【ダークツーリズム】砂漠でゴーストタウンと化したチリの「硝石工場群」

人類の歴史は、輝かしい面ばかりではありません。片方の国が発展を遂げた影には、戦争に敗れた国もあり、産業発展のあとに振り子の揺れ戻しで衰退が訪れた街もあります。

そんな人類の悲しみの現場と対峙する旅が「ダークツーリズム」と呼ばれるもの。そこには悲しみや怒り、絶望しかないかもしれません。でも、実際に足を運ぶことに意味があるのではないでしょうか。

今回紹介するのは、地下資源の硝石により栄えたのち、ゴーストタウンとして砂漠に置き去られたハンバーストーンとサンタ・ラウラ硝石工場群です。

【チリ】
砂漠に残された
ゴーストタウン

Medium 5f5b5d4d28333211c0f8127f0dc83966c3faa590

Photo by Marisa Estivill/shutterstock.com

世界遺産、そして地震により危機遺産となっている硝石工場群。

ここはかつて、大量の硝石が採掘され、砂漠の一大企業城下町として長らくチリの経済を支えていました。周辺国からも労働者が集まり共同体をつくるなど、独自の文化も築かれるほどでした。

栄枯盛衰を物語る
「硝石」産業

19世紀半ば、硝石は農作物の肥料や、軍事力の強化といった価値がイギリスで認められ、1872年には硝石工場群が砂漠の真ん中につくられるほどでした。

太平洋戦争で勝利したチリがその豊かな硝石資源を獲得し、輸出税の利益で国内は潤いました。さらには、国境を越えた労働者と独自の共同体文化を築くまでに発展。

労働運動が起きながらも終わることのなかった硝石ブームは、1929年に発生した世界恐慌により一転。

さらに、第一次世界大戦でドイツが硝石に変わる化学肥料や硫酸の精製に成功したことで、チリは硝石の輸出先を失い、一気に破綻へと追いやられたのです。

1934年にハンバーストーンは買い手がつき一時復活したものの、1958年、ついに工場は閉鎖。世界の硝石のほとんどを産出していた砂漠には、ついに誰もいなくなったのです。

こんなところも
訪れてみては?

【ピカの温泉】火山国チリの恩恵
アタカマ砂漠の中にある小さなオアシスの街、ピカ。アンデス山脈から湧く温泉は日本と異なり、温度はかなりぬるめです。外国の温泉は水着着用なので、持っていくのを忘れずに。

Medium 76e37823e871814431f1ad08ce1c2cb865762762

【ピンタードスの地上絵】12〜15世紀に描かれた古代のロマン
硝石工場群からまっすぐ南下。山の斜面に石を並べてつくられた地上絵を、いくつも見ることができます。いまだ誰が何のためにつくったのか解明されていないのも魅力。

Medium b51c2c0358556a9c8c6737c575e5821f042f8fc9

【海の街、イキケ】趣のある街
硝石工場群に行く際の拠点となる、タラパカ州の州都イキケ。歴史ある時計塔や聖堂などがあり、夜にはライトアップされます。海の街ならではの港もオススメ。

Medium 282b9f554f148621d6cf78373a16dd688cd8b0ac

ベストシーズンは、5~9月
アタカマ砂漠が広がるチリ北部は、世界で最も乾燥した地帯といわれ、通年で気候の変化がほぼなし。しいていえば1日の寒暖差のない5〜9月がベストシーズン。

予算は34万円~
飛行機代、宿泊費含む、諸税等別途必要、燃油サーチャージ込み

プランは6日間
1日目 東京発
2日目 経由地乗継、イキケ着
3日目 ハンバーストーンとサンタ・ラウラ硝石工場群観光
4日目 イキケ観光
5日目 イキケ発、経由地乗継
6日目 東京着

※最寄りの都市イキケまでは日本から飛行機で約32時間。イキケからハンバーストーンとサンタ・ラウラにはバスで40分。

廃墟となったこの地は、産業の栄枯盛衰を物語っています。産業のもたらす力と、発展に伴う痛み。このゴーストタウンから汲み取るべき教訓があるのではないでしょうか。

枯れた砂漠が一面、ピンク色に染まった!?アメリカのメディアを中心に話題沸騰の写真。ここが、世界でもっとも乾燥した砂漠だと聞いても、にわかに信じられませんよ...
人類の歴史は、輝かしい面ばかりではありません。片方の国が発展を遂げた影には、戦争に敗れた国もあり、産業発展のあとに振り子の揺れ戻しで衰退が訪れた街もありま...
地理も英語もまったく苦手。そんな私でも1人で行けた地球の裏側の、とある大砂丘ー。ブラジル北東部にある「レンソイス・マラニャンセス国立公園」。レンソイスとは...
人類の歴史は、輝かしい面ばかりではありません。片方の国が発展を遂げた影には、戦争に敗れた国もあり、産業発展のあとに振り子の揺れ戻しで衰退が訪れた街もありま...
人類の歴史は、輝かしい面ばかりではありません。片方の国が発展を遂げた影には、戦争に敗れた国もあり、産業発展のあとに振り子の揺れ戻しで衰退が訪れた街もありま...
人類の歴史は、輝かしい面ばかりではありません。片方の国が発展を遂げた影には、戦争に敗れた国もあり、産業発展のあとに振り子の揺れ戻しで衰退が訪れた街もありま...
人類の歴史は、輝かしい面ばかりではありません。片方の国が発展を遂げた影には、戦争に敗れた国もあり、産業発展のあとに振り子の揺れ戻しで衰退が訪れた街もありま...
001 大陸:南米002 国名:チリ003 都市名:バルパライソ004 日付:2012.5.5「この美しさ、まるでヨーロッパ」About the City...
UAE(アラブ首長国連邦)の南部「リワの砂漠」に、巨大なソーラーパネルを設置した星型の施設ができるそう。その名も「オアシス・エコリゾート」。2020年のオ...
地理も英語もまったく苦手。そんな私でも1人で行けた、砂漠のオアシスー。アラブ首長国連邦・アブダビに位置する、世界最大の砂漠として有名なリワ砂漠を車で走り続...
学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあった旅の記憶をひっぱり出して、様々なテーマで「...
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...
「Higher Perspective」で話題になった心理テストは、たった5分であなたの今の状況が分かるというもの。当たってる?当たってない?と、友だちと...
サハラマラソン(Marathon des Sables)とは?それは、フランスのATLANTIDE ORGANISATION Internationale...
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
ニューヨークやロンドンの街角で、道路標識に一台の白い自転車が括りつけられているのを見たことがあるだろうか?いつも同じ場所に固定され、薄汚れた姿は、一見する...
数年前に巻き起こった工場ブーム、いわゆる「工場萌え」。それ以降、工場は新たな鑑賞スポットとして定着しつつある。中でも、夜景の美しさは格別。装飾されていない...
001 大陸:南米002 国名:チリ003 都市名:バルパライソ004 日付:2012,05,07「湾を囲むうっとりするような夜景」About the C...
とてつもないスピードで移動できる手段が登場?なんて思う人は少ないかもしれませんが、本当に東京都心から1時間で到着しちゃうのが、ここで紹介する「ジョンソンタ...
旅行先で、ネットが繋がらずGoogle Mapが見れなくなった時。目的地への行き方が分からなくなり、迷った人もいるのでは?でも、この記事を読んでいるアナタ...