行列ができるハワイのフードトラック「Banan」。フローズンバナナには、若者4人の地元への熱い想いが込められていた

「Go Local(地産でいこう!)」が早くから生活の中に浸透しているハワイで、2014年のオープン以来、大注目を集めている新感覚デザートがあります。メイン素材はバナナ。さらに材料の95%近くが地元ハワイ産にこだわったもの。

アイスでもソフトクリームでもない
フローズン・バナナが新鮮!

05b7324079b0b210b14c004c4c67643067eead65

乳製品、砂糖を一切使わずバナナにほんのちょっと水を加えてつくる、このフローズンデザート。ひんやりもったりとした口どけが身上です。ここにアサイーやマンゴーなど、オアフ島はじめハワイの島々で収穫されたフレッシュなフルーツをふんだんに乗せたり、グラノーラ、ココナッツ、キヌア、ビーポーレンといったスーパーフードをトッピングしていただくのが「Banan(バナン)流」。地元のロコばかりか、今では観光客が行列をつくる大人気のデザートです。

今年4月には、ハワイ大学のあるユニバーシティ・アベニュー沿いに初の路面店がオープン。新感覚デザートを求めて、こちらも連日大賑わい。

Medium ae015aae94fab22c0a60a024f6f8f48008014dfaMedium 5aa92f0f954a7c9dbd1fedb22ed78e0dcb7739d8Medium f3e7aa87a3301346cc2cc7d980de7e161f879733

鮮度抜群のフルーツは、そのままお皿にもなっちゃいます。4ドル(約420円)のカップよりも断然オススメなのが、このパパイヤボード。これで7ドル(約740円)。アサイーボウルもいいけど、ヘルシーさではこちらも負けていません。

ハワイに生まれた彼らが
大切にしている想い

Medium fe1d2ee394e83aa339177c4ccc110f2512725e56Medium 70578f4d2c3ae111ea5070b1876a5688de70aee3

今や超人気店となった「Banan」の仕掛け人は、卒業生にあのオバマ大統領がいるハワイの名門プナホウ・スクール出身の仲良し4人組(マット、ザック、ルーク、ギャレン)。彼らはヴィーガンたちが口にするアイスがバナナで作られていることを知り、これにチャレンジしようと決意。

出店するにあたり、彼らはひとつのミッションを自らに課しました。デザートをただ提供するだけでなく、ハワイの魅力をもっと知ってもらい、それが地元の農家に還元される仕組みをつくること。そのひとつが「Go Local」、地産へのこだわりにありました。

大陸から離れた常夏の島では、当然ながら島外からの輸送には課税も燃料代もかかります。温暖な気候条件を活かして、作物は自分たちでつくりそれを消費する。地産地消が生活文化の中に自然と根付いるのも、こうしたハワイ特有の地理的条件が重なっているのかもしれません。

「Farm to Table」で終わらせない
循環型システムにこだわる
ハワイならではの理由

Medium 9ac0543677c3c8ea8a85e3e7d3a2474a0f2bcc07

「Banan」の4人はそこからさらに一歩踏み込み、地元食材を用いるだけでなく、廃棄される生ごみをもう一度、農場へと再利用させるアイデアも構築していきました。小さなフードトラックから、ハワイならではの循環型社会が見えてくる。ここにBananが注目されるもうひとつの理由があります。

大量のバナナを使うデザートからは、当然ながら大量のバナナの皮が廃棄される。これら果物の皮など廃棄物を養豚場へと運び、豚の餌として還元したり、コンポストを用いて堆肥化し、地元の土地にかえすシステムを確立していきました。

Farm to Table(農場で採れたものを食卓へ)だけでは一方通行。そこに Table to Farm(食卓からも農場へ)の概念をプラスすることで、ハワイならではの持続可能なサイクルができあがったのです。

年間700万人以上の観光客が訪れるハワイ。限られた資源を有効につかって生産性を保っていくことは、この島に生きる人々のアイデンティティに直結しているんですね。

とまあ、それはさておき、とにかくハワイでしか食べることのできないフローズンバナナ。これだけでもハワイに行く価値あると思うんですけど。

Licensed material used with permission by Banan LLC, (Instagram)
ハワイ・オアフ島には、地元のロコしか知らないビーチがまだまだたくさん。そのひとつがここ。金曜日のお昼から週末限定でオープンする、隠れ家的スポット。ため息が...
栄養カウンセラーでローフーディストのYulia Tarbath氏が、“バナナ島”から12日ぶりに生還し、その体験を語った動画が注目を集めています。12日間...
「観光」「グルメ」「ショッピング」。少し強引かもしれませんが、数年前まで旅の目的といえば、この3要素しかなかったと言っていいでしょう。しかし近年は、人々が...
オアフ島・ノースショアに暮らすAndrea(earthyandy)さん。2人の男の子につくるヘルシーな「おやつ」やふんだんの野菜を使った料理がInstag...
オアフ島の「あの名所」がついに取り壊し、撤去されました。ガイドブックにも載らない場所なのに、なぜか観光客があとを絶たない理由。それは、超スリリングな立ち入...
日本では、甘いフルーツという認識のバナナ。ケーキやお菓子に使われることはあっても、おかずとして料理に使われることはほとんどなし。でも、南米やアフリカでは主...
ハワイ語で「曲がった水」を意味するワイピオ渓谷。壁のようにそり立つ崖に周囲を囲まれた谷の奥の奥へと向かって、近頃、観光客が続々と分け入っていくそうです。地...
あなたの家族や恋人、親しい友人・知人に感謝や祝福のメッセージを贈るとき、いつもとは趣向を変えて「ハワイ語」を送ってみると、相手に驚きと感動を与えられるに違...
ニューオリンズの老舗レストラン「Brenann's」が発祥とされる、全米で永きにわたって愛されているスイーツがあります。それが「バナナ・フォスター」、今じ...
「島民16人に対して猫100匹以上」そんなキャッチフレーズがつけられた愛媛県・青島は、いまや猫好きでなくとも多くの人に知られた場所。でも、実はこれに似た「...
毎年、入れ替わりの激しい「ハワイの定番土産といったらコレ」。「ホテル・ハレクラ」のパンケーキミックスは何度もらっても嬉しいし、もちろん「ホールフーズ」でオ...
「平和で美しい島、かぐわしい夏の日がずっと続く場所。善人がここで死んでも、同じような天国で目が覚めるだろうから、違いに気付かないだろう」  by マーク・...
ハワイのブレックファースト代表メニュー、エッグベネディクト。イングリッシュマフィンの上にのったベーコン、ポーチドエッグ、そしてオランデーソースというビジュ...
フルーツ専門店や輸入食材を多く扱うスーパーに行ってみると、果物売り場に初めて目にする、エキゾチックなフルーツに出くわすことがありますよね。品種改良によって...
インドネシアの島々で、小腹を空かさせて屋台街をふらついていると、決まって行き着いてしまうのがこの「ピサンゴレン」の前。うず高く山のように積まれ、芳ばしい香...
7月1日より、ハワイ・オアフ島でレジ袋(ビニールバッグ)の配布が全面禁止となりました。有料化ではなく「全面禁止」というところがポイント。法令に違反した小売...
歯医者に行かなくても歯を白くできる。そんな裏ワザが「PureWow」に掲載されて話題です。しかも、使うのはバナナだけ。おやつに食べるついでと言ってはなんで...
一年中半袖で過ごすことができるタイですが、温かくして食べるデザートが意外に多いんですよね。ここに紹介する「グルアイ・ボッチ」もあつあつのタイ風ぜんざい。調...
ロンドンで美食が集まるエリアとして、ここ数年で急激にホットスポット化したモルトビー・ストリート・マーケット(Maltby Street Market)。こ...
突然ですが、バナナを食べ終わった後の“皮”をどうしてますか?もし捨てているというなら、もったいない!「I Heart Intelligence」では、バナ...