目の前の仕事に飽きたとき。「デキる女」はどう対処する?

どんな職業の人でも、1日のうちでモチベーションが下がってしまう瞬間って避けられないと思います。大切なのはスパっと切り抜けられるかどうか、です。

ここではそのヒントを、美LIFEクリエイターの長谷川朋美さんの著書『自分と毎日が輝き出す50の習慣』からご紹介!

光合成をして
ストレスをリセット!

Medium 53e6425666488cd1b6372d0ad806d9ffad6cbd5e

普段、太陽を浴びる生活をしていますか?

私たちは自然界の生き物です。植物や動物と一緒で、太陽からたくさんの恩恵を受け取ります。

植物は光合成をして、二酸化炭素を酸素に変えて排出したり、栄養素を作ったりしていますが、私たち人間も、生きる上で必要なビタミンDは太陽を浴びることで生成されるのです。

食べ物から摂ることもできますが、太陽を浴びるのはお金も時間もかけずに簡単にできること。そして何より、太陽は私たちの心にたっぷり栄養を与えてくれます。

ちょっと気分が落ち込んだとき、やる気が起きないときは外に出て太陽の光を浴び、風に吹かれてみましょう。それだけで気分が前向きになるでしょう。

南国の人と、北国の人の傾向を比べても分かるように、暖かくて日照時間が長い場所に住んでいる人は、楽天的な人がとても多いです。私自身、太陽の光をたくさん浴びられる場所を求めてよく旅をしますが、そういう場所に住んでいる人は本当に毎日楽しそうです。四季がある日本でもやはり、多くの人は冬よりも夏のほうが楽天的になったり、開放的になったりします。

現代人はストレスにさらされている時間が長く、交感神経が優位になって体は収縮気味。呼吸も浅くなりがちなので、そんな人ほど太陽をしっかり浴び、ストレスもリセットしましょう。

メインミッションに
飽きたときのために
「サブミッション」を用意

Medium d17310c78caae539558177b722f5906434eaabb5

昼間は中だるみをしやすい時間で、モチベーションもダウンしがちです。そんな時はPCで新しいウィンドウを立ち上げるときのように、心にも新しいページを用意してあげるのです。つまり、思い切って別の仕事や、仕事以外のことをしてみましょう。

私はつねに「今日のメインミッション」以外に、サブミッションをいくつか用意しています。例えば、お世話になった取引先の人に手紙を書く、新しい事業の企画書を書く、本の原稿を執筆するなどです。

それを手帳のTO DOリストや、付箋でメモをしてPCに張り付けたりしています。基本的にはメインのミッションに取り組むのですが、飽きてきたらサブミッションに移ります。サブミッションに飽きたらメインに戻るか、まだ戻りたくない気分だったら別のサブミッションにいくか、ミッション自体に気持ちが乗らない場合は、一度席を立ってコーヒーを淹れたりします。

ストレッチをしたり、メールを返信したり、ネットショッピングをすることも。いずれも3〜5分です。気持ちが乗らないからといって、長くミッションをお休みしてしまうと、いつまでたってもミッションが終わらず、やる気が失せてしまいますからね。

たった30秒でOK!
トイレのついでにストレッチ

Medium 4b9e1807b75c8f7618acba27ebea3896669733db

何かに集中していると、交感神経(戦闘モードの神経)が優位な状態になり、緊張からつい体がこわばってしまいます。すると呼吸が浅くなり、血流も悪くなって体温も下がります。そういう状態が長く続くと、次第に免疫力も下がってしまいます。

ちょっと頑張っているな、と感じた日は1時間に1回くらいは席を立って、ゆっくり深呼吸とストレッチをしましょう。

会社などで他に人がいて恥ずかしいでしょうから、トイレがオススメです。

ほんの30秒程度でもいいのです。ゆっくり首を回したり、肩や腰を回したり、前屈したり。自分が伸ばして気持ちいいなと思う場所を重点的に、ゆっくりとした呼吸と共に伸ばしましょう。

これを習慣づけると、凝りにくい、むくみにくい体になります。また一時的に副交感神経(リラックスの神経)が優位になるので、深い呼吸になり、同時に血流もよくなり、胃腸の働きも活発になります。

可能ならば、毎日の習慣にしてしまいましょう。免疫力も上がりますよ。

集中力UPのヒントは
コーヒーを隣に
「置いておく」だけ

Medium 3a9bbe3ffddfaaa556697a33c71af5db2c65db42

仕事中、気持ちの切り替えや集中力UPのために、コーヒーを飲むというのは定番かと思いますが、ついついコーヒーを飲み過ぎてしまい、気づけば3杯、4杯…という人もいるのでは? 気持ちの切り替えのために毎回コーヒーを飲んでいたら、体にはよくありませんよね。

適量ならいいのですが、ご存知の通りコーヒーにはカフェインが含まれているので、たくさん飲むと胃腸の働きを弱めてしまいます。また、利尿作用があるので体内の水分が過剰に排泄されたり、神経が高ぶることによって不眠の原因になったりもします。

それでも私はコーヒーが大好きです。なんといってもあの香りを嗅ぐと、リラックスすると同時にやる気が起きます。だから仕事中、つねにコーヒーやカフェラテがテーブルの上にあるのですが、じつは飲んでおらず、ただそこに「置いてあるだけ」。

以前はカフェインをやめようと思い、大好きなスターバックスに行ってもコーヒーを買わないようにしていたので、気持ちがウズウズしていました。でも、あるとき思ったのです。とりあえず買うだけ買ってみようと。

そしてオフィスに持ち帰り、デスクに置いてちょっと仕事を始めてみたら、それだけで気持ちが和らいだのです。コーヒーを飲んでいなくても、飲んでいるときのワクワク感を思い出したり、コーヒーの香りが楽しい気持ちにさせてくれる。すると、脳が騙されて集中力が増すのです。

「仕事も終わった。さて、プライベートタイムだ♪」とはいえ、翌日に向けてのエネルギーを養う時間でもありますから、適当に過ごすだけじゃいけません。美LIFEク...
1日のうちで最も余裕がない時間帯といえば?「朝」と答える人は多いはず。出勤がギリギリになる時間まで寝て、パタパタと身なりを整えて、朝ごはんは食べずに家を飛...
「日常がなんだか物足りない」「今よりもっと楽しい毎日を送りたい」と思っている女性には読んで欲しい、というか読むべきです!ここでは、美LIFEクリエイターの...
仕事もプライベートもどちらも充実させるのは難しいこと!と思っていませんか? そう考えた時点で、あなたにとってはずっと難しいものになってしまいます。でも実は...
働く女性の悩みの双璧といえば、やっぱり「仕事」と「恋愛」。でもこれ、じつは一方が解決すると他方も勝手に解決してしまうしてしまうことがよくあります。そのため...
「仕事が楽しくない」と嘆く人は世の中にたくさんいます。けれど、そういう人は「楽しもう」としていないだけ。ちょっと工夫をするだけで、仕事で得られる幸福度は格...
仕事もプライベートも充実させて、自分らしく楽しい人生を送りたいものですよね。でも、実際、仕事は多少つらくても頑張る、その分プライベートでは息抜き…なんて思...
これまで女性は「仕事か家庭か」「出世か出産か」の二者択一を迫られることが多かったと思います。けれど、今はプライベートを大切にしながら仕事も継続できる時代。...
ビジネスを成功させるには、自分をプロデュースする能力だって必要。人との接し方、振る舞い方、ブログやSNSの見せ方など、毎日の生活でできるセルフプロデュース...
あなたのまわりには仕事がはやく、上司や周囲の評価が高い人はいませんか?仕事がはやいことは、多くの業務をこなすうえで欠かせないことですので、仕事ができる人の...
「上司は選べない」「職場環境は上司しだい」なんて言われることもありますが、自分がいざ「上司」と呼ばれる立場になってみると、自分が本当に理想と言える存在なの...
心と体を美しく保ち、仕事もやりたいことも全うしたい、と願うあなたへ美人で仕事もできる人がいる。 そんな人に出会った時、両方を実現するなんて「私とは違う特別...
誰だって「しあわせだな」と感じる日もあれば、逆の気持ちになる日もあるーー。結局しあわせって誰かと比べるものではなく、自分の考え方次第なんでしょうね。ここに...
人生をシンプルに過ごすってどういうことだろう?一口にシンプルな生活、ミニマルな生活と言ってもいろんな捉える方がある。でも減らすことの利点に関して確実に言え...
現代では「内面の美」や「日々の充実感」を求める女性が増えているように感じます。しかし、これらの目に見えないことに価値を見いだすために必要なのは、「自分自身...
「今から10年前、26歳の私は『人生のどん底期』にいました」そう語る安藤美冬さんは、大手出版社に新卒入社したあと、人間関係や仕事につまずき、ストレスから体...
周りの人を羨ましがっているだけでは、人生は楽しめません。自分で日々の生活を工夫してこそ、日常がより輝くのです。そこで、ヒントとなるのが「mindbodyg...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
自分を成長させたいなら、変化することを恐れず、勇気を持って行動あるのみ。そんなチャレンジができるのは、自分を信じているからこそなんです。そして、その自分を...
将来の明暗を分けるのは、正しい習慣を身につけるか、間違った習慣を身につけるかにかかっています。概して日本人は控えめに自己表現をしてしまいますが、言葉とはお...