愛する妻のために、問答無用で夫がすべき「8つの行動」

ここに記されたのは、彼女というよりも「妻」がいる男性へのメッセージ。

どの項目も簡単なものではないかもしれません。が、8つすべてとは言いません。まずは1つだけでも行動に移してみましょう。きっと、あなたの優しさを見つめなおしてくれるはず。

01.
なんでもない日に
花束をプレゼント

Medium d9e8fcfa250dc84e0c934aedb56ee5c116853a7e

どんなスーパーにも花は売っている。バレンタインデーにバラを渡すのは今やお決まり。でも、何でもない日に花束を差し出されたら、きっと女性は感動するに違いない。

ただしここで大事なのは、花を「買ってくる」のではなく、「ゲットしてくる」ということ。もしあなたが都会に住んでいたり、季節が冬なら、買うという選択肢しかないかもしれない。が、無料で手に入れられる花はたくさんある。

ボクがお薦めするのは、小さなハサミを常備しておいて道端で野花を見つけたときに摘み取れるようにしておくこと。どんなマヌケでも綺麗にラッピングされた花を買うことはできるが、仕事からの帰宅中に道端の花を摘む男こそ本物だ。

02.
するべき家事リストを作成

男にも家事でやらなければいけないことはたくさんある。そのことは、当然ボクたちも気付いている。でも、実際に行動に移すことは難しい。

まずは、ペンと紙とビールを手に取って家の中をうろうろしてみよう。自分が何をすべきかが見えてくるはず。そして、やるべき家事のリストを作成するのだ。

03.
そのリストのうち
一つでも達成する 

Medium 5132ee9b2635754ba660d9689297426c5f4a66b7

リストを作ったら、次は行動するのみ。ぶっちゃけて言えば、そのリストにあるどんなことも、そんなに長い時間を要するものではないはず。ただ目を通して行動に移そう。

「何してるの?」と聞かれたときは、単純に「リストに書いたことをやってるだけだよ」と答えよう。もし手先が器用じゃなければ、プロに頼んだっていい。ここで大事なことは、あなたが家庭のことにもっと気を配るように努力していることを示すことなのだから。

常にリストに書かれた事柄を意識しよう。最初のリストをやり終えたら、今度は違うリストを作ってみよう。そうすれば、あなたは“してもらってる側”からどんどん遠ざかることになる。

04.
抱えている不安を
取り除く

女性の持つ不安は大きいうえ、その大半は隠されているもの。彼女が悩みを持っていることに気付いていることを知らせよう。あなたが彼女を気にかけていることを知れば、その悩みは極端に小さくなる。

ただし、「何でそんなことで悩んでるの?」と言ってはダメ。しっかりと自分の力で解決へ導くこと。

05.
彼女のタスクを
代わりにこなす

これは、先ほどのあなたのリストに載っていること、ではない。そもそもあなたのルーティンに入っていないタスクのことだ。具体的にいうと、彼女が自分でしなければいけないと思っていることを、代わりにやってあげるということ。例えば、いつもの時間より一時間前に帰宅し、夕食を作ったり家を掃除したりするようなことだ。

女性にとって、自分が普段しなければいけないと思っているタスクをサプライスでやってもらうことは、相当な嬉しさがあるもの。

06.
手紙を送る

Medium 2b41bb19895494a69aee8166de61c38f8620f32a

これはとても簡単なこと。お店でカードを手に入れるか、自分で作ってもOK。彼女のことをどう思っているかを甘い言葉で表現し、彼女宛てに郵送しよう。受け取ったときには、きっと予期せぬ事態に驚くはずだ。

07.
リラックスできるよう
取り計らう

ボクたちの妻は育児において比にならない責任感を抱えている。あなたはそんな彼女のオアシスになってあげよう。

お店でチーズやオリーブなどのおつまみ、そしてワインを手に入れる。彼女が帰宅したら、今日は自分が子どもたちをマクドナルドに連れて行くから、その間リラックスするように彼女に伝える。そして、帰宅した後は、子どもたちを寝かせて2人でワインとチーズを楽しむこと。

08.
彼女の趣味を一緒に楽しむ

Medium 184685312a38d0e6ae7b24dada4b058376c5a4f9

妻はボクには理解できないようなたくさんの趣味を持っている。カントリーミュージックだったり、スマホゲームだったり。簡単に聞こえるのは分かっているけれど、今まで見過ごしてきた妻の趣味について知ろうと努力することは、信じられないくらいの効果を発揮するものだ。

Steve Nazarian:
Author of the recently released book The Penny Collector Steve Nazarian is an adventurer, storyteller & lives by the philosophy, "no matter how any situation turns out, as long as you come out of it with a good story, it was worth doing." Steve lives in Penfield, NY with his wife Emily, four children and one dog. You can connect with Steve on Facebook, Twitter , LinkedIn or his WEBSITE.

Licensed material used with permission by Steve Nazarian
この動画『Blind Devotion』は、米映像制作会社「JubileeProject」が、牧師であるFrancis Chan氏の著書『You and ...
苦楽を共にする、と言葉にすると簡単に見えるかもしれませんが、世界中のどの夫婦にも、二人にしかわからない愛のカタチがあります。長年連れ添う幸せな夫婦は、いっ...
うつ病に苦しむ妻を献身的に支え続ける夫。ある日、彼女を励まそうと夫はあるサプライズを仕掛けました。愛する夫からの贈り物を得た妻。うつを抱えて生きる彼女の反...
結婚式から数年、穏やかなのはいいけれど、ふたりの関係はなんだかマンネリ気味。もう一度、結婚当初の新鮮味や情熱が戻ったらなぁ、なんて思っているカップルは、意...
落ち込んだときや嬉しいとき。誰かにその体験談を共有できてこそ、痛みが軽くなったり、喜びが倍増するもの。そうして人と触れ合い、互いに刺激し合いながら切磋琢磨...
ずっと一緒にいると、忘れがちなパートナーへの想い。心の奥にある「キモチ」に気づくのは、もしかしたら2人の間に大きなトラブルや壁が立ちはだかった時なのかもし...
「ロレアル パリ」が制作した、この動画。主人公は、夫が色覚異常の悩みを抱えている3組の夫婦です。物語は、妻たちの不満の声から始まります。仕方のないことだと...
「まさか冗談でしょ?」信じられないような驚愕のニュースが「Elite Daily」で話題騒然となっています。なんでも、化粧を落とした新婦の顔を初めて目にし...
結婚したら恋愛は終わり?いつまでも関係が冷めずに恋人同士のような夫婦になる秘訣を「Power of Positivity」が紹介しています。大切なことはた...
「私のコトを好きなのかどうか、彼の気持ちが知りたい……」残念ながらエスパーじゃない私たちには、彼の心をそのまま読むことはできません。でも、男性がしてしまう...
「World Life Style」より紹介する、ライターVicki Santillano氏この記事は、タイトルにもある通り、結婚を考えているふたりに是非...
「FamilyShare」の記事では、奥さんのことが大好きな旦那さんがとる、8つの行動が紹介されています。ライターのTiffany Fletcherさんの...
本当は離れたくないのに、仕事や家庭の事情で遠距離恋愛を余儀なくされている人は少なくありません。会いたいときに会えないうえ、ほかの人へ心変わりされてしまうか...
今の彼と一緒にいるのは楽しいけど、結婚するにはどうだろう?そんな「決め手」に悩む女性にぴったりなのは「Elite Daily」のLaura Arginta...
一生に一度の結婚式は、一番きれいな姿を写真に残したい。結婚式で写真を撮ってもらうのも今では当たり前になりましたが、ひと昔前の様子は違うものでした。高校時代...
働き者の男がいた。彼はお金が大好きだ。なぜならそれは、これまでの実績を証明するもの。だからこそ、そのすべてを自分の懐にとっておきたかった。男はケチなことで...
2014年世界保健機関(WHO)が発表した男女別の平均寿命ランキングで、スイスは男性2位、女性3位の結果。欧州でも、少子高齢化が進む国のひとつです。高齢者...
モテる男性は、女性のとる行動にとても敏感です。女性の何気ない行動が、気になる男性への態度なのかどうかをきっちりと見極めることが、恋愛テクニックを磨く秘訣で...
お見合いによる結婚から7年の月日が過ぎたという、ライターSurabhi Surendra氏。「あまりポジティブなイメージはないかもしれないけれど、信じられ...
「夫婦は、生活を共にするもの?」「Your Tango」に寄稿された遠距離婚の経験者、作家でブロガーのビクトリア・フェデンさんのコラムによれば、離れている...