出会い系サイト「Tinder」に英キャメロン首相が突然現れた理由

EU離脱か残留か、その賛否を問うイギリス国民投票に全世界が固唾を飲んで見守った2016年6月23日。結果は周知の通り。

多くの報道でも伝えられているように、今回の投票の鍵を握っていたのは政治に関心が低い若者の投票率。残留派のリーダーで、すでに辞意を表明したデーヴィッド・キャメロン首相も、そこを見誤っていたわけではない。

時間を遡ること約1ヶ月前、デジタルマーケティング誌「The Drum」は、キャメロン首相の異例とも思えるこんな行動を報じていた。

「投票にいきましょう!」
関心の低い若者層を取り込む
あの手この手の舞台裏

かなりの接戦が予想された国民投票を前に、若年層の支持をいかに集めるかが、勝敗の焦点になると踏んだキャメロン首相率いる残留派は、ミレニアル世代のリーチが高いSNSやアプリを通じて投票を呼びかける戦略に打って出た。

5月中頃、マッチングアプリ「Tinder」のフィードに突然、一国の首相が登場したものだから、ユーザーたちは大騒ぎ。「キャメロン、Tinderに現る」そのニュースは瞬く間にネットで広まり、保守系の「The Times」までがこれを取り上げ大きく報じるほど。

もちろん、狙いは若者への投票呼びかけにあったことは言うまでもない。35歳以下のミレニアル世代にEU残留を支持する声が多いことは、先に実施された世論調査の結果からも明らか。是が非でも、彼らの票を獲得したい陣営は、首相のFacebookやTwitterアカウントを利用し、ここに攻勢をかけていった訳だ。

Tinder画面上で、EUにおけるイギリスの立場をクイズ形式で紹介する内容などで、投票への関心を高めてもらおうという意図があったのだろう。しかし、Tinderユーザーからしてみれば、投票促進キャンペーンが逆にユーザーインターフェースを下げる結果となり、キャメロン陣営の戦略は空振りに終わった印象だ、と「RT」は否定的な見方をしている。

ほかにも、1,200万Facebookユーザーが登録する、英娯楽系情報サイト「Lad Bible」でも、EU残留を呼びかけ、投票を促すキャンペーンを実施していたようだ。

EU残留を望みはすれど
有権者登録していない若者も

でも、そもそもなぜこうまでしてキャメロン陣営は、ウェブ戦略で若者層の投票促進キャンペーンに力を入れたのか?

じつは、世論調査の結果が示す通りEU残留を望む若者たちの声はあるものの、とくに18歳から24歳までのおよそ3割近くが、今回のような重要な投票にもかかわらず、有権者登録締め切り(6月7日)間近になっても、有権者登録すらしていない状態だったそう。また、皮肉にも保守政権によって制定された選挙制度の変更があだとなり、数パーセントが有権者名簿から漏れていることが発覚。

陣営はこの政治に関心があまりない若者層を抑えることで、残留に向けての足場固めを図っていたに違いない。

選挙カーよりもSNS戦略?
次世代型選挙のあり方とは

国の将来を左右するEU離脱の賛否とあり、熱の入れようもハンパなものではなかったはず。だが結果として、残留を望む彼らの声がどれだけ票につながったか、それも今となっては無用の討論なのだろう。それでも離脱51.9%、残留48.1%という僅差の結果だけに、ロビー活動ならぬモバイル上の“スワイプ活動”いかんでは、反対の結果が待っていたことだって十分あり得る話。

日本でもSNSをはじめネットでの選挙運動が解禁となり、数日後に控えた参院選に向け、各党アピール合戦が続いている。が、残念ながらいまだピンポイントで有権者に訴えかけてくるだけの戦略は乏しいと言わざるを得ない。それでも、今回のイギリスで実施されたような若者層へのアプローチが、いつ実施されたとしても驚けないだろう。

Top Photo by Andrew Parsons/Getty Images News/Getty Images
Reference:The Drum, The Times, RT
国民投票が行われ「イギリス・EU離脱」という結果が出てから約1年。賛成と反対とで意見を真っ二つに割った出来事でしたが、どんなに嘆いたとしても後戻りはできな...
ここは、NYブルックリンの街角。ポップでかわいいストリートアートが出現しました。世界中のトラベルスポットも描かれていて、さながら旅行気分でキュートなセルフ...
国民投票によるEU離脱が決まったイギリスでいま、洋服の胸元に安全ピンを付ける人たちが増えているといいます。再投票を求めるアピール?ではありません。これは、...
アイルランドで同性婚の権利が正式に認められた。5月22日に同国で行われた国民投票は、同性婚を認めるための憲法改正について、その是非を問うものだった。現地メ...
「皆が誇れる大統領に」──、接戦を制した共和党候補のドナルド・トランプは、勝利宣言で高らかにこう表明した。アメリカを二分した今回の選挙を象徴するように、両...
10年ぶりの政権交代を果たし、カナダの新リーダーとなったジャスティン・トルドー首相。2015年11月4日に行われた新内閣発足の発表会見の席で記者からの質問...
アメリカでは、まさに私くらいの年代(20代前半)を称して「The Age of Tinder(Tinder世代)」と呼ぶらしい。分からなくもないのは、日本...
EUが国際社会のなかで大きな存在を占めていること、ブレグジットが連日ニュースを騒がせること。その規模の大きさから是非も議論されるようになってきていること。...
ロサンゼルスで新たに始まったこのサービスは、スマホを使って質問に答えていくだけでOK。各議員のスピーチや態度、財政、貢献度などなど様々なデータを参照してア...
両親がシリアから内戦を逃れるためにカナダへ来たのは去年。その後生まれた赤ちゃんに、トルドー首相への感謝の気持ちを込めて「ジャスティン・トルドー」と名付けま...
恋愛はもちろん、仕事や趣味など自分がやりたいことに積極的な肉食系女子。「私もそうなれたらいいな」なんて、憧れの気持ちを抱きながら見ている人も多いかもしれま...
SNSが友だち同士のコミュニケーションツールにとどまらず、世界とつながるものであることは、もはやスタンダード。誰とでもつながれるものだからこそ、ときに国境...
「あなたの国を代表する料理は?」こうポーランド人にたずねたら、ほとんどの人が口を揃えてこの料理をあげるんだとか。それが「ビゴス」(別名:狩人のシチュー)で...
ポケモンゲットで集票も獲得できる?日本よりも一足先にアメリカでローンチされた「ポケモンGO」。その爆発的人気は、米大統領選にも影響を与えようとしている。ヒ...
メディアで話題の○○動物系女子。犬系女子、猫系女子、ひつじ系女子...女子の特徴をさまざまな動物にたとえた言葉がありますが、「モグラ系女子」という言葉はご...
世界的に見ても、優秀な学校として名高いイギリスのウォーリック大学。そのボート部が毎年リリースしているチャリティカレンダーが話題になっていますが、ご覧の通り...
イギリスで2016年9月13日より始まった、新5ポンド札の流通。紙幣に変わるプラスチック製の(合成樹脂幣)ということでも話題になっているけれど、その記念す...
20世紀の「使い捨て社会」から循環型の社会へ。いま世界の多くの人々が、そのための努力を続けています。大量生産、大量消費、大量破棄。それらが食品業界にもたら...
アダルトサービスがテクノロジーによってどう変わるのか。VRやセックストイの進化を見ると、どんな未来が待っているのかがある程度イメージできます。主には、バー...
インターネットが登場して、ジャーナリズムは劇的に変化しました。テレビの時代は情報を受け取るだけだったのが、オンラインのニュース記事にコメントをつけて双方向...