16歳の高校生が考案した「海洋ゴミ回収プロジェクト」が、北海でテスト開始。

毎年800万トンものプラスチックが海に捨てられているーー。

この問題を解決するために考案されたプロジェクト「The Ocean Cleanup」は、自然エネルギーを用いてコストを最小限に抑え、海洋生物を傷つけずに、大量のゴミを回収・リサイクルできる可能性を秘めています。2016年6月22日に、そのプロトタイプのテストが北海でスタートしました。

高校生のアイデアに、
200万ドルの投資が集まった。

8a7c9600323567522c911cb72678273af205b5ce

16歳の男子高校生だったBoyan Slatは、夏休みにギリシャの海を泳いでいたときに、魚よりもプラスチックが多かったことに驚き、この問題を解決しなければと思い立ちました。

18歳になると、自身が考案した海洋ゴミ回収システム「The Ocean Cleanup Array」を「TEDxDelft 2012」で紹介し話題に。翌年には本格的にプロジェクトの開始を発表し、クラウドファンディングで200万ドルもの資金を集めました。

プラスチックゴミが及ぼす影響範囲は広く、海洋生物への影響はもちろん、食物連鎖により毒素が伝わっていくことで、人間への健康被害にも繋がると言われています。当然大量のゴミを回収する費用も莫大。

しかし、彼のアイデアは、低コストかつ大量のゴミを回収でき、海洋生物を傷つけずに済むものでした。

「浮き」を設置して、
中心に集まったゴミを回収。

0da85dfa90adf73dcdb473471dffe068b8b38f5c518b906e6c8ea608e39df419fe2fc754e6ef5f3a34c3074131ef899dce340b8ec0339547fd0ff954

プラスチックのほとんどは水面を浮遊しています。そこで、棒状の「浮き」を設置して、海流で運ばれてくるゴミをせき止めます。

波が勝手にゴミを運んでくれるほか、施設の稼働エネルギーは太陽光から賄えるため低コスト。

網を利用しないため、海洋生物を傷つけません。集めたゴミは回収後にリサイクルできます。

目標は「太平洋ゴミベルト」。
7万トンの廃棄物を回収する。

09ee7a2b66408147ca75e0d9d25ed4fa50c3f47d01b1a7e0ab742e224948181d188f442ee6b72ffa

目的は、海洋ゴミをすべて一掃すること。その第一歩として、2020年までにカリフォルニア・ハワイ沖の間へ、長さ100kmに及ぶ大型機材を設置する目標を掲げています。

海流によってゴミが密集する「太平洋ゴミベルト」と呼ばれるエリアには、少なく見積もっても7万トンを超える廃棄物があると言われており、回収にかかる期間は10年ほどと予想されています。

6月22日より北海で始まったプロトタイプのテストについて、Boyan Slat CEOはこうコメント。

「システムが破れてしまう可能性は30%あるけれど、結果はどうあれ良いテストになるでしょう」。

計画は着々と進んでいるようです。最新情報は、公式ホームページで確認できます。

Licensed material used with permission by The Ocean Cleanup
海には、世界全体で毎年800万トンものゴミが捨てられているそうだ。しかし、このプロジェクトなら大量の海洋ゴミを最小限のエネルギーで回収し、再利用することが...
世界の海に浮遊する海洋プラスチックゴミを再利用して、海中に持続可能な都市空間を建設する。発想が飛躍しすぎて、もはやSF映画のようですよね。これを大真面目に...
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
6月29日、ニューヨークでアディダスのコンセプトスニーカーが発表されました。レセプション会場にアディダスが選んだのは、国連本部ビル。じつは、同日開催されて...
「More than a Club」これは、FCバルセロナが掲げる由緒あるスローガン。「クラブ以上の存在」であることを意味するこの標語は、決してピッチ内だ...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
NASAのScientific Visualization Studioが、海に浮かぶゴミの量やその流れを追い、科学的に可視化した動画を紹介しています。こ...
車椅子を利用するパパやママでも使いやすいベビーカー。夢のような話が、アメリカで実現しそうです。しかも、このユニバーサルデザインを考案したのは、なんと16歳...
アメリカのボルチモアハーバーに佇む、巨大な生物のようなもの。まん丸な目に大きな口、一見ダンゴムシのようにも見えるルックス。オブジェかと思いきや、そうではあ...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
人口およそ12.5億人のインド。国民の約8割がヒンドゥー教徒(外務省調べ)という信仰心の厚いこの国で、あるゴミの始末をめぐって人々が悩んでいた。日用品のパ...
ヨーガン レールの名前を知っている人がどのくらいいるでしょう。衣・食・住すべてにおいて、心安らぐ手仕事のモノの価値にこだわり、今日のライフスタイルショップ...
言うは易く行うは難し──。環境を守ることの重要性は、誰もが認識し、口にする。では、一体どれだけの人が、具体的なアクションに落としこめているだろう?自戒を込...
フォトグラファーのAntoine Repesséさんは、ゴミ問題を写真で訴えるために4年間ひたすらいらなくなったものを集め続けました。種類ごとにわけて、各...
青く綺麗な海は見るだけで癒されるものですが、そんな海ばかりではないはず。どこからともなく海岸に打ち上げられたゴミがあるところもあり、そんな光景を見ると思わ...
不気味なんだけど、愛着を感じてしまう化け物たち。様々な場所にあるこのアートは、通り過ぎる人々を楽しませるだけのものじゃありません。「蘇ったゴミを見て、使い...
都心では、スーパーのレジ袋が有料化となる店舗が次第に増えてきています。それでも、ご自慢のエコバッグの中はといえば、食材を抜いた後で結局、ゴミ箱へと向かう包...
海を愛する二人のヨットマン。いくら拾い集めてもキリがないビニール袋やベットボトルといった浮遊ゴミを片付ける目的で、海にゴミ箱を設置しました。場所はヨットが...
世界大会をじつに11回も制した、サーファー界の生きる伝説ケリー・スレーター。彼が立ち上げたファッションブランド「Outerknown」、オシャレなことは言...
実用化が進む自動運転は、自家用車に限った話ではありません。すでに欧州では専用レーンを自走するバスが人々の足となり、東京でも2020年五輪開催に合わせたテス...