見ているだけでもワクワク!LA発のカラフルな「バルーンアート」が話題

米・ロサンゼルスに拠点を構える「Geronimo Balloons(ジェロニモ・バルーン)」は、その名の通り、バルーンアートで話題になっているスタジオです。

そもそものきっかけは、代表のJihanが友だちの誕生日にバルーンをプレゼントしたことだったとか。思った以上に喜んでもらえたことに驚いたJihanは「これだ!」と思ったのだそう。

2011年にスタートした制作活動も、今では何人かのセレブの目にも止まり、シークレットライブやパーティ、企業とのコラボなど、その活躍の場を広げているそう。見ているだけでも楽しくなっちゃう作品たちを見てみましょう!

01.

Medium 043b12238c18a235b785b9664cbec0553782f70b

02.

Medium 679c4bdf5b9b960180c3ba03cc311beb72e57f33

03.

Medium 0c1500422827b279c2d3d0ac00850221c6039a0c

04.

Medium df2038f09bcb8556455bd6b67c25d1f2ed5c3c8e

05.

Medium 92c3ac15c639a6935b970a41d96c38ddcd274b6d

06.

Medium 5fce6206a705b2ed315c9047b4a50b479af4a09e

07.

Medium ab6caedcba9f8c07a9db0e5bd3bd415d2d64f942

08.

Medium 383b0c76ecd68e8591d8919d280a04e51efc0c53

09.

Medium cba93f5b2e46637aca711113a6eff3dae8df752f

最後は、制作作業中のスタジオ内の写真です。

大小さまざまなバルーンの組み合わせや、まるで泡のようにも見える手の込んだ装飾が人気の秘訣というGeronimo Balloons。Jihanはこう語ります。

「カラフルなバルーンで、世界にたくさんのハピネスを届けるためよ」

彼女たちの他の作品は、ウェブサイトInstagramでもチェックできますよ。

Licensed material used with permission by Geronimo Balloons
平野 宏枝1981年生まれ、ビューティプロデューサー。これまでのキャリアで美容アドバイスをしてきた女性は14万人を超える。顧客の悩みに合わせた「オーダーメ...
1970年代後半から80年代にかけて、音源・映像録音に使われていたのが磁気テープ。あの独特の音質を今でも求めるユーザーは意外に多く、近年微増ながら売り上げ...
街全体をキャンバスにして描いた大きな「壁画」が、メキシコのパルミタスというところにあります。下の写真からは、“ドラッグや暴力が蔓延していた場所”という印象...
「マステ」は、株式会社マークスのマスキングテープブランド。現在、これを使ったアート展が東京・表参道ヒルズで開催中。色鮮やかでカワイイ作品に対して...
「寒天培養」と聞いてピンとくるでしょうか。ナニソレ?という人のためにちょっとだけ説明すると、つまりはシャーレの中に寒天培地をつくって細菌を培養すること。培...
作品を制作した堀内辰男さん(75歳)は、パソコン画を始めてから15年、今も新作を発表し続けている、海外でも話題のデジタルアーティストです。驚きなのは絵を描...
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
世界的な日本文化の1つとしてある「Origami」。今回紹介するのは一般的な折り紙の常識の、一歩前へ踏み込んだアート作品!動物はもちろんブランドロゴや、現...
それは、風景写真と星空写真の加工作品。「星空アート」の世界観、とくとご覧あれ!実際に撮った写真を編集し「星空アート」を作り上げているのは、「だいなり」の名...
斬新なタッチの油絵かイラストに見えますよね?でも、よーく見てみてください。妙にリアルな部分がありませんか?動きましたね?実はこれ、人に直接絵の具を塗ってい...
チーズや鳥小屋を模した、一風変わったツリーハウスが点在する空間。ここは、長野県小諸市にある「安藤百福センター」の森の中です。そもそも、安藤百福センターとは...
単純に「自分が表現したいもの」を自由に描く。ストリートアートには、どこかそうした印象がつきまといはしませんか?しかし、ここで紹介する作品はひと味違います。...
単体で存在するならば、何の変哲もないペーパーアート。しかし、それらを上手く風景と一体化させて、生命を吹き込んでしまうイギリス人が登場しました。ついつい最後...
なんとなく落ち込んでしまいがちな雨の日を「アートの力」で元気に!「Rainworks」は、そんなコンセプトのもと、米・シアトルから発信されているストリート...
平野 宏枝1981年生まれ、ビューティプロデューサー。これまでのキャリアで美容アドバイスをしてきた女性は14万人を超える。顧客の悩みに合わせた「オーダーメ...
ベルリンの、とあるアートギャラリーの入り口に大きな砂文字のアートが飾られました。まるでギャラリーへの侵入を妨げるように置かれています。なぜ、こんな邪魔にな...
「グアタペ」は、コロンビア第2の都市メデジンからバスで2時間ほど行ったところにある小さな街。いま、ここが「世界でもっともカラフルな街」として話題になり始め...
2015年の訪日外国人の数は約1,970万人。2016年は2,000万人を超えることが期待されています。そうすると、訪日観光の目的としての「アート」はま...
鉛筆で描く…のではなく、鉛筆を削ることで表現するアートが話題です。しかも芯だけではなく、鉛筆全体を使った創作が凄い!以下、その画像を紹介します。01.02...