月間60万PV超。シンプルライフを送る人気ブロガーの「モノを増やさないコツ」

家のなかの「モノ」ってちょっと厄介。だって放っておくと、いつの間にか増えてしまいますから。ここではヨガインストラクター兼人気ブロガーである、みうさんの著書『ヨガとシンプルライフ』から、モノを少なく保つルールを紹介。

簡単にできるものばかりなので、ぜひ試してみては?

01.
自分が把握できて
使いこなせて
管理できる分だけ

Medium db4ebe9568b9834884bdb69049673d4abda3a429

昔お世話になったバイト先の社長は、「自分の足で回って、見て、管理できる分だけ」と決めて、支店を出していました。そして、誘われた大きな複合施設のテナント話は断っていたのです。

規模は違うけれど、私も「自分が把握できて、使いこなせて、管理できる分だけ」を大切に持ちたいなと思いました。いまだ、把握できていない持ちものもあります。でもそれを、「ま、いっか」と放おっておかずに向き合いたい。その姿勢こそが第一歩だと思うのです。

02.
1つのモノに
いろんな用途を

私が唯一集めているのが、手ぬぐいです。手ぬぐいはハンカチ、バスタオル、ふきんなどにもなり、あらゆる水分に反応します。その凡庸性の高さに驚かされます。古びたらウェスにもなるので、まったく無駄がありません。

洗濯せっけんやワセリンなどもそう。ストックがかさばることもなく、買い物の手間が減って大助かり。1つのものを様々なことに代用できれば、モノをぐんと減らせます。

03.
「定番」を見つけて
少数で着回す

Medium 90cbd6cbbb3825de60e73438f16332532411b4f6

「シンプルライフ」を目指して一番減らしたものは、ファッションアイテムでした。ものすごい量ながら、着ていない服がたくさんありました。今では「着心地がよく」「着回せて」「自分に似合う」服を見つけて定番化し、少量で回しています。

少ない服で、おしゃれも楽しみたい。そんな私の気持ちを満たしてくれる大切なアイテムたち。定番が決まっているとムダな買い物がなくなり、時間もコストも浪費しなくて済むんです。

04.
買い物をする前に
一旦「深呼吸」

買い物中はついテンションが上がり、呼吸が浅くなりがちです。そんな状態でストレス発散の買い物をすれば…買うことだけで欲求を満たして、モノ自体はさほど使わないという妖怪“カウダケマン”になってしまいます。

買い物をする前には深呼吸をして、冷静に「自分に必要か」を問いかけてからにしましょう。深い呼吸は心と体を緩ませ、目先の欲望ではなく、本当に必要なものを見る助けになると思います。

05.
マッサージ、ライブ、旅行…
モノより体験にお金を使う

Medium 1ec455c4a458dae4842c640216ac63d0fb99fc67

夫婦のお互いの誕生日は、モノより体験を贈るようにしています。例えばマッサージやライブ、旅行などです。友人の誕生日には、ランチやお花などの消え物がメイン。嬉しいのは、お祝いしてくれているその気持ちです。

先日、不要なものをリサイクル店に持って行き、得たお金で「たい焼き」を買って帰りました。アツアツを夫婦でほおばりながら思ったのは、こんな何でもない幸せを、きちんと噛みしめながら生きたいということでした。

06.
無料サンプルやおまけは
できるだけ受け取らない

「無料サンプル」「おまけ」の品は受け取ってしまいがちです。でも、使う機会はあまりなく、家に溜まってしまいます。

極力もらわないようにしていますが、ハンドクリームなどの使うものは、もしもらってもすぐに使うようにしましょう。それ意外は手放しますが、心苦しいので、やはりもらわないのが一番ですね。いくら無料でも、小さなものでも、自分にとって必要なものかを見つめることで、モノとの付き合い方や暮らし方が少しずつ変わっていく気がします。

月間60万PVを誇る人気ブロガーの、みうさん。自身が実践する「ヨガの教えを活かしたシンプルライフ」は、多くの人からの支持を集めていて、今年7月には書籍『ヨ...
物にあふれた生活から脱却し、心地よい暮らしを目指すシンプルライフ。関連書籍も多く、毎日を丁寧に過ごすその生活に憧れる人も多いでしょう。ですが、憧れるだけで...
ゆったりと自分の人生を楽しみ、生活の質を重視する「スローライフ」という考え方。慌ただしく時間に追われる日々から卒業して、丁寧な暮らしをしようと思ってみても...
断捨離のさらに上をいく「ゼロ・ウェイスト」。家庭内のごみを極限まで出さないという発想から生まれたシンプルライフです。『ゼロ・ウェイスト・ホーム』の著者であ...
オアフ島・ノースショアに暮らすAndrea(earthyandy)さん。2人の男の子につくるヘルシーな「おやつ」やふんだんの野菜を使った料理がInstag...
あらゆる情報が簡単に手に入ってしまう今だからこそ、本当に必要な情報を見極めなければならない。あれもこれも受け取っていると、いつの間にか情報の洪水に飲み込ま...
紛争や貧困に苦しむ中東やアフリカの国々から、ヨーロッパへと海を渡る人々。ひところに比べその数は減少したものの、難民流入と受け入れ問題で欧州全体が大きく揺れ...
ものをたくさん持たず、シンプルなライフを提案する「ミニマリズム」を実践する人も、数多く見受けられるようになってきました。リーダーシップやコーチングに精通す...
家庭内のごみを極限まで出さない「ゼロ・ウェイスト」という考え方がアメリカ・カリフォルニアをはじめ、フランス・カナダなど世界的に注目されています。ごみを捨て...
一口にシンプルな生活、ミニマルな生活と言ってもいろんな捉える方がある。でも減らすことの利点に関して確実に言えるのは、「余裕」ができるということだ。街も、部...
今後の生き方に不安を感じているあなたにお届けしたいのは、「Spirit Science」のライターElimor Baderさんがまとめた、なんとなく過ぎて...
世界中で注目されている、家庭内のごみを極限まで出さないことを意識した「ゼロ・ウェイスト」は、まさに究極のシンプルライフ。ベア・ジョンソンさんの著書『ゼロ・...
私たち人間は、必要以上に物事を難しく考えてしまう生き物のようです。生活、人間関係、目標に、TODOリストと、とにかく複雑にしがちです。もっとシンプルに生き...
最低限のものしか持たない「ミニマリスト」という生き方が話題になっています。これまでは物欲まみれで、モノに囲まれて生活してきたけれど、近頃どうも満足しない…...
世界のどの街とも違っていて、ニューヨークは「新しい自分」をつくる感覚になると言います。現在NY在住のAlexandra Wilsonさんも、そのパワーを感...
これがあれば、溺れても安心!デバイスのフックを引っ張るだけで、小型の「浮き輪」が出現する優れものです。実際の使い方はこんな感じ。 「Kingii」はクラウ...
仕事に没頭して、気がついたら今日も深夜…。やりがいを感じることもあるけど「私の人生ってこのままで良いのかな?」と思うことだってありますよね。そんな「クオー...
これまで50ケ国以上を旅しながらフリーランサーとして取材、執筆、講演活動を行う安藤美冬さんと、シンガポールにも会社を設立し、各地の鉱山と直接取引きをしなが...
誰もが適切な量ではなく、「自分の価値を損なう」までにモノを増やしてしまっている。そんなモノとは1度距離を取ってみたほうがいい。モノを持たなくて済む、社会の...
健康的で、幸せな人生を歩むこと。それは誰もが望むものではないでしょうか?ライターのKristy Rao氏が、そんな願いを実現する25の習慣を「mindbo...