体育館の床で作った額縁ーーリユースアイテムは背景に惹かれる

写真は、静岡県にあるセレクトショップ『CO.NNECT.』が販売しているアートフレーム(額縁)。

“やれた”感じは、アメリカを中心に盛り上がっているクラフト系アイテムの流れで捉えてもイケてます。

ポイントは廃材の出どころ。体育館の床を再利用しているんです。

毎年、日本では
約500校が廃校に

Medium f6acaa202a6d15b4e6c750e985322c8110231417

フレームの話題の前に、軽く社会的な背景を。

文部科学省の「廃校施設活用状況実体調査(2014年実施)」によると、全国の廃校発生件数は、2012年が598校、2013年が482校。じつに毎年約500校が廃校になっています。

同調査によると、廃止となった学校は公民館や老人ホームなど、さまざまな施設へと活用されているそうですが、なかには老朽化により完全に取り壊しになるケースも。

「自分が通った学校がもうない」という人は、決して少なくないわけです。もしかすると、この記事を読んでいる人の中にもいるかもしれません。

体育館の床は
とても優秀な素材だ

Medium ceff25bc33cf0339075a64f4fd16556a18e09001

話を件のフレームへ。

きっかけは2005年の夏。『CO.NNECT.』の覚上知幸さんが体育館の解体工事に参加したこと。

その際、床材がチップとして砕かれていく様に、とても残念な気持ちになったそう。

なんせ体育館の床に使用されている木材は、頑丈で良質。覚上さんは、チップにするのではなく、なんとかそのままのかたちで再利用できないかと考え、生まれたのがこのアートフレームというわけです。

木材の質感とコートラインの
バランスに惹かれる

Medium 1f1a09039040f9df966afef6e779b92891d27a16Medium c1a1f239f575d5e22ce148521ac84278870dcbddMedium 9eaf9f3308a6703c2ccd549b87ade882365bab7eMedium ec713edb117ab8d944e4c3a3e0f56fbd0cff8ec2

使い古された木の質感に、バスケットボールなどのビビッドなコートラインがアクセントになって、唯一無二な存在感。

見た目だけでも十分そそられますが、バックグランドを知ることでさらに惹かれる、そんなプロダクトです。

Medium 4c1f0200a8988bd230b3155896c2bb3b9288e701

もちろんすべて1点もの。サイズによっても値段は異なります。小さなものは¥680から。

詳しくは『CO.NNECT.』まで。

大量に廃棄されている衣料品をリサイクルする目的もあり、デニムでつくったサングラスが開発されました。環境問題に関心のあるデザイナー2名が、クラウドファンディ...
欲しいものが決まっているとき、オンラインショッピングって本当に便利。外に出る必要も、わざわざ歩きまわって商品を探す必要もない。でも欲しいものが決まってない...
たった9秒。まばたき厳禁のオモシロ動画を見つけました。体育館の生徒たちの前に現れたのは、まさかのクジラ!?それは、一瞬の出来事だった…それは、ほんの一瞬の...
新進気鋭のアーティストが手がける作品に彩られた「アートホテル」。ここに宿泊するだけで、誰でもアーティストのパトロンになれるーー。そんな新しいビジネスモデル...
それは、風景写真と星空写真の加工作品。「星空アート」の世界観、とくとご覧あれ!実際に撮った写真を編集し「星空アート」を作り上げているのは、「だいなり」の名...
和紙や木の薄皮にも見えるこの素材、実は肉!しかも、賞味期限が過ぎたもので作られているんです。これはベルギー人デザイナーのIssac Monteさんが始めた...
様々な形でリサイクルされているペットボトルですが、「家づくり」にも使われていることを知っていますか?パナマのボカス・デル・トーロにあるコミュニティでは、す...
白い肌、白い髪、白い背景。白一色でまとめられたこれらの写真を撮ったのは、フォトグラファーのYulia Taitsさん。彼女はアルビノの人たちにフォーカスし...
食物アレルギーのため、毎朝マーガリンを塗ったトーストしか口にできない娘のために、パパがとった行動がステキすぎる!とイギリスで話題の家族を紹介します。たった...
以前、ビル・ゲイツが排泄物からつくった「水」を飲む動画を公開し話題になりました。様々なリサイクル事業が技術的に進歩している証拠でもありますが、その他にも汚...
イギリスの女性デザイナーFreyja Sewell氏が生みだしたのは、“圧倒的にプライベートな”ソファー。そう言われてもピンとこない人がほとんどだと思いま...
京都の紅葉は、いまが見頃。昼間に眺めたい人もいれば、夜間ライトアップが好きという人もいるでしょう。そうそう、源光庵のように「窓で切り取られたもの」も話題に...
セレクトショップでたまに目にする、ガラス製のプランター。とくに植物を植え込む用に作られたものは「テラリウム」なんて呼ばれています。使い方が分からずに、これ...
ソニーの「ポータブル超短焦点プロジェクター『LSPX-P1』」は、好きな映画や写真などを、家中のさまざまなところに投写できる画期的な商品。持ち運びやすい小...
新聞や雑誌の切り抜きを利用した、コラージュ作品を得意とするイギリス人アーティストのJoe Webb氏。パソコンによる加工を一切施さず、ただ切って貼るだけの...
日本では当たり前のようにある「学校の掃除の時間」ですが、世界的に見るととても珍しい文化だとよく言われます。「みんなのものをみんなで大切に」という教育がされ...
世界的な課題とも言える大量の廃棄物は、さまざまな形の「リサイクル」となって、解決の一歩を踏み出そうとしています。ここでは、ファッショナブルなものから斬新な...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
スウェーデンのアウトドアブランド「FJALLRAVEN(フェールラーベン)」。そのアイコンである「Kanken(カンケン)」は、1978年の誕...
空気を乾燥させたり汚したりすることがなく、温風によってほこりが舞うこともない。そんなメリットだらけの床暖房ですが、一方でネックとなってくるのは、電気代では...