難病と闘う妻に、とある男性が結婚10周年のサプライズ 「ブルーノ・マーズの名曲」を通じて伝えたかったこと

カールさんは、結婚10周年を記念して妻のローラさんにフラッシュモブで感謝の気持ちを伝えることにしました。合唱した歌はブルーノ・マーズの「Just The Way You Are」。歌詞にはこんな一節が。

“ぼくは毎日伝えている。なかなか信じてもらえないけれど、キミは本当に最高で、驚くほど美しいんだ。変えたいところなんて一つもないよ”。

文句なしに素敵。でも、それだけじゃありませんでした。彼女への思いが詰まった特別なメッセージだったのです。

多発性硬化症の妻に贈った歌。
「ありのままのキミでいて」。

1dcdefabf1e9400fc814bbf55c68d6a223f4d960

難病情報センター」によれば、多発性硬化症は、体中に神経障がいが多発してしまう難病です。しびれやまひなどの影響でまっすぐ歩けなくなってしまうこともあります。はっきりとした原因はいまだわかっていません。

だからこそ、この楽曲の歌詞は、彼女にとってただのラブソングではありませんでした。

When I see your face, there's not a thing that I would change.
(キミの顔を見て、変えたいと思うところなんて一つもない)。

Because you're amazing, just the way you are.
(だってキミは最高だから、そのままでいいんだ)。

And when you smile, the whole world stops and stares for a while.
(キミが微笑めば世界が止まる。しばらくキミを見つめるために)。

Because girl you're amazing, just the way you are.
(だってキミは最高の女の子だから、そのままでいいんだ)。

合唱したメンバーは、カールさんの友人ステファンさんの教え子たち。舞台演劇などを学ぶリバプール・メディア・アカデミーの学生でした。

4c1eb237420796fa790e0bee6f1c4973d5e82f74

ステファンさんは「A Plus」にこうコメント。

「本当に感動的でした。圧倒されてしまいましたが、とても幸せな10周年記念のお祝いでした。その一員だったことが名誉であり、誇らしいです。時間を割いてくれた学生たちも誇りに感じています。みんな最後には泣いちゃって。素晴らしい一日でした」。

声を出して泣くローラさんの姿から、その感情が伝わってきます。旦那さんからの愛情できっと胸がいっぱいだったのでしょう。

10周年記念を思い出すたびにニヤニヤしちゃいそうな最高の思い出になったはず。これからも末永くお幸せに!

Licensed material used with permission by Synodic Productions
Stephanie Carr - Orchestrated the event
Alex Carr & Milo McAleny - the local filmmakers who shot the video
Liverpool Media Academy - the students who performed
苦楽を共にする、と言葉にすると簡単に見えるかもしれませんが、世界中のどの夫婦にも、二人にしかわからない愛のカタチがあります。長年連れ添う幸せな夫婦は、いっ...
結婚式から数年、穏やかなのはいいけれど、ふたりの関係はなんだかマンネリ気味。もう一度、結婚当初の新鮮味や情熱が戻ったらなぁ、なんて思っているカップルは、意...
うつ病に苦しむ妻を献身的に支え続ける夫。ある日、彼女を励まそうと夫はあるサプライズを仕掛けました。愛する夫からの贈り物を得た妻。うつを抱えて生きる彼女の反...
一生に一度の結婚式は、一番きれいな姿を写真に残したい。結婚式で写真を撮ってもらうのも今では当たり前になりましたが、ひと昔前の様子は違うものでした。高校時代...
40回目の結婚記念日が近づいてきたある日の晩に、彼はタキシードに身を包んで妻の帰りを待ちました。家にピアニストを呼んでおき、驚く彼女をリビングに連れていく...
結婚生活の破綻に直面した時に、「別れる」という選択ではなく「継続する」ために女性側の立場から何ができるのかを提案する著書『夫を夢中にさせる いい妻の愛され...
ライターとしてだけでなく、カウンセラーとしても活躍中のDebra Fileta氏。結婚生活を良好なものにするためのコツは、「些細なことを意図的に行うこと」...
この動画『Blind Devotion』は、米映像制作会社「JubileeProject」が、牧師であるFrancis Chan氏の著書『You and ...
ずっと一緒にいると、忘れがちなパートナーへの想い。心の奥にある「キモチ」に気づくのは、もしかしたら2人の間に大きなトラブルや壁が立ちはだかった時なのかもし...
「World Life Style」より紹介する、ライターVicki Santillano氏この記事は、タイトルにもある通り、結婚を考えているふたりに是非...
お見合いによる結婚から7年の月日が過ぎたという、ライターSurabhi Surendra氏。「あまりポジティブなイメージはないかもしれないけれど、信じられ...
「そしてふたりは、いつまでも幸せに暮らしました」と結ばれる、おとぎ話。そんな風に幸せになりたい、とは思っていても、実現するのはそう簡単ではありませんよね。...
「私はもう、あなたが結婚した女ではないわ」。そんな言葉で始まる、一通の手紙を紹介しましょう。送り主は、ニュージャージー州に住む女性ライター、ローラさん。彼...
ブランドンさんとブリさんは、2015年9月に結婚したばかりの新婚カップル。妻・ブリさんは、パートナーへの“あるお知らせ”を特別な形で行いたかったため、プロ...
ペンシルベニア州に暮らすIanさんとLarissaさんMurphy夫妻。夫のIanさんは、交通事故の影響で脳に重い障がいを抱えています。この動画は、献身的...
「reddit」のスレッドには、多くの男性が奥さんとのなれそめを投稿しています。それらをまとめた「WorldLifestyle」Linda Barsi氏の...
「まさか冗談でしょ?」信じられないような驚愕のニュースが「Elite Daily」で話題騒然となっています。なんでも、化粧を落とした新婦の顔を初めて目にし...
何も知らされないまま友人に連れてこられた学校の教室。そこへ家族が“先生”と­なって現れ、これまでの人生を振り返りながら、想いや感謝の気持ちを授業として発表...
彼氏のことが大好きで、今すぐにでも結婚したいけれど、彼氏からは何もアプローチがないと悩んでいる女性は、少なからずいます。彼氏にとって理想の女性になるにはど...
フラッシュモブをはじめ、多くの協力者を巻き込んでのサプライジングなプロポーズはよく聞く話。けれど、これはちょっと考えつかなかった。航空会社が全面協力した、...