服選びの新しい提案。「見せたいパーツ」はどこ?

ニューヨークに住んでいた時思ったのが、おしゃれな女性が多いということ。ベーシックなアイテムでも、なぜかかっこいい。どうしてかな?と観察していて「その人の身体に合ったサイズの服を着ている」のに気がつきました。

でも、ぴったりなものを見つけるまで何度もお店に足を運んで試着するのって面倒ですよね。そんな忙しいわたしたちに、便利なサービスがあるんです。

それは「Fovo」。自信があったり、見せたいボディパーツをいかして、しかもサイズの合った服を提案するというもの。つまり、より魅力的に見える服を効率良く選べちゃう。気に入ったらそのまま購入も!

5つの質問に答えるだけ

D589ec73c24d7d94f2a5ea8da10a1e1d4000f7ac

まず、自分の身体で自信があって、強調したいところを選びます。ここがユニーク!

Ad61aad7aadbea737022bcb44b8d364f3efc8672

次に、月曜日の服としてよく選んでいるスタイルをクリック。

4e895d92e663e075e52094f03564259f97bc54cd

自分と体型が似ている人をチョイスしましょう。

B31f37643c38ac0548be4466ab11dd048d4d2eb1

土曜日によく着ている服の系統を選んだら、次はいつも着ている服のサイズや、好みのフィット感を入力するだけ。すると

A1075c552a556bced75a556905be426782d4e3ec

こんな感じでいろいろな商品を紹介してくれます。

アメリカのデパート「ニーマン・マーカス」や「サックス・フィフス・アヴェニュー」などと提携を結んでいて、各店舗がオンラインで取り扱っている商品の中から、ぴったりなものをピックアップしてくれるというシステム。

気になるブランドは…

定番の「J Crew」や「ダイアン・フォン・ファステンバーグ」から「アリスアンドオリビア」、「ホルストン・ヘリテージ」に「ブラック・ハロ」、はたまた「セント・ジョン」など、さまざまな年代、スタイルに対応。

サイズも「このブランドだったらこっちの大きさの方がいい」など、特徴をつかんで教えてくれます。ちょっと試してみたところ、確かに「この服ならあのパーツがきれいに見えるな」というものをおすすめしてくれました。ちなみにサイズはメーカーによるものの、アメリカサイズの00から32まで取り扱っています。

至れり尽くせりなこちらですが、提携元が日本への発送を行っていた場合のみ、購入が可能。買えなくても推奨アイテムを見ることはできるので「こんなアイテムが自分に合うのね」と服選びの参考にしても良さそう。

大きさだけでなく、身体のラインをきれいに見せるという観点からの服選びって、大切だけれど見落としがちなポイントだったかもしれませんね。

Licensed material used with permission by Fovo
アメリカでは約2,000万人の女性が摂食障害に苦しんでいて、女性の約200人に1人が拒食症、100人に1人が過食症だと言われています。摂食障害の治療は道の...
この記事の主人公Deena Shoemakerさんは、地元カンザス州で10代の女の子たちのカウンセラーとして働く女性。彼女の元を訪れるティーンガールたちの...
欲しいものが決まっているとき、オンラインショッピングって本当に便利。外に出る必要も、わざわざ歩きまわって商品を探す必要もない。でも欲しいものが決まってない...
新しい服を買うのは、いつだって心躍るもの。でも、古くなった服についても少しだけ思いを馳せて身ませんか?もうそんなに着ることはないけれど、捨てるのはもったい...
子どもの成長はとにかく早い。すぐに服のサイズが合わなくなっちゃうから、ほとんど使い捨て状態になってしまうことも…。だからと言ってそのたびに買い換えるのはお...
男の子=電車やロケット、女の子=花柄やハート。色でいえばブルーにピンク。大人のもの以上に、子供服にはこれら定着したイメージが、今も色濃く反映されています。...
エネルギッシュで魅力的な女性たちの代表的な「おしゃれ着」といえば黒い服。ライターBrianna Wiest氏の主張はこうです。他人にペースを乱されることな...
今朝、洋服を選ぶのに何分かかりましたか?5分、10分、もしくはそれ以上…?その時間や労力を捨て去ることができれば、人生が大きく変わるかもしれません。世の多...
001 ジュエリーを主役にする 「シンプルな洋服」柄のない、シンプルな装いには、反対に装飾的で大ぶりなネックレスやブレスレットをつけて、コーディネートの主...
2人の子を持つドリュー・アンは、とても困っていました。スーパーに行くと、自由に走り回りたい盛りの2歳の弟から目を離さないようにしながら、体が不自由なお姉ち...
男女平等は大切だけど、やっぱり男性と女性は「違う生き物だなぁ」と感じることっていっぱいありますよね。男性と女性は、生物学的にももちろんですが、社会的な行動...
着回しが効く分、コーディネートにも幅が出る黒い服。高級感も増します。一方でこんな意見も。「自分に自信がない人ほど黒い服を選ぶ」。じつはコレ、単なるあるある...
「住まい」の話をするとき、賃貸と購入はどちらが得かであったり、インテリアやリノベーションの仕方についての話になることが多いもの。しかし、世界がつながり始め...
パツワルド 敬子出版社勤務ののち米留学を経てフリーランスの編集ライター兼翻訳家に。書籍・ムック・雑誌・ウェブ、各媒体で執筆中。ほんの少し“きちんと”するだ...
Instagramを見ていると、気になるものってけっこう出てきますよね。大好きなモデルさんやインスタグラマーが着ている服。友達が身につけている小物。トレン...
屈強で美しい肉体こそ、究極のオシャレ。服で隠してしまうなんて、野暮だと思いませんか?「何を言っているんだ?」と思ったみなさん、とりあえずこちらの写真を見て...
世界大会をじつに11回も制した、サーファー界の生きる伝説ケリー・スレーター。彼が立ち上げたファッションブランド「Outerknown」、オシャレなことは言...
「モノに溢れた豊かさは、本当の意味での幸せではない」。父の死を乗り越えるため、自分への試練を課したライターAssya Barrette氏。200日の経験か...
世界の名作と一体となったファッションに、心を刺激されてウキウキしてしまう。実際に会って話したこともないのに、写真からは大好きって言葉が聞こえてくるような気...
母:「ねえデイジー、この服なんてどう?」娘:「見てママ、これってヘンじゃない?」イギリス南部に暮らすデイジー・エドモンドちゃんは、この日母親とともに近所の...