今年の夏こそ浴衣を。1人でも着られる「着付け」方法(動画あり)

花火大会やお祭りの季節が到来です。浴衣で夏気分を満喫したい人、そろそろ着付けの練習を始めませんか?動画と併せて「ここを押さえておけば着崩れしにくい」襟と帯、2つのポイントに絞って見ていきましょう。

一番のかなめとなる帯の結び方ですが、リボンのような形でかわいく、初心者でも作りやすい「文庫結び」の作り方をご紹介します。

まずは下準備から

B88cbbb6538e06fcbfddb476a9ef76b6be99c9a4

【用意するもの】

・浴衣
・半幅帯
・補正用タオル
・伊達締め
・腰ひも3本
・帯板
・あれば夏用肌じゅばん

肌じゅばんですが、なければ通気性のよい素材のキャミソールやスリップなどでも代用できます。練習の際は慣れていないと暑くなるので、お部屋はクーラーをつけましょう。確認用に姿鏡があるとベストです。

まずは動画で
流れをチェック

きれいな襟の整え方

8d3c3cf5c4b834ab5952a3aba717b20fc91e5563

わきの下にある切れ目は「身八つ口(みやつぐち)」といって、女性用と子供用の着物・浴衣にしかありません。諸説ありますが、一般的には熱を逃がし体温調整のためや、動きやすさアップのため、などと言われています。この切れ目があることによって「おはしょり」が調整しやすくなるなど、着付けが楽にできるのです。

身八つ口から手を入れ、軽く下に押しましょう。これで前後をきれいにならします。

320b75f336c042c7122bc00af282c7f58500ab27

えりを合わせましょう。あんまり抜くと着崩れしやすく、またセクシーに見えてしまうので注意。着物や浴衣姿での色っぽさは、ちらりと見えるうなじやお尻のライン、足首などで魅せる”もの。

A2715e48845a29018c167b4b75373f140cd0c98f15cf5c825de561ca10c873bf759ff36610e9cc5973abbdafdbd32908018e7d7d39532f54b6dd9cfc

首のくぼみが隠れる程度の位置でえりを合わせます。さっきの要領で胸の下に腰ひもを回して、後ろできゅっ。前で結びます。あとはしわを両脇に寄せて、伊達締めを締めればOK。

帯は形作りがポイント

B0181a07e5bab0d2104255a584fb1d995fe04de9

帯でむずかしいのは形を作るところ。締めた状態から、どう形を作るか見ていきましょう。

70f5ffda07faa2ef7b4c0c2f98b79f042b1952db

帯の先から肩幅くらいの長さに折っていきます。

11f0b140f2a33bbb28317d3dcbde7baf52ac0a1730f54902a5ba32c7ca9a2f44c209ecaf69791f65800bb93786bb585a912c0c0c2cb820b1c600d2f73fd4bde6da650787a2dc7ba09af3f8c1098eb6d5

折った分を帯にくっつけ、その真ん中をまた半分にして、リボンを作るようなイメージです。山を作ったところへ「テ先」をかぶせ、巻いて下から帯の中へ通します。

09448f8bdbf5578220ed76a8d8f048994981baaa

あまった分は、帯と浴衣の間へきれいにしまいましょう。

Bb54f3132e14e031f88004ee1a65caf1714ac9c10f8dd76631bbe44d7505aca739e57148a503250f

リボンの形を整えたら、背中の中心にくるように右から帯を回します。結んだところと帯の下を持ってゆっくりと。

Dc80072eae64c89c61d0e84b357f913c21bd1272

襟や帯を整えたら…文庫結びの出来上がり!

浴衣や着物の着付けは数をこなすのがコツ。練習して、あでやかな姿で夏のイベントを楽しみましょう!

Licensed material used with permission by ki:on
もしも、成人式の振袖をウェディングドレスとして着ることができたら?とっても高価で、日本らしい絵柄も魅力的な振袖ですが、一生のうちで2〜3回しか着る機会がな...
夏休みの予定が決まった人も、まだノープランな人も、今年は一風変わったアイテムで周りのみんなを驚かせてみませんか?ただでさえ開放的な夏が、もっと楽しくなるか...
気づけば8月も終盤。夏ももう終わりと思いがちですが、いいえまだまだ。ライターKayla Cavanagh氏が「YourTango」に、絶対にやっておくべき...
「私たちは、皆、仲間たちと素晴らしい夏を過ごしたいと願っています。もう、あなたのカレンダーにも、公園でのピクニック、ビーチパーティー、BBQ、お酒たっぷり...
大学4年生のみなさんは、今から1年もしないうちに社会人として1歩を踏み出すことになるでしょう。社会人生活が待ち遠しい人もそうでない人も、大学生最後の夏休み...
中学、高校の頃を思い出してほしい。毎年夏になると学校や塾の先生から、「勉強で1番差がつく季節」と言われたりはしなかっただろうか?では、今はどうだろう。昔と...
うだるような暑さ…。すでに部屋のなかでグッタリしている人も多いはず。でも、インテリアを少し「夏仕様」に変えてみれば、暑さをエンジョイできるかも。簡単に「部...
水分補給が欠かせない、夏ーー。とは言っても「なにを飲むか」は、仕事中でもバケーション中でも、つねに頭をめぐるテーマですよね。ここで紹介するのは、海外で話題...
あえて、「夏にしか」履けない靴下を履くのってアリなのでは?そして夏でもサンダルじゃなくスニーカー派の人に、ド派手なトロピカル靴下があるんです。Ryley ...
暑い夏。喉が渇いて我慢できない時はカフェに駆け込むのだけれど、鞄の中がいっぱいだと、お財布を探すまでに手こずる。そこで活躍してくれるのが、かざすだけで決済...
まずはこちらの写真をご覧ください!いかがでしょう?一見普通のキャンプ風景ですが、何だか妙に豪華にみえませんか?実は「グランピング」とは、アウトドアのスキル...
毎日、厳しい冷え込みが続く「冬」。でも「夏」はあんなに暑かったのだから、その熱が今あればいいのに…。誰もが一度は思うものです。四季があるのは素敵だけれど、...
梅雨が明けると、いよいよ夏が到来。早く海に行ってワイワイはしゃぎたい!なんて思ってるアナタは水着の用意はバッチリですよね。でも今年は、それだけじゃなく「ビ...
今やコンビニでもどれにしようか選べるまでになったクラフトビール。もちろんこの夏もクラフト熱は冷めやらない。キンキンに冷えたビールも確かにうまい。けれど、今...
カクテルにキュウリってどんな味がするの?と思うかもしれませんが、これが意外や意外、悪くないんです。ロンドン生まれのリキュール「ピムス」を使ったカクテルは、...
「夏バテ」はよく聞く言葉ですが、でも実際は秋も体調を崩しがちではありませんか?カラダの冷えや、知らず知らずの脱水症状など、秋ならではの気をつけたいポイント...
今年で3年目を迎える「コロナ サンセットフェスティバル」。波音と音楽と極上のサンセット、さらにはおなじみコロナビールで楽しむ大人のビーチフェス(20歳以下...
2012年から子どもたちとの夏休みは必ず田舎で過ごす写真家であり2児の母親でもあるIzabela Urbaniak。ポーランドの都会で育った子どもたちが、...
2015年7月。ちょっとメンバーの多いバンドが結成され話題になりました。ロックバンドのメンバーといえば、ギターベースドラムキーボード…と考えると3~5人く...
もはや今さら言うことでもありませんが、鎌倉・江ノ島は多くの魅力が詰まった人気観光地。都心からわずか1時間ほどでアクセスできる利便性も相まって、週末になると...