「テレビをあんまり見ない、持っていない人」にとにかくおすすめしたいソファ

いま、薄型テレビ市場は二極化が進んでいます。売れ筋ランクを見れば、50インチ(第1位)を超える大型なものがいまだに根強い人気。その一方で、次位は32インチ以下の小型のモノ。

スマホやタブレットの進化にともない、そもそもテレビが主役の部屋よりも、くつろぎを一番の目的としたレイアウトを選択する人が増えてきました。むしろなくたっていい!とさえ思っている人たちも。ならば、まずはソファ選びから変えてみませんか?

生活パターンに合わせて変化
自由度のあるソファがいい

F761a92be56089b880e1b504c9de697735483dca

東欧ハンガリーでデザインされたこのモジュール式ソファ。デザイン云々よりも、レイアウトを自在に変えてくつろぎ空間を自分なりにクリエイトできる、この一点こそおすすめの理由。狭小空間でも快適にくつろぐためのアイデアが、ちゃんと備わっているんですよね。

写真の中で男女が腰かけているマットレス状の座面が2つと、タイのリゾート地にありそうな三角枕、クッションなどが1つのユニットとして構成されているんですが、オプションで、ローテーブルにもなれば、座面に取り付けることもできるユニットボードを追加することも。

要は、生活パターンやニーズに合わせて、いくらでも買い足しができる点がモジュールタイプのソファの特長。

8afe2bc0ca80bbae9b714dad7d795b77f2aa27e6E509aeb3031a7d151ae001af4a19ada99f9d3c35

1枚でも、重ね合わせて高さを出してもOK。引越すたびにソファのサイズが合わずに、微妙なミスマッチ感を抱えながら生活したり、いちいちその度に買い換える必要もありません。

5e224fe7e94cc1268d47e1bc1a306c924500401e

それこそテレビを観るときだけは、あえてこんな感じに横並びにしてみたり。場所に合わせて配置を変えて自由に組み合わせるのも楽しみのうち。

このくらいファジー感があったほうが、いまの時代使いやすいと思うのです。

00b0d2987f5cf4335cdd07457bf9c261c4861758

ひと昔前までは、リビングルームのレイアウトを考えていく際、テレビをどこに(どの向きに)設置するか。これがまず第一だったはず。すると、おのずとソファの位置も定るから。

けれど、世界のインテリアの潮流は、確実に“テレビありき”の生活から、くつろぎ最優先にシフトしつつあります。だからこそ、選ぶならモジュールソファなんじゃないかな、と。

そういえばこのソファ、名前がまたいいんですよ。移動の時代にぴったりなその名も「アーバンノマド」。

Licensed material used with permission by hannabi
部屋の中からテレビの存在感が薄れてきてた。こう感じているのは私だけではないはずです。スマホ画面で4K動画が見られるこの時代。「薄さ」や「インチ数」へのこだ...
これを見てパッと思い出したのは、2008年北京五輪の際に話題を呼んだメインスタジアム、通称「鳥の巣」。あの巨大な建築物を、かな〜〜〜りコンパクトに、そして...
家に帰ったらすぐにソファへ…そんな人も多いはずです。疲れたカラダを優しく癒してくれたり、ダラダラ過ごすのにも最適な「ソファ」ですが、じつはここまで進化して...
イギリスの女性デザイナーFreyja Sewell氏が生みだしたのは、“圧倒的にプライベートな”ソファー。そう言われてもピンとこない人がほとんどだと思いま...
想像力をかき立てられる、ユニークな家具をご紹介。腰掛けても、ゴロンと寝転がってもいいところまでは従来のソファベッド。じゃあ、キャンプ気分を味わうことできた...
海でも山でも、もっと広げればイベントやフェスでも大活躍しそうなソファーをご紹介。アウトドアなのにソファーなんて、おかしく聞こえるでしょう。だけど、この心地...
緑の芝生が美しい、広々としたのどかな庭。そこに小さな丘のような不思議な盛り上がりが。なんとこれ、芝生でできたソファなんです。芝生にゴロンとするのも確かに気...
恋愛に比べて結婚生活って難しい。そう考えてしまう理由を紹介するライターRebecca Endicott氏の指摘が、結構いいんです。彼女の結婚に対する見解は...
自宅で扱うノートパソコン。どこへでも持ち運べる利点を生かすからこそ、ソファやベッドの上が作業場となる。けれど、意外に効率が良くないと感じた経験があるはずだ...
TABI LABOでは、月に一回「ReTHINK=考え直す、再考する」をテーマにしたイベントを開催しています。今回は「ReTHINK TV」と題しまして、...
アメリカ的感覚ではあるものの、女性ライターのRebecca Endicottさんが「Little Things」でまとめたのは、「これはマネしたい!」と思...
質問:「あなたは毎日どこで食事をしていますか?」この質問から始める理由は、あなたの答えがこのイケアの食器の必要性を左右するから。すでにロングセラーだった「...
一人暮らしをはじめて、「丁寧な暮らし」に憧れていても、何をすれば理想の生活に近づけるのか、わからない人もいるでしょう。そこで、一人暮らしで実践しやすい丁寧...
ご存知の通り、「本の虫」とは読書が好きで好きでたまらない人を指す言葉。コレ、てっきり日本独特の言い回しだと思っていたけれど、調べてみたら英語でも「book...
沢山のモノに囲まれ便利な現代。ですが、それによって私たちの生活は縛られるようになってきました。本当に必要なものだけを残して整理するシンプルな生活は、頭をク...
丁寧な暮らし、つまり心が豊かになるような生活は、無理な節約をしていると叶いません。節約をするにしても、無理やりするのではなく、できることなら楽しみながら行...
恋人とふたり、テレビの前でゴロゴロしながらうたた寝。なんてシチュエーションで、まず間違いなく活躍できそうなくつろぎグッズを見つけました。こんな中でヌクヌク...
プロカメラマンの父(ジョーンズさん)のもと、カメラの取り方を習得した息子のスタンリーくん。1歳半の子どもならでは視点で撮影された写真は、大きな反響を呼びま...
ひとり暮らしは、自由の象徴。全裸で踊り狂ったって誰もあなたを咎めません。ただその分、責任も発生します。「Elite Daily」のライター、Laura A...
日々すくすくと成長していく子どもの姿は、動画や写真でどんどんスマホに溜まっていきます。でも、忙しかったり、実家が離れていると、子どもの近況を伝えるのも一苦...