【若者必見】パスポートを取ったら1万円もらえるらしい・・・

観光庁の発表によると、20代のパスポート取得率は1989年で8.6%、2013年で5.9%。24年間減少の一途をたどっています。これを危惧した成田空港と日本旅行業協会が思い切った案に出ました。

両者が発表したのは、若者がパスポートを取得する費用の一部、1万円の助成金を出すというもの。観光庁も後援、つまり国を挙げて、若い人の海外渡航を勧めているんです。

その条件って?

Medium f7e710594a096a4427c99a36640b5c961ce31a56

実はちょっと細かい条件があります。

1. 4月1日時点で18歳以上23歳未満の人
2. 2016年7月15日から12月31日までの間に
(1)日本のパスポートを新規取得または更新し
(2)日本旅行業協会会員会社から、成田発の海外旅行商品を購入して海外旅行へ行った人

え、なんかむずかしそう?そんなことはありません。(1)はパスポートを取るか、更新してしまえばOK。(2)の会員会社ですが、JTBやH.I.S.、近畿日本ツーリストに楽天トラベルなど、大手旅行会社はたいてい入会しているので、そこで航空券やツアーを今年中に購入すれば大丈夫。

この条件を満たす人先着500名までに1万円をキャッシュバックしてくれますよ。

12歳以上の人が東京都で10年間有効なパスポートを申請した場合にかかる値段は16,000円。つまり、6,000円で新しいパスポートが作れてしまう計算になります。おトクですね。

でもなんで、こんなに海外旅行を勧めるのでしょう。

ツーウェイツーリズム
推進の一環

Medium 553fa1de0cba5b9ebda8372a6d8c4233c96fa314

それは日本が観光立国を目指し「ツーウェイツーリズム」を進めているから。聞きなれない言葉かもしれませんが、日本と諸外国双方が国際交流することで、お互いの国際感覚の向上や相互理解を促すもの(観光庁サイトより)。政府はこれをアウトバウンド、つまり海外へ行く日本人を増やすことで拡大していきたい方針です。

文部科学省の調査によると、日本から海外へ留学する人の数は、2004年の8.3万人をピークに2011年は5.7万人に。一方、伸びている国は中国で、2011年には72万人が海外へ行っているそう。アメリカ、インドなども数はゆるやかに上昇しています。

ノーベル文学賞を受賞したイギリスの作家、ラドヤード・キップリングは「イングランドしか知らない人に、イングランドの何がわかる?」という言葉を残しています。若者の内向き志向が指摘されていますが、これを機会に海外旅行を計画してみるのもいいかもしれませんね。

詳しい情報はこちらから。

リオ五輪が約1ヶ月後に開幕を控えていますが、4年後の2020年「東京五輪」もあっという間に目の前に迫ってきそうです。そんな東京五輪の前年である2019年ま...
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...
ずっと同じ場所にいると、なんだか新しい景色が恋しくなる。そんなとき、お金にあまり悩まされず、旅に出られたらベストですよね。そんなあなたに教えたい、物価も宿...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
旅行先で、ネットが繋がらずGoogle Mapが見れなくなった時。目的地への行き方が分からなくなり、迷った人もいるのでは?でも、この記事を読んでいるアナタ...
「Collective Evolution」において、ライターのSarah Gibson氏が、少ない予算で旅を楽しむ10の方法を紹介しています。特に初めて...
チェックインカウンターで手荷物を預けたアナタ。身軽になって、いよいよ旅行気分も最高潮。だから、こんなこと考えないかもしれない。預けたカバンがどうやってアナ...
旅行は楽しみだけど、飛行機の待ち時間は、少し憂鬱。そんなときはハイセンスなバーで一杯いかがでしょうか?今回は「oyster.com」にまとめられていた、世...
夢の中でする旅行は、少し不思議な気分になるものですよね。一度も行ったことがない場所や絶対に行けないような場所であれば、なおさら。でも、そんな旅行の夢には、...
旅に出る時は、荷物は少しでも軽くしたいと思うもの。特に長期の旅行者にとっては、荷物は少なくて軽い方が身軽です。そんな方にオススメなのが、15個の特殊機能が...
紺色のボディに金色の文字。一見すると、日本の5年用パスポートのよう。ですが、そこには「UENO WELCOME PASSPORT」と記されています。一体、...
旅好きの女性に、ぜひともオススメしたいアイテムがこちら。ちなみに、自分の周りではかなり好評なんです。一緒に旅行に行く男性からすると、持ち運びが大変だなあと...
脳みそフル回転!あっちはどうだろう。待てよ、こっちもいいぞ。ちょっと予算が厳しいかも。ガチガチの予定を追いかけるのも息が詰まるな。大まかな場所だけ決めて現...
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
トラベルバッグといえば、キャリーバッグかスーツケースか? 一昔前なら、ハードラゲージかソフトかなんて悩んだこともあったっけ。でも、いまやそんなこと、多くの...
トラックの幌を再利用してつくる、スタイリッシュなメッセンジャーバッグで日本でもおなじみの「FREITAG(フライターグ)」。そのトラベルバッグを無料貸し出...
Wi-Fi、飛んでる?いつしか、そんな言葉が海外旅行へ行ったときの決まり文句になりました。とくに、現地に到着してすぐ、空港でインターネットを使いたい人も多...
海外旅行に行くとき、どんなバッグを持って行きますか?何かと荷物も多いから、移動用はバックパックの一択、という人も多いでしょう。でも日本ならまだしも、海外で...
アメリカの「Elite Daily」は、恋愛に関することがリスト形式の記事が有名ですが、時々そのフォーマットからまったく逸脱したユニークな記事も。例えば、...
今の彼と一緒にいるのは楽しいけど、結婚するにはどうだろう?そんな「決め手」に悩む女性にぴったりなのは「Elite Daily」のLaura Arginta...