「死を待つことが人生じゃない」93歳認知症の母をモデルに起用したポートフォリオ

画家でカメラマンとしても活動するTony Lucianoさんには、認知症を患った93歳になる母親(Eliaさん)がいます。2年前、もはや身の回りのことを自分ひとりでできなくなったEliaさんをアトリエに呼び寄せ、世話する決意をした息子。

けれど、ただ介助者となって自分がサポートすることが、母にとって本当に幸せなことだろうか?Tonyさんは、ある信念を胸に行動に出ました。

どれだけ歳を重ねても、
生きることに前向きでいて欲しい

Medium 9e79a94641c8c00a72c72c2fd823688636666258

90歳を過ぎた母にとってのクオリティ・オブ・ライフ。どうすれば、生きることにもっと積極的になってくれるだろう。頭を悩ませた末に、彼は認知症の母親をモデルにしたポートフォリオの制作を思いつき、その活動を通して、Eliaさんに前向きに生きる気力を取り戻してもらおうと考えたそうです。

こうして、親子二人三脚のアートワークが始まりました。

Medium cc9bff358587d93648790a69d526973493bea54bMedium ba1f709b1145f27320b4f0b1013c92323592e37aMedium c48e7979ec00d8e28273d68ccc08fd5610a7d16c

「撮影を重ねていくうちに、レンズを通して母の若々しさやお茶目な一面が、どんどん透けて見えるようになってきたんです」

やがて、何も注文をつけなくても自分からポージングをするようになった、と「Feature Shoot」に語ったTonyさん。その言葉を裏付けるように、写真の中のEliaさんからは、“受け身”な印象がまったく感じられない。むしろ、ハツラツと楽しんでいるようにも見えませんか?

ただ死を待つことが人生じゃない

Medium 4fa086723227a570460c25c2e406bc22fa592409Medium 7f08a63da85c145d0ab6a9a7f7cdff211c1bac50Medium 7e7c484a552d38a383a43de2a42c50b7ccc6c044Medium 496f06b4f6e913dbaa20f8a6207828d4d2999c3fMedium de42fb5adfae2f18cde08a687bbeae9e5625ba8bMedium 1ea2de295189009a00b55ea4b097fdf0c81ff60fMedium 3db0559bfb593e4a167247431ec595bc6d7ae144Medium 37cddddf686edec82120cca6bd4a45a3ef278573Medium 52bfb15c50f8a3f21b7fc55d2e158d7294dcb26bMedium 44009d770f4ac03a8bafdbd2e13192f90aff4ec2Medium 95653dcba5eadef85b1034fa9e1b3d1e96a9c01cMedium 13d3bf199f6b96c4bd1b8795fd28075f41a7d620Medium 2eefdf8e0dd9710feb91790d5e957a42bb81c645Medium 7bbe70541eba20decc82a1b64713ffe328384c8dMedium bffeb691d38752818e03afc90e6a8d0badecfaba

「ただ死を待つことが人生?ボクは母の姿を見ていて、どれだけ“生きる”ことに前向きでいられるかではないかと思うのです」

親子のセッションが一日でも長く続きますように。

Reference:Feature Shoot
Licensed material used with permission by Tony Luciani
認知症を発症させた母親との日々。それを赤裸々にYouTubeで発信しているのは、息子のJoeyさん。「Mother and Son's Journey w...
この動画の主人公95歳の元ピアニストは、認知症を患い介護施設での生活を続けています。「もう一度ピアノを弾かせたい」介護スタッフの働きかけに、イギリス全土か...
2014年世界保健機関(WHO)が発表した男女別の平均寿命ランキングで、スイスは男性2位、女性3位の結果。欧州でも、少子高齢化が進む国のひとつです。高齢者...
厚労省の発表によれば2012年時点での認知症患者数は、全国でおよそ462万人。2025年には65歳以上の高齢者、5人に1人が認知症になるとの予測がある。こ...
普段から運動を行って筋肉量をキープすることができれば、「健康体を維持したまま長生きできる身体コンディション」は整っていきます。糖尿病や認知症といった病気の...
誰にだって、生きていればどうしようもなく落ち込む瞬間が訪れます。そのなかでも最もつらい経験のひとつが「身内の死」かも知れません。ここで紹介するのは、大学時...
「母斑症」は遺伝的な要因や胎生期の環境によって生じることのある皮膚の奇形。ここで紹介する写真の女性は、ロサンゼルスで活躍する22歳のダンサー、カサンドラ・...
James Friedmanさんは、30年以上にわたり母親の写真を撮り続けたフォトグラファー。でもそれは、愛のこもった温かな写真なんかじゃなかった。Pho...
ホテルがアタシの人生のすべてだったの。妹の葬儀にだって顔を出さなかった…、そのくらい仕事が大事だったからよ。アンタの父親に初めて会ったのもホテルの宴会場。...
認知症の一種である「アルツハイマー病」は、記憶や思考力が徐々に失われ、最終的には日常生活に必要な作業すら困難になっていく病気。私たちが忘れられない瞬間、忘...
狭い車の中で熱唱する、このイギリス人親子。カーステレオのボリュームをひねり、大音量で歌い続けるのには、ある訳がありました。この車中カラオケは、「父の記憶」...
英・テレグラフ紙のインタビューで先日、母の故・ダイアナ妃の死がきっかけで心を閉ざし、精神的に苦しい時期を過ごした期間があったことを告白した、英王室のヘンリ...
NYのフォーダム大学で教授をしているLyn Slaterさんは、ニューヨークファッションウィーク中に友だちとランチに出かけたところ、ジャーナリストにパシャ...
ここで紹介するのは、「Lessons Learned in Life」で掲載された、年老いた母が、娘に贈った手紙という記事。すこし物忘れをしやすくなってし...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
人は、いよいよ「自分の死」を覚悟したとき、一体どんなことに後悔をするのでしょうか?人生の終わりは、誰にでもやってくること。「becomingminimal...
シンプルで機能的で、管理的な反面、どこか殺風景に映るケアホームが、ほんのちょっとのアイデアで表情豊かに生まれ変わる。オランダから始まり、欧州で注目されつつ...
スマホ依存が家族に及ぼす影響をシニカルに捉えた広告作品「Phone Wall」を紹介します。中国の心理学研究所が広告会社に制作を依頼したもの。急速に発展す...
残暑がまだまだ続きます。熱中症対策、万全ですか?東ヨーロッパから中東にかけて、多くの国で親しまれているヨーグルトドリンクがあります。ヨーグルトに水と塩を混...
健康な人の便を冷凍し、カプセルに封じ込めた薬が、「クロストリジウム・ディフィシル感染症」の治療に効果を発揮するとの研究結果が米国医師会雑誌(JAMA)に発...