死」かも知れません。ここで紹介するのは、大学時...