「全裸レストラン」がベルリンにオープン

自然な状態に近づくためのチャレンジ。それが裸で食事をすることである。という定義はさておき、いま世界では超開放的な「ヌード・レストラン」が大流行中。

今度はベルリンに登場しました。非日常をそれこそ全身で味わいたい、と連日大賑わいなんだそう。

全裸のお客はすべて無料
ウェイトレスはプレイガール?

022e30a811c859b1588c5c4de628867c00396ab8

話題の店は、ベルリン中心部にあるオーガニック食材を使ったレストラン「Black Cat」。なんでも15年以上続くアダルトエキスポ「Venus Berlin 2016」の一環として、期間限定オープンということですが、ここではお客が裸でなければいけないという義務はなく、裸であれば店のメニューが全品無料になるサービスを実施しているようです。

「裸になるだけでタダになるって聞いたら、当然参加したくならないかな。すっぽんぽんなんて全然気にしないけどね」

全裸になって人生初の食事を無料で楽しんだカップルの声を、「Mirror」が紹介しています。

ちなみにこのヌード・レストラン、なんとウェイトレスまで大胆にもトップレス姿で注文をとり、料理を運んできてくれるというから驚き。もちろん、そっち系のお店?ではないので悪しからず。それでも、オープンに際し店側も本物のプレイガールやポルノ女優をウェイトレスに起用するあたり、したたかな客引き戦略がうかがえますよね。

ロンドン、メルボルン
いま、なぜ全裸が熱いのか

ところで、現在ロンドンで期間限定オープン(2016年8月末まで)している超開放的レストラン「The Bunyadi」も、その入店をめぐって、じつに4万件近い予約が殺到したことでも大きな話題となりました。

裸で食事を楽しむ開放感(ないし快楽)は、やってみた者にしか分からない。欧米を中心にヌード・レストランがブレイクする背景には、当然ながら性に対して開放的な彼らの文化的アイデンティティが関係しているんでしょうが、ヌーディストビーチに飽き足らず(?)、食の世界にまで“すっぽんぽん”が浸透してきた背景には何があるのでしょう?

たとえば、The Bunyadiでは「裸でいるほうが快適」とお客に感じさせる工夫として、店内にスマホの持ち込み禁止や、レストラン側も電気やガスを一切使用しない自然に近い状態を演出するこだわりよう。ここでは、いわゆる「デトックス=全裸」が一つのコンセプトとして成立しているのかもしれません。

ついに、この夏東京にも!?

じつは、日本にもこの夏ヌード・レストランが7月29日にオープン予定なのを知っていますか?場所は東京・六本木。すでにこちらも申し込みが殺到しているそうですが、自然なままで食事を楽しみたい!という人は、「THE AMRITA」公式サイトをのぞいてみてはいかがでしょう。

その名も「Dinner in the Sky(空中ディナー)」。2006年にブリュッセルの遊園地内で産声を上げたこのぶっ飛びレストランは、初めて設置されて...
今ロンドンで話題となっているレストラン、テーマは「解放」。なんと裸で食事ができるんです。いまだ完成を見ないため設計のコンセプトから想像するほかありませんが...
料理を注文してからのちょっとした合間に、こんな催しがあったら素敵ですよね。なんとテーブルをスクリーンにして映像を投影、アニメーションがスタートしちゃいます...
『スターウォーズ』をテーマにしたポップアップレストランが、ロンドンに9日間だけの期間限定でオープンするそうです。しかも場所はギリギリまで秘密で、48時間前...
ヌードの女性がいきいきと躍動する、ちょっぴりセクシーな動画をご紹介。最初に断っておくと、コンテで描かれたデッサン画でのお話…ですけどね。 10人のデッサン...
大きなスクリーンで映画鑑賞しながら、テーブル付きの座席まで運ばれてくる本格的な料理を味わい、ビールやワインに酔いしれるーー。そんな映画館が2016年4月2...
全裸でピッチに立つ女性たちは、オックスフォード大学の女子ラグビーチームです。もちろん、このまま試合に臨んだりはしませんが、彼女たちがこの姿でプレイしてるの...
ベルサイユ宮殿は、ユネスコ世界文化遺産にも登録されている世界的に有名観光地。ですが、一部がホテルとレストランになると宮殿から発表がありました。下の写真を見...
「一切のムダを出したくないので、レストランをはじめます」。 そんな型破りな宣言とともに突如ブルックリンに現れた“残飯”レストラン「Saucy by Nat...
目の前に現れるのは、ちょっと不思議で楽しいシェフたち。見て、驚いて、味わえる。これまでにない“特別な体験”が、いま始まろうとしていますーー。身長わずか5c...
いつ、どこでも、つながれる、それが今の時代のキーワード。たとえ、それが食事中であったとしても。だから、それが家族との食事であれ、仕事上の会食であれ、友人と...
ミツバチのためのナイトクラブ、なんて店が誕生したときには、それはそれは目を疑ったもの。ですが、ここで紹介する出来事も負けず劣らずのインパクト。舞台はスウェ...
インド北部の町ルディヤーナーに行くことがあれば、たとえあなたが大の肉好きだろうと、ぜひ座席数72シートのベジタリアンレストラン「HAWAI ADDA」に、...
フランスを中心に欧州で拡大しつつある、売れ残り食品廃棄禁止への気運。しかし、ここで紹介するのは、新興国でのお話です。舞台はインド南部。主人公の女性は、欧州...
「平和で美しい島、かぐわしい夏の日がずっと続く場所。善人がここで死んでも、同じような天国で目が覚めるだろうから、違いに気付かないだろう」  by マーク・...
もしかしたら、これは史上最高の“絶叫”レストラン誕生の予感。いまだかつて、ここまでスリリングな飲食店があったでしょうか?もちろん、絶景付きなことは言うまで...
世界的に見ても、優秀な学校として名高いイギリスのウォーリック大学。そのボート部が毎年リリースしているチャリティカレンダーが話題になっていますが、ご覧の通り...
日本の地方には、まだまだたくさんの魅力が眠っています。しかし、残念ながらそのすべての魅力が引き出されているわけではありません。そして今、地域に根付いた食文...
写真集『脱いでみた。』を、先日発売したばかりのフォトグラファー・花盛友里さん。そこに写っているのは、ヌードなのにおしゃれでかわいい、自然体の女子たち。そん...
青い海、白い建物。まるでギリシャ・サントリーニ島にいるかのような気分を味わえる場所が、東京から車で1時間ほどのところにある。葉山「THE HOUSE」は、...