男って実は、こんな生き物なんです。女性が知らない19の本音

海外に住んだ経験があると、必ず聞かれるのが「現地の人と付き合ったこと、ある?」。最近は日本にいながらも外国人と付き合ったことがあるという人は増えた印象がありますが、あこがれがある人も多いはず。だって、語学の勉強法として“恋人をつくる”なんて話もよく耳にしますものね。

たとえば、ブロガーのRick Riddleさんは、アメリカ人男性の特徴を同じ男性目線からまとめた記事を書いていますが、あなたの理想の彼氏像と比べるとどうでしょう?そして、日本の男性陣はどう感じるのでしょうか?こんな考えを持っているみたいです。

01.
「かっこいい」って、
言われたい。

24e72b78d5cb3699a1b11d49596c411faf535e52

多分、お母さんが小さいころ言ってくれたセリフ。でも、最近長いこと聞いていない…。もし好きな人のことを「すてき」だと思ったら、ちゃんと伝えると喜ぶよ。

02.
感情表現がニガテです

「どんな男も誰にも知られていないひそかな悲しみを持っている」と言ったのは、アメリカの詩人・ロングフェロー。女性がぼくらに冷たいって言う時は、たいてい悲しかったりイヤなことがあって、それが表に出ちゃってる。

男は感情を表に出しちゃいけないって育てられた人もいるけど、ぼくたちにだって気持ちはある。つらい時は女の子同様、なぐさめてほしいんだ。

03.
ひとりになりたい時がある

放置しているわけじゃない。それに、誰か他の人と一緒にいたいってことでもないんだ。だから「わたしのこと嫌いになったの?」とか、ネガティブなことは考えなくていい。ただそっとしておいてほしい。

04.
都合の悪いことは、
忘却のかなたへ。

昨日の夜ケンカしたことを翌朝覚えていないのが男。蒸し返されたりするとムッとするので、忘れて。

05.
コミュニケーションは、
ダイレクトに。

F701cf6607ee966834c4ef38d95f6b9c5b4a2118

女性と違って、細かい表情の変化に気づきにくいのがぼくら。女性は声のトーンやジェスチャーで表現するよね。でも俺たちには、直接言ってくれたほうがわかりやすい。まわりくどい言い方とかはダメ。理解できないから。「何をして欲しいか」「何が必要か」ストレートに伝えてもらえる?

06.
仕事も恋も手に入れたい

男性は早いうちに仕事上のキャリアを確立しておきたいもの。それって、女の子をひきつける要素になったりするんだ。

07.
感謝はおおげさなくらいでOK

やったことを認めて欲しいのがオトコ。ほめ言葉や感謝、大好き!

08.
エッチなこと?考えてますよ。

一般的には、1日1回くらい性的なことを考えてると言われてる。これ本当。

09.
女性からの「お誘い」、
大歓迎デス。

男性から攻めるのがあたりまえ、みたいになってるけど、逆でもいいんじゃないのかな。恥ずかしがらず、欲求をパートナーに伝えてみたら?

10.
ステレオタイプなんて大嫌い!

「女性はこうあるべき」みたいな固定観念、嫌いでしょ?男も一緒。

11.
仕事への情熱を、
わかってほしい。

A72060f35bcddf1163e9a5b3043a2ea21f08befa

早く成功したいと思っている男性は、多くの時間を仕事に割くし、そのことばかり考えている。パートナーにもわかってほしいよね。家族のために仕事を頑張っている場合もおんなじこと。

12.
すぐに答えを期待しないで

1度にたくさん質問を浴びせかけると、フリーズするのが男性脳。答えるのにちょっと時間が必要なんですよ。もしパートナーに質問して、動きが止まったり間があったら、答えをまとめる時間を作るべき。それに、本当のことを知りたくない質問はしないほうがベター。男って最終的に、答えてしまうものなので…。

13.
話?ちゃんと聞いてます!

話を聞いている時「うん」、「そうだね」など、相づちを打ったり、うなづいたり。でも、かなり多くの男性がそのサインを出さない。「聞いてるのかしら?」と思うでしょう。「彼女は何を言いたいのかな」と考えながら聞いてるんだ。

14.
愛情を些細な行動で示すことも

79f0a233465b1f4502a34a9a53bd0d4908701bef

男性の愛情表現は「愛してるよ」だけじゃないんだ。車を洗ってあげたり、ごみを出してあげたり、あなたの代わりにしてあげていることも「好きだよ」のしるし。

15.
拒絶されると…しゅん。

デートに誘う時、僕たちは勇気を振り絞って誘ってる。断られたりしたら、立ち直るのにかなりの時間が。もし何か提案されて断るなら、優しくお願い。男は繊細だから。

16.
虚勢、はります

「タフで積極的であるべき」と信じて育ったぼくたち。内心そうは思っていないことも。あんまり虚勢をはっている人の場合は、彼のことを知るのに時間がかかるかもね。でも、本当の姿は違うはずだよ。

17.
男同士の友情、わかってよ

昔からの友達と過ごす時間は大事。いい時もわるい時も共に過ごしてきた仲間は、女性における親友の存在みたいなもの。だから、気持ち良く送り出してほしい。

18.
ゴシップも好き

世間では女性の方がゴシップ好きってことになっているけど、そうでもない。言う時はこちらのほうが辛らつかもね。

19.
いろんなプレッシャー、
抱えてます。

D9d10f1b6d42cef86e11a8f95ebef7c43c840aa8

社会は失敗に対してそんなに共感してくれないし、逆に弱さやひどい欠陥があると捉えてくる。

でも、最近は男性より女性に対する風当たりが強いんじゃないかな。例えば、仕事と子育ての両立を頑張る女の人が失敗した時とか…。そんな家庭なら、お互いが助け合うべきだよね。

Licensed material used with permission by Elite Daily
彼の気持ちがわからない、そう悩む女性がたくさんいます。もしかして私のことが嫌いだからそんな態度をとるの?女性としてはそう思ってしまいがちな男性の態度。しか...
彼女にこんなふうに言われていませんか?「全っ然、わかってない!」ここでは、女心と男心がすれ違いやすい7つの場面を例に、そのとき女性はどう考えているのか、男...
やきもちをやくのは女性ばかりではありません。男性も嫉妬深くやきもち焼きなのですが、女性に比べてあまりその印象がないのは、態度に出さないようにしているだけな...
これまで「Thought Catalog」の恋愛系コンテンツや、セックスを題材にした記事の中に登場した「男性たちの本音」を、女性ライターNicole Ta...
自分から女の子を誘わない、そもそも恋愛に興味がない、なんだか全体的に薄いというイメージがある草食系男子。そんな草食系男子の気になる本音とは?1.からかいは...
Allison Isaacson氏が米メディア「Elite Daily」のこの記事で、キャリアウーマンの本音に迫っています。「大人の女性」として自立した彼...
多くの女性は「好きな男性のタイプ」について嘘をついているのかもしれません。しかも、自分でも気付かないうちに。この記事は女性ライターGigi Engle氏が...
女性と男性では、価値観が微妙に違ってきます。どんなに長く付き合った恋人同士であっても、気持ちがすれ違ってしまうことだって珍しくありません。この記事は、男性...
「何を考えているのかわからないし、何も話してくれない…」女性からはそんな風に思われてしまいがちな男性陣ですが、じつはいろんなことを考えているんです。ただ、...
メッセージのやりとりはとても便利ですが、常にこんな疑問がつきまとうもの。「それって、本音?」。ここでは、よく見かけるセリフの裏側に秘められた真実(?)を紹...
「口に出さなければ判らない」とかく恋愛では、こんな二人のすれ違いが事実よくあるもの。そんな心のモヤモヤを、男性から解消する方法を「I Heart Inte...
「私のコトを好きなのかどうか、彼の気持ちが知りたい……」残念ながらエスパーじゃない私たちには、彼の心をそのまま読むことはできません。でも、男性がしてしまう...
モテる男性は、女性のとる行動にとても敏感です。女性の何気ない行動が、気になる男性への態度なのかどうかをきっちりと見極めることが、恋愛テクニックを磨く秘訣で...
男の子が女の子を好きになる。恥ずかしがり屋の男の子が女の子を茶化して、2人はいつの間にか付き合うようになり、めでたし、めでたし。毎回こんな風に恋愛できれば...
「人生80年」とはよく耳にする言葉ですが、となると40歳はちょうど中間地点です。まさに今!というあなた(特に男性)はぜひこの記事を読んでみてください。男性...
女子にとって、女心以上にわからないのが男心とその本音です。単純かとおもいきや、変なところで複雑だったり、「なんでそうなるの?」「どう思ってるの?」と、うま...
男性は比較的素直に感情がおもてに出るようなタイプが多いのですが、中には分かりにくいタイプもいます。相手が自分に対して本気なのか、それともキープだと思ってい...
自分の話、面白いと思ってくれてるのかな?もしかして、この人ウソついてる? 目の前にいる相手の頭の中を覗けたらなあ…なんて思ったことはないでしょうか?今回、...
恋人関係ではなくとも、魅力的な女性を前にすると男性は弱いもの。ふとした瞬間「キスしたい!」という思いに強くかられてしまうことだってあります。1.うるうるツ...
「Elite Daily」でいくつもの恋愛記事を執筆し、多くの共感を集めているライターPaul Hudson氏。ここで紹介する「男性が絶対に手放したくない...